小学校低学年の子供の身長を伸ばす方法や、成長に有効的な情報を知っておくことで、成長期につなげることができます。

実は成長期も子供の成長に大切ですが、成長期前の小学校低学年の時期の過ごし方も非常に大切。

より効果的に身長を伸ばす方法を知っておくことで、将来的な低身長のリスクを回避できますので、大切な時期だと理解しましょう。

小学校低学年の過ごし方が将来的な低身長のリスクを回避する!

まず最初に理解しておかねければならないことは、成長期で伸びる身長にはある程度限界があるので、成長期だけに頼った成長を考えないこと。

成長期である小学校高学年や中学生になったら、周りの子供のように大きくなるという風に考えないことが大切です。

そのことをしっかり理解していないと、成長期の最後に焦って後悔することになりますので、まずはそのことを意識するようにしましょう。

一般的に成長期に伸びる身長は、本当に大きくなる子供でも30センチほど。

平均的には、20〜25センチほどだと言われていますので、それを超えて大きくなることは、あまりないと知っておきましょう。

だから小学校低学年の過ごし方が非常に大切。

小学校低学年でも年間5〜6センチは、身長が伸びますので、その積み重ねをしっかり意識しましょう。

小学校低学年や幼稚園児の成長には、食事での栄養摂取が基本

幼稚園児や小学校低学年のタイミングで、子供の身長を大きくするためには、しっかりと普段の食事で成長に必要な栄養素を摂取することが基本。

この時期は、成長ホルモンの影響で身長が伸びるのではなく、食事で摂取した栄養を基本として、子供の身長が伸びていきます。

だからこそ、意識的に様々な食材を食べること、さらに成長に必要なタンパク質を豊富に食べさせることが大切。

タンパク質の摂取量が増えることで、成長に必要な栄養素をしっかり摂取できます。

特にここ数年、日本人のタンパク質摂取量が大幅に減少していることがわかっていますので、肉類、魚介類に合わせて、大豆製品などもしっかり食べるようにしましょう。

そうすることで、動物性のタンパク質と植物性のタンパク質が相乗効果を発揮してくれます。

アミノ酸スコアなども参考にすると、より質の高いタンパク質を摂取できるようになりますので、非常におすすめかも。

睡眠時間を増やすことで、成長期の到来を遅らせよう

これも重要な部分ですが、成長期の到来を遅らせることができれば、それだけ身長が伸びる時期を増やすことができるということ。

成長期の到来が遅い分には、健康上の問題は一切ありませんが、成長期の到来が早すぎると、心身ともに大きな問題になることも。

早熟傾向の強い子供は、成長期の到来も早くなりますが、その際に睡眠習慣も大きな影響を与えます。

実は睡眠ホルモンのメラトニンには、性ホルモンの分泌量を抑制する効果も。

だからしっかりとした睡眠習慣で過ごしていると、メラトニンが豊富に分泌されて、早熟傾向ではなくなる効果が期待できます。

小学校低学年なら、8時間半〜9時間は最低でも寝るようにしましょう。

できれば夜は真っ黒で静かな部屋で、寝むらせることが基本。

そうすることで睡眠の質も向上し、成長期に突入した際にも、成長ホルモンの分泌量を増やすことができるようになります。

幼少期からの睡眠習慣は、成長期でどれだけ身長を伸ばすことができるのか?ということに直結しますので、日々の積み重ねが大切であるということを理解しましょう。

外遊びや身体を動かすことも、丈夫で健康な骨を作るために重要。

太陽の下で過ごすことで、骨の強化に役立つビタミンDを腸内で産生する事ができます。

豊富なビタミンDがあれば、カルシウムの吸収率が向上し、その結果として強い骨に成長させることができます。

特に成長期の前には、一時的に身体の成長に骨が追いつかずに、骨折やヒビなどの骨のトラブルも増加。

それと身体を動かすことは、骨に適度な刺激が入り、成長をサポートしてくれたり、子供の肥満や運動不足の解消にも役立ちます。

肥満体型の子供の場合にも、性ホルモンの分泌が促進されてしまいますので、早熟傾向が強く出る特徴が。

特に女の子の場合には、小学校中学年に成長期に入ってしまう子供もいますので、しっかり成長させるためにも、運動習慣を身につけるようにしましょう。

基本的なイメージは、昭和の子供。

遅くまで外で遊んで、帰宅してご飯を食べて9時には寝る。

そんな生活習慣を幼少期から過ごしていると、子供の持つ身長を伸ばす力を最大化することができますので、将来的に低身長で悩むリスクを抑制できます。

特に食習慣も生活習慣も、大人の生活リズムの影響を受けますので、それをしっかり意識してあげることが大切ですよ。

小学校低学年でぽっちゃり体型や肥満体型だと低身長のリスクが。

運動や外遊びを普段から行っていると、ぽっちゃり体型や肥満体型になるリスクを抑制することができますが、実はぽっちゃり体型や肥満体型は低身長のリスクが高まる状態。

実は人間の体内における最大の性ホルモンの受容体が脂肪細胞なので、それが多い人ほど、より大量の性ホルモンが分泌されることに。

性ホルモンの分泌量が一定の水準を超えると、成長期に突入することになりますので、少しでもその分泌量を抑制することが大切です。

寝不足で肥満体型だと、早熟化傾向が強まり、身長が伸びる期間が短くなってしまうことで、将来的な低身長のリスクが高まりますので、それは避けたいところ。

早熟化傾向が強まることは、子供の成長にとって何らメリットのないことですので、少しでも晩成型に移行するような生活習慣で過ごしましょう。

特に最近は子供の肥満外来や、生活習慣病に関するガイドラインが制定されたりするなど、日本でも小学生の肥満傾向が高まっていますので、注意が必要だと理解してくださいね。

小学生でも低学年からの身長の伸びを意識することが大切です。

小学生の低学年だから多少身長の伸びが悪くても、まだまだ将来的に挽回できると考えないことが大切です。

実際に小学生の身長の伸びが将来的な低身長のリスクを回避することにつながり、ここ最近は小学生での身長の伸びが非常に大切な状況に。

特に女子の身長が最も伸びる時期は、小学校3年生からという非常に早い段階に変化していますので、それを踏まえた行動をとることが基本です。

小学3年生といえば、まだまだ運動習慣もなく、食事も好き嫌いが多かったり、小食でなかなか食べてくれない状況。

そんな時期に人生で最も身長が伸びるタイミングが訪れますので、どれだけ身長が伸びにくい状態なのかを理解してあげましょう。

そして少しでも身長の伸びに良いことを実践することで、毎月・毎年の身長の伸びを最大化する。

お母さんが優先的にそういった事を考えて行動することで、将来的な低身長のリスクを回避することができますので、ぜひ実践してあげてくださいね。

身長の高さは人生の選択肢を大きく広げたり、狭めたりするものですので、できるだけしっかり成長させてあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!