大食いの小学生は背が伸びる?食生活と身長の関係を紹介!

2018-03-01

小学生の時期を大食いで過ごすと、小学校入学時の身長が低くても、背が伸びたり、伸びやすくなるのでしょうか。

食生活や食事量と子供の身長の関係性について、どのような関係性があるのかを徹底検証して紹介します。

小学生の6年間で、普段からしっかりご飯を食べる子供は、中学生になった時に身長の伸び方に大きな違いがあるとしたら、早めに改善したいと思いませんか。

小学生で背を伸ばしたいのなら、大食いの食生活が基本!

小学校入学時に背の順が前の方で、周りの子供と比べても小さい場合は、普段の食事で食べさせる食事量を、少し多すぎるかもと思うくらい食べさせるのもひとつの方法です。

 

なぜそうなのかといえば、

ここ最近の日本人は食事で摂取する栄養素やカロリーが減少していること、さらに食材に含まれている栄養成分が減少しているから。

 

だから少し大食い過ぎるのでは?と思われるくらいしっかり食べさせておくと、成長に必要な栄養素をグングン補給して、成長しやすい状態になります。

 

ただこの際に間違えてはいけないのが、

どのような食生活にするのかということや、食事量と運動量の関係を意識するなどの最低限のルールを守ること。

 

この点を意識せずに食事量だけ増やしてしまうと、小学生で背を伸ばす事ができなくなり、将来的にも低身長のリスクが高まってしまいます。

 

大食いが大事でも、どのような部分に注意すべきなのかを簡単に紹介しますので、しっかり理解しておいてください。

小学生の大食いは大事だけど、食事内容は注意すべき!

小学生の時期は、普段の食事でどれだけ大量の栄養素を摂取できるのかということが大切なので、食事量の多い大食いは成長にとっても大事なこと。

 

しかし何でも大量に食べれば良いということではなく、栄養バランスを考えてあげたり、何を食べさせるのかは凄く大切です。

 

特に小学生におすすめできない食事内容は、

 

  • インスタント食品
  • レトルト食品
  • 加工食品
  • 冷凍食品
  • ファーストフード
  • ジャンクフード
  • できあいの食品

 

これらが食事の中心になっているのなら、

子供の成長に役立つ栄養源として機能しにくいものを中心に食べてしまっているということです。

 

小学校6年間を大食いで過ごしても、

身長を伸ばすことができずに、中学生になっても低身長で過ごしている可能性が高いでしょう。

 

さらに低身長になるだけではなく、

太ってしまっていることで、チビデブというイジメの対象になってしまうリスクもありますので、本当に注意してください。

 

これらの食事=貧困というわけではありませんが、アメリカではこういった食生活を注視にしている貧困層では、肥満が大きな問題になっています。

 

肥満体型になってしまうと、身長を伸ばすことができずに、低身長で悩んでしまう原因になりますので、本当に注意してください。

 

肉類中心の食生活で大食いなもは問題です!

加工食品や既に食品として出来上がったものを食べることは、食事量が増えてもデメリットしかありませんが、家庭で調理した場合も肉類ばかりだという場合も問題です。

 

肉類でも牛肉や豚肉ばかりを食べていることは、大食いでもあまり良いことはありません。

 

脂肪分とカロリーが高く、肥満体型やぽっちゃり体型の原因になりますし、何よりも肉類ばかりだと健康にも悪影響が出てしまいます。

 

肉ばかりだと体内が酸性に傾いてしまい、

生活習慣病を発症しやすい状態になりますので、将来的な糖尿病や心疾患のリスクが高まるきっかけに。

 

肉類には豊富なタンパク質が含まれていますが、タンパク質を摂取できるのは肉だけではありませんので、そこはしっかり考えてあげましょう。

 

脂肪分やカロリーの低い鶏肉でも、唐揚げばかり食べていては、脂肪分もカロリーも上昇し、さらにトランス脂肪酸の影響も考えられます。

 

子供の成長にとって、

肉類の摂取は大事なことですが、節度ある摂取量と野菜等の組み合わせによる栄養バランスの適正化を考えてください。

 

そうすることで、肉類の良い部分を活用しつつ、子供の身長が伸びやすい状態を維持することができるでしょう。

小学生の大食いは大事でも、肥満がだめな理由とは?

なぜ食事量が大事なのに、肥満体型やぽっちゃり体型について、ここまで注意するようにお伝えしているのか?

 

肥満体型=早熟化という悪循環が生まれるから。

 

肥満体型の子供は標準体型の子供よりも、脂肪細胞が多い状態ですよね?この脂肪細胞が成長期を通じて増えることが、背を伸ばすという意味ではデメリットなんです。

 

脂肪細胞=性ホルモンの最大の受容体。

 

もう少しわかりやすくいえば、

脂肪細胞が増えることが性ホルモンの分泌を促進し、それが子供の性成熟を早めてしまい、成長期や思春期の到来を早めてしまうんです。

 

成長期や思春期が早くなる早熟化の子供は、それだけ身長を伸ばすことができる期間が短く、低身長の大きな要因になってしまう事がわかっている状況。

 

既に医学的にも統計データを見ても明確なことですので、本当に注意してあげたいところだと思いませんか。

 

