骨を成長させ身長を伸ばすためには、成長ホルモンとソマトメジンCを効率的に使用することが必要になります。

 

もしこの2つをバランス良く活用することができないと、骨の成長に悪影響が出て身長の伸びが鈍化したり、止まってしまうこともあるでしょう。

 

実際にどういったことをすると悪影響が出るのか、成長期の身長の伸びを効率化させるためにも、成長ホルモンとソマトメジンCの関係性を理解しておきましょう。

成長期の子供が骨を伸ばして身長を高くするために重要な要素とは?

成長期に身長を伸ばすには、成長ホルモンをどれだけ大量に分泌することができるのかということが非常に大切ですが、成長ホルモンだけで骨が伸びるわけではありません。

 

脳下垂体で成長ホルモンが分泌されると、それが肝臓に到達してソマトメジンCという成長因子を分泌して、骨の骨端線にソマトメジンCが作用することで、骨が伸びて身長が伸びます。

 

成長ホルモン→ソマトメジンC→骨端線という身長を伸ばす仕組みがしっかり機能しなければ、骨が伸びることもなく、身長の伸びが鈍化したり止まってしまうと理解しましょう。

 

さらに骨端線では、骨の材料である栄養素(タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンK)などがなければ新しい骨を作ることもできません。

 

成長期の子供は何も意識しなくても通常であれば、この仕組みがしっかり機能して身長が伸びるはずですが、悪影響を与えるような要素について今回は解説したいと思います。

子供の筋トレのやり過ぎは低身長の原因になる

成長期が終わる前の子供の身体では、成長ホルモンによって分泌されたソマトメジンCは、骨に作用して骨を伸ばして身長を高くしてくれます。

 

しかし骨の成熟が終わると、成長ホルモンによって分泌されたソマトメジンCは、筋肉に作用して筋肉量を大幅にアップさせる作用を発揮します。

 

高校球児とプロ野球選手の身体の大きさが大きく異なるのは、プロ野球選手になる年齢ではソマトメジンCが筋肉に作用するから。

 

成長ホルモンの分泌量がほぼ決まっていますので、その影響で分泌されるソマトメジンCの分泌量もほぼ決まっているということ。

 

成長期の子供でもソマトメジンCが骨に作用せずに、筋肉に作用する状態が続くと、骨の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

幼少期から筋トレをやりすぎると、まさにこの状態になってしまい、骨の成長よりも筋肉の成長が促進され低身長のきっかけになるでしょう。

 

骨の成長は思春期の終わりにとともに終わってしまいますので、そんな日々を繰り返していれば、身長を伸ばすことができずに止まってしまうのも仕方がありません。

 

これが筋トレのやりすぎで、身長が伸びないということを仕組みから解説した状況ですが、同じようなことは他の場面でも起こっています。

過度な運動が低身長の原因になる仕組みは?

激しい筋トレを行っていなくても、一般的に考えるよりも過度な運動習慣があることも、子供の成長に悪影響を与えてしまいます。

 

運動をすることで筋肉は疲労したり、激しい筋肉痛になってしまうこともあるでしょう。

 

適度な運動は成長ホルモンの分泌量を増やし、身長の伸びを効率的に行ってくれますが、過度な運動を行うと疲労回復にも時間が掛かるもの。

 

疲労回復に時間がかかるほどの運動を繰り返していると、成長ホルモンが骨の成長に使われ得ずに、疲労回復に使われるようになってしまいます。

 

同じ成長ホルモンの分泌量なら、ソマトメジンCの分泌以外に成長ホルモンが使われると、身長を伸ばす効率が低下しますよね?

 

さらに運動を行って筋肉を動かすことで、カルシウムイオンがどんどん消費されてしまいますので、骨の成長に必要なカルシウムが不足するきっかけになるでしょう。

 

適度な運動は必要なものですが、過度な運動による身長に対する悪影響についてもしっかり理解しておかないと、非常に残念な結果になりますので本当に注意してください。

運動は成長ホルモンの分泌にとって大切な要素

こうやって運動や筋トレによるデメリットを書いてしまうと、運動そのものが子供の成長に悪影響を与えるのでは?と思うかもしれませんが、大事なことは適度なレベルに留めておくこと。

 

適度なレベルで行う運動は、心身ともに適度な疲労感とストレス解消効果を感じて、成長ホルモンの分泌を促進しますし、睡眠時に次ぐ成長ホルモンの分泌タイミングですので、しっかり活用したいところ。

 

運動を行うと細胞内のミトコンドリアの数も増え、疲れにくい身体になったり、代謝量がアップして、成長ホルモンの分泌量が増える効果も期待できます。

 

さらにエネルギー消費が増えて食事量が増えたり、食後に分泌される成長ホルモンにも良い影響を与えてくれますし、睡眠の質の向上による睡眠中の成長ホルモン分泌にも良い影響を与えるでしょう。

 

運動は成長ホルモン分泌のきっかけになるので、うまく活用することが必要ですが、小学生の場合は週14時間以下の運動量が適切だと言われています。

 

週14時間以上の運動は、ケガやスポーツ障害のリスクが高まりますので、最大でも1日2時間ほどにとどめておきましょう。

成長ホルモンとソマトメジンCの身長への影響の記事まとめ

このように骨の成長や身長が伸びる仕組みを機能させるきっかけのひとつである運動ですが、デメリットもあることがわかりますよね。

 

運動のやりすぎや、筋トレのし過ぎは骨の成長に悪影響を与える可能性もあることを理解しながら、同じ動きばかりではなく、様々な動きを組み合わせて行うことが大切です。

 

成長期が終わるまでの成長ホルモンの分泌量、ソマトメジンCの分泌量、骨端線への刺激など、本当に複雑な要素が絡んで身長が伸びることになりますので、それぞれをしっかり機能させるようにしましょう。

 

ちなみに野球のピッチャーをしているなら、1日50球、週200球がケガをしにくい上限ですので、ほどほどに留めておくことが大切ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!