背が低い中学生でも伸びた、伸びない悩みを改善する方法は?

2018-06-06

中学生の子供の背が低いと悩んでいるのなら、悩むよりも先に改善方法を考えるべきではないでしょうか。

 

子供の背が伸びない理由は明確で、

子供の背を伸ばす方法は中学生でも高校生でも変わりませんが、伸ばせる時期かどうかは全く別問題。

 

少しでも背が低い状態を脱却するために、

今日からでも実践できる方法をいくつか紹介しますので、お子様の状態に合わせて生活の中に取り入れてみてくだい。

 

きっと3ヶ月後、6ヶ月後のお子様の成長度合いに変化が出ますので、少しでも早いタイミングで実践することをおすすめします。

中学生で背が低い理由は遺伝と生活習慣の影響

背が低いのは遺伝の影響。

ご両親のいずれかが背が低い家庭で考えがちなことが遺伝的要素の話ですが、実際にはそこまで重要な要素ではありません。

 

子供の背を高くする要素は5つあり、

遺伝的要素もそのひとつですが全体に占める割合はわずか23〜25%しかありませんので、遺伝だけで背が低いわけではいことがわかります。

 

重要なのは遺伝的な先天性の要素よりも、生活習慣等の後天的要素。

 

遺伝的要素に加えて、

背が伸び悩むような生活習慣で過ごしていれば、どう考えても背が高くなることはなく、伸び悩んでしまい中学生になっても背の順は前から数えたほうが早い。

 

そんな状態になってしまうのも当然でしょう。

 

特にお母さんの背が低い家庭の場合、

後天的要素も背が伸び悩んだり、背が低い子供に育てるような生活習慣で過ごすことが多くなりますので、ここは特に気をつけたい部分。

 

生活習慣で背が低くなるのなら、

背が高くなるような生活習慣に改善することで、伸びない悩みを解消することも可能だと思いませんか?

 

どのようなことを意識して過ごせば、

子供の背が伸びたり、伸び悩みの状態を改善できるのかを紹介しますので参考にしてください。

少食で好き嫌いの多い子供は中学生でも背が低いし、伸び悩む

子供の身長を伸ばすために必要なのが、

普段の食事から摂取する様々な栄養素ですが、食が細かったり、好き嫌いの多い子供の場合、成長に必要な栄養補給ができていない可能性があります。

 

少食なら栄養不足になるもの当然ですし、

好きなものしか食べなければ、摂取する栄養素が偏ってしまうのも納得できますよ。

 

子供の食の好みを中学生の段階で改善するのは少し大変ですが、できない話ではありません。

 

背が低い子供は、タンパク質の摂取量が少ない傾向がありますので、良質なタンパク質を摂取させてあげることが基本。

 

タンパク質は肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、納豆や豆腐などの大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質があります。

 

動物性タンパク質も植物性タンパク質も組み合わせて摂取することで、栄養バランスが整いますので、どちらかだけを食べさせるのは止めましょう。

 

好き嫌いの多い子供に食べさせるにはどうすればよいのか?

味付けを変えたり、調理方法を変えたり、食べるシュチュエーションを変えてあげるのが一番でしょう。

 

魚が苦手な子供でも、

ししゃもなら食べられるかもしれませんし、しらすご飯なら大丈夫かもしれませんし、刺し身だけは食べられるという子供もいるでしょう。

 

大豆にしても、豆腐・納豆・きなこ・湯葉…などなど様々な食材がありますので、子供の好きなものに混ぜてそれを食べさせると知らぬ間に食べてくれることもあります。

 

簡単なタンパク質の摂取方法は、朝食に納豆と卵かけご飯を食べること。

 

最近は臭いの少ない納豆や粘り気の少ないものもありますので、子供でも以前ほど抵抗感なく食べることができます。

 

良質なタンパク質を朝から摂取できれば、

成長にも健康にもメリットがありますので、朝ごはんもしっかり食べさせるようにして栄養補給を心がけてあげましょう。

背が低い中学生が良質なタンパク質を摂取すべき理由は?

