子供の身長を効率的に伸ばすためには、一体どのような生活習慣を送ればより効果的なのかと疑問に思っている人も多いでしょう。

そこで今回は身長を伸ばす4大要素の中でも、特に重要な「食事」について徹底検証します。

どのように考え注意することが、最も効率的に身長を伸ばすことに繋がるのか?という視点で、食事と身長の関係も含め紹介していきます。

子供の身長を伸ばすために、親しかできないことが食事に関すること。

どれだけ多くの栄養素を効率的に子供に食べさせることが出来るのか?どんな食品をどのように食べさせることが必要なのかなど、子供に必要な食事習慣についての豆知識も紹介します。

身長を伸ばすために普段の食事で気をつけるべきことは?

人間は食べ物からしか栄養を吸収することができず、吸収した栄養素で体を維持したり、活動したりしていますし、子供から大人になるまでの間に食べ物から吸収した栄養素で体を成長させます。

大人になる(体が出来あがるまで)に栄養素をしっかり吸収できていなければ、体の成長に影響が出るだけではなく、健康維持や様々な活動にも影響を及ぼしてしまうということ。

食べ物から吸収した栄養素は、体の維持や活動と成長という大きく分けるとふたつの分野に配分されます。

特に体の維持や活動に、より多くの栄養素が配分されてしまいますので、普段から摂取する栄養素が少なければ効率的に成長できないということ。

人間が生きていくためには3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)と、ビタミン類とミネラル類が必要になります。

・炭水化物:体内で分解されて糖分になり、体や脳のエネルギーになります。車でいうとガソリンの役割をするのが炭水化物。炭水化物には食物繊維も含まれているので、整腸作用と排便を促進する効果が。

・タンパク質:体内で分解されてアミノ酸になり、筋肉・内臓・血液・皮膚‥などの主成分。体内では常に新しい細胞に生まれ変わっているので、どんどん消費されますし、ホルモンや酵素の成分にもアミノ酸を使用。

・脂質:体内で脂肪酸に分解されてエネルギーになり、消化や吸収、体温調整に関わるだけではなく、筋肉・臓器・骨などを守る働きも。また細胞膜やホルモンの成分としても使われます。

・ビタミン:体の各組織の役割を助け、体調管理に役立ちます。ビタミンは全部で13種類あり、ビタミンDはカルシウムを調整し、ビタミンKは骨を丈夫にし、ビタミンCは免疫力を高めますので、この3つは成長期の子供には特に必要なビタミン。

・ミネラル:体の各組織を維持や修復することで体調管理に役立ちます。骨を作る際に欠かせないカルシウムやマグネシウムもミネラルの一種。

ビタミンやミネラルは肉や魚、乳製品などの動物性食品からも摂取することができますが、効率的に摂取するためには、野菜や果物を食べることが推奨されます。

しかし現代の野菜や果物に含まれるビタミン類やミネラル類の量が減ってきていますので、これが子供のビタミン類とミネラル類の不足に拍車をかけている状況。

体の成長の為にはこの5大栄養素を含め、しっかりとバランスよく普段の食事から摂取することが必要です。

もし上手く栄養素がバランスよく摂取できないのであれば、ジュニアプロテインや身長サプリメントのようなものを活用する必要があるかも。

成長期が終わるまでは、出来る限り多くの栄養素をバランスよく摂取する工夫をすることで、子供の成長を栄養面から支えてあげるべき。

子供の食事で朝昼晩の3食でもっとも重要なのは?

育ち盛りの子供にとっては全ての食事が重要ですが、その中でも特に重要度が高いのが、やはり「朝食」で、朝食を食べないと1日に必要なエネルギーが不足することに。

このエネルギー不足の状態が続くと、成長に使うはずの栄養素を活動するためのエネルギーとして消費してしまいます。

日常的に朝食を食べない生活をしていると、常にエネルギー不足の状態になり、体は筋肉のタンパク質を使ってエネルギーを産生。

その結果、体が成長しないのは当然の結果ですし、そういったことが起こらないように普段から、朝食もしっかり食べるようにしましょう。

また子供の身長を伸ばすという意味では、夜ご飯の時間や内容にも若干の注意が必要。

食後すぐに寝るような生活を続けていると、睡眠中にも胃腸が働き続けることになり、体がしっかり休めなくなり、成長ホルモンの分泌にも影響が出ます。

また翌朝まで胃腸に食べ物が残るような状態になると、お腹が空かないので朝食を食べない原因に。

夜から朝の時間帯は体が休息したり、組織のメンテナスを行う時間なので、しっかり休めるようにしてあげることも大切です。

成長ホルモンの分泌を促進するためにも、成長の為にも夕食後にゆっくり胃腸が休む時間を作ってあげることも意識しましょう。

子供が牛乳を飲むと身長が効果的に伸びるのか?

牛乳には骨にとって重要な栄養素であるカルシウムが豊富に含まれているだけではなく、タンパク質や亜鉛、マグネシウム以外にも9種類の必須アミノ酸を含有。

そういった意味では、牛乳は子供の背が伸びる為には重要な役割を発揮する飲み物だと考えることもできます。

牛乳に豊富なカルシウムが骨に吸着するためには、マグネシウムの存在が必須ですが、牛乳にはカルシウムとマグネシウムが共存していますので、効率的に骨の成長に役立つでしょう。

子供の成長に必要なカルシウムは1日600〜1000mgとされており、牛乳1杯で200mgのカルシウムを摂取できるので、他の食品と合わせながらカルシウムの補給源として活用すべき。

ただ最近は牛乳の摂取をすすめない人も増えています。

最近の牛乳には、成長を促進するためにホルモン剤や病気の予防に大量の抗生物質などが使われていることもあるので、牛乳だけに頼り過ぎるのはあまり好ましくありません。

しかも日本人の2割が、牛乳に含まれる乳糖を分解できない乳糖不耐症という、お腹が下ってしまう症状を抱えている状態。

牛乳を飲むとお腹が下ったり、痛くなったりする人は、この乳糖不耐症である可能性が高いので、あまり飲まないようにして、乳製品ならヨーグルトやチーズを活用しましょう。

牛乳を飲まなくとも背が伸びる人は沢山いますので、重要な栄養源ではありますが、必ず飲まなければならないものでもありません。

牛乳を飲まなければ、子供の背が伸びないわけでもありませんので、牛乳にこだわりすぎる必要画はありません。

子供の身長を伸ばすおすすめの朝ごはんのメニューとは?

では実際にどんな朝ごはんが身長を伸ばしたいと考えている子供におすすめなのか?

それは和食の一汁三菜。

ご飯にほうれん草のお味噌汁、焼き魚に納豆、生卵までセットになっていれば、朝からタンパク質やカルシウムを豊富に摂取できるでしょう。

しかも和食のこの組み合わせなら、調理の手間も最小限ですし、脂肪分もカロリーも少ないので、子供の肥満予防にも役立ちます。

最近はパン食の子供も増えていますが、アメリカ人の食べるようのハイカロリーな朝ごはんだと、子供の肥満の原因になることも。

しかもタンパク質が豊富だと、腹持ちも良いことがわかっていますので、給食の時間までお腹が空きにくいことにもつながります。

まずは朝ごはんを毎日食べる生活習慣に変更すること、さらに和食の一汁三菜の考え方を基本に、高タンパク質低脂肪の食事を食べるようにしてください。

そうすることで、成長期までの栄養面のサポートを行うことができ、子供の身長を効率的に伸ばすことができますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!