なぜ良質なタンパク質を朝から食べるべきだとお伝えしているのか?

これは子供の背が低い要因が、

タンパク質摂取量に直結しているから。

 

まずタンパク質がどのような作用がある栄養素なのかを理解しておく必要がありますね。

 

タンパク質とはアミノ酸の集合体で、

胃や腸で吸収される際にはアミノ酸に分解されて体の隅々に運ばれていきます。

 

吸収したアミノ酸を原料にして、

皮膚や血管、筋肉や臓器などの様々な細胞が作られますので、身体を成長させるためには必要な栄養素ですが、最も大切なのは骨に対する作用。

 

アミノ酸を元にコラーゲンが合成され、

コラーゲンが骨の骨端線で骨の骨格部分を形成することで、骨が伸びて背が高くなるという一連の仕組みがあります。

 

カルシウムはその骨格部分に付着して、

健康で丈夫な骨に成長させる作用がある栄養素なので、カルシウムばかりを摂取しても骨が強くなるだけで、骨が伸びることはありません。

 

骨を伸ばす際に最初に使われる栄養素がタンパク質のアミノ酸なので、タンパク質をしっかり摂取できていなければ、骨が伸びずに低身長のまま止まってしまいます。

 

この仕組みやメカニズムを理解したら、

幼少期からタンパク質を中心とした食生活で過ごして、背が低い現状とは異なる結果になっていたかもしれません。

 

子供の背は骨の骨端線が完全に閉鎖するまで伸びる可能性がありますので、中学生でもまだ遅くないということ。

 

男子中学生の場合は、まだまだ身長が伸びる時期ですので、このタイミングでタンパク質摂取量を増やすことは背が低い現状を脱却するためにも必要なこと。

 

食事内容を意識的に改善してあげることで、

栄養面からお子様の成長をサポートすることができれば、今よりも背が高くなる要素を追加できるということですので、間違いなく成長に役立つでしょう。

背が低い中学生を栄養面からサポートする身長サプリメントも

タンパク質の重要性がわかっても、

どうしても普段の食事で摂取できない子供もいますし、食事内容を改善しても必要なタンパク質のすべてを毎日摂取し続けるのは困難なこと。

 

そんな時に活用したいのが、良質なタンパク質を豊富に含んでいる身長サプリメント。

 

タンパク質だけならプロテインで良いのでは?

と思うかもしれませんが、純粋に100%タンパク質というプロテインはありませんし、子供が飲めるような味付けのものは無駄な成分がたっぷり配合されています。

 

同じサプリメントなら、背を高くする際に必要な栄養素をバランス良く配合しているものを選ぶ方が栄養効率はよいですよね。

 

全ての身長サプリメントが良いわけではなく、

実際に摂取できる栄養素と原材料をしっかりチェックして商品選びを行うことが基本です。

 

摂取できる栄養素は、

タンパク質を中心に骨の成長に必要な栄養素をバランス良く摂取できるもの。

 

原材料は天然成分を主成分にして、

栄養吸収率まで考えられている商品を選ぶことが基本。

 

市販の身長サプリメントには、

タンパク質が微量しか摂取できないものや、原材料が合成成分ばかりのもの、砂糖などの味付けに関する成分ばかりのものも多いので商品選びは本当に大切です。

 

中学生という時期だからこそ、

少しでも栄養摂取量と吸収効率を考えた商品選びを行って、普段の食事で摂取しきれない分を身長サプリメントで補ってあげるべきでしょう。

 

そういった食生活を3ヶ月〜6ヶ月ほど続けると、

伸びなかった身長が徐々に高くなってきますし、止まった身長が伸び始めたという子供もいます。

 

身長サプリメントを追加することは、

お母さんが主体的に動けばできることで、子供が主体的に動くよりも簡単な改善方法ですので、必要に応じて取り入れてみてくだいね。

運動習慣が中学生の身長が伸びる勢いを加速させる

ここまでは食事に関する話を中心にしてきましたが、背が低い中学生が一気に身長を伸ばそうと考えているのなら、運動習慣を身につけることは必須でしょう。

 

運動をすることのメリットは、

 

  • 食事量のアップ
  • 睡眠の質の向上
  • 成長ホルモンの増加
  • ストレス解消
  • 骨端線への刺激

 

などなど、後天的な身長を伸ばす理由の全てに良い影響を与えてくれます。

 

背が低いと悩んでいる中学生の場合、

運動に関して言えば、全く運動をしていないか、激しすぎる運動をしているのか、両極端である可能性が高いのではないでしょうか。

 

そのような運動習慣では身長を伸ばす際に逆効果になってしまいますので、適度な運動を長く続けることを目指してください。

 

ジョギングでもウォーキングでも、

自宅でバランスボールを使ったり、風呂上がりにストレッチをするだけでも何もしないよりはマシでしょう。

 

運動を行うことでどう変化するのか?

先ほど紹介した身長を伸ばす要素に与えるメリットについて、成長ホルモンの分泌量に関する部分を紹介したいと思います。

運動をすると成長ホルモンの分泌量が増加する

背が低い中学生が一気に身長を伸ばすために必要なことは、成長ホルモンの分泌量を増やし、身長を伸ばすための栄養補給を徹底すること。

 

栄養補給に関してはすでに解説したので、

なんとなくイメージできていると思いますが、成長ホルモンの分泌量を増やす方法は良くわからない人もいるでしょう。

 

まず運動をすることで増えます。

運動開始後15分後から成長ホルモンの分泌が始まり、運動終了後3時間位まで睡眠時に比べると少量ですが、成長ホルモンが分泌され続けるという仕組みがあります。

 

これだけでも運動をするメリットは有りますが、大事なのは運動をした日の夜は、睡眠中の成長ホルモンの分泌量が増えることがデータでも確認されていること。

 

これは運動による適度な疲労で熟睡できること、運動によってストレスを解消でき、それが成長ホルモンの分泌量の抑制作用を緩めることが理由かもしれません。

 

医学的に何が理由かという証明はされていませんが、王立エジンバラ病院のアダムソン博士の研究でも確認されています。

 

ここに消費エネルギーを補給するために食事量が増えると、身長が伸びる要素が揃い、身長の伸びが改善されるのもわかるでしょう。

 

中学生で背が低いと諦めずに、

定期的な運動習慣を普段の生活に取り入れることで、身長を伸ばすきっかけや環境作りに役立ちますので、ぜひ実践してみてください。

背が低い中学生でも伸びた記事のまとめ

中学生になっても背が低いのは、

背が伸びにくい生活習慣で過ごしてきたことが原因のほとんど。

 

子供は食事で摂取した栄養素で、

身長の高さや健康状態に大きな影響が出ますので、そこをお母さんが改善してあげることが大切です。

 

  • 中学生で背が低い理由は遺伝と生活習慣の影響
  • 少食で好き嫌いの多い子供は中学生でも背が低いし、伸び悩む
  • 背が低い中学生が良質なタンパク質を摂取すべき理由は
  • 背が低い中学生を栄養面からサポートする身長サプリメントも
  • 運動習慣が中学生の身長が伸びる勢いを加速させる
  • 運動をすると成長ホルモンの分泌量が増加する

 

成長期が終わって骨端線が閉鎖する前に、

中学生の時期だからこそ、男子も女子もまだまだ背を伸ばすことができますので、諦めないことが重要。

 

高校生になって焦るよりも、

中学1年生や2年生の段階で徹底的な栄養補給を行ってあげることが、将来的な低身長のリスクを抑制してくれますので、ぜひ実践してあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!