早熟化の子供は身体が大きく成長できないだけではなく、精神的にもバランスを崩してしまいがちな傾向もあります。

 

様々なデメリットが起こる原因やきっかけになることがわかっていますので、本当に注意しましょう。

小学生で背が伸びるのは大食い+運動+睡眠のバランスも大事。

小学生の時期に大食いなことは、

背を伸ばしたい人なら本当に基本的なことですが、大食いだけでは、背が伸びにくくなってしまうことがあるというのがわかったと思います。

 

だから大食いな食生活を送りつつも、

しっかり体重管理を行うことは基本で、単なる大食いでデブになってしまうのは、何らメリットのないことだと理解しましょう。

 

お子様に相撲や柔道などの競技をやらせようと思っているのなら良いかもしれませんが、全員がそうではありませんよね。

 

体重管理を意識することも覚えておきましょう。

ここでいう体重管理とは、モデル体型やスリムな体型を目指しましょうということではなく、標準体型+αくらいに留めておきましょうということです。

 

小学生の頃に標準体型よりも少しくらいぽっちゃりだっとしても、高学年や中学生になって背が伸びれば、スラッとした体型に変わりますし、同級生にはそんな友達もいましたよね。

 

逆に体格が良く背が高かった友達でも、

小学校高学年、中学生、高校生になるにつれて、周りの友達に身長を追い抜かされた人もいたでしょう。

 

肥満は成長に対するリスクがありますので、

食事量に合わせて運動量を意識すること、体を動かした分しっかり休息することが大切です。

小学生の体重管理は、食事制限ではなく運動が基本

既に小学生の段階で食事量が多すぎて、

肥満体型やぽっちゃり体型になってしまっているのなら、できるだけ低学年の段階で改善しておきましょう。

 

食習慣や運動習慣は年齢が低いほど簡単に改善できますし、高学年になって無理やり改善するよりも、低学年のうちから時間をかけて実践してあげることが基本です。

 

体重管理を行う基本は、食事量を減らすよりも運動量を増やすこと。

 

さらに食事の質を高タンパク質低脂肪で、

栄養バランスに優れたものに改善してあげることで、半年や1年かけて徐々に体重を落としていくことが基本です。

 

小学生が急激なダイエットを行うとリバウンドもしますし、何よりもダイエットをきっかけに成長に必要な栄養素が不足し、心身の健康や成長に悪影響を及ぼしかねません。

 

デメリットのあるダイエット方法よりも、

お母さんが主体的になって、子供にわからないように食材や味付けを変更して、カロリー調整してあげるのがよいでしょう。

 

そこに運動が加わることで、食事での摂取カロリーと運動での消費カロリーが良い感じに調整できますので、体重も自然と減少していきます。

 

子供の体重管理は、大人のようなダイエットをさせるべきではないということを覚えておいてください。

睡眠時間の確保は体重管理にもつながる!

大食いで摂取しすぎたカロリーを消費する方法は、運動だけではありません。

 

睡眠時に分泌される成長ホルモンには脂肪分解作用があり、寝ているだけでも痩せ効果を実感できる事がわかっています。

 

しかも成長ホルモンといえば、

子供の身長が成長期に急激に伸びる際に必要なものですし、さらに睡眠時間の確保は早熟化の予防にも役立つメリットも考えられます。

 

背を伸ばしたい小学生にとって、

普段からよい睡眠習慣で過ごすことは、メリットしかありませんので、食べて寝ると太るなんて言われますが、気にせずにしっかり寝るようにしましょう。

 

ただ食べてすぐ寝ないようにしてください。

食後すぐに寝ると睡眠の質が低下し、成長ホルモンの分泌量が減少することもわかっていますので、少しもったいない状態になってしまいます。

 

寝る3時間前までに食事を済ましておくと良いと言われていますので、それくらいの間隔を空けるような生活習慣で過ごすようにしましょう。

 

小学生の6年間でしっかり身長を伸ばしたいのであれば、まずは食事量を増やして大食いになること、さらに質の良い食事を食べることが基本です。

 

それを踏まえて、さらに身長が伸びやすい状態を普段の生活習慣で意識しておけば、入学時と卒業時の背の順も大きく変わるでしょうし、中学生以降の身長の伸びも期待できるでしょう。

 

小学生の食事は本当に大切なので、

少食や好き嫌いばかりしているのではなく、まずは食事量を増やしつつ、徐々に食べれる食材やおかずを増やしてくださいね。

大食いの小学生は背が伸びる?食生活と身長の関係の記事まとめ

小学生の時期からしっかり食事で栄養補給を行うことが、子供の身長を伸ばすためには大切なことで、幼少期からの食習慣が子供の成長に様々な影響を与えます。

 

成長ホルモンの影響が出るまでは、

身長を伸ばすために必要な栄養補給ができていることが大切で、成長ホルモンによる長身効果を高めるためにも、食事での栄養補給は大切なこと。

 

小学校高学年になると、普段の生活に必要な栄養素+身長を伸ばすために必要な栄養素の両方が摂取できていないと、身長を伸ばすことができません。

 

栄養不足で身長の伸びが鈍化したり止まったりしている子供がいることもわかっていますので、良質なタンパク質を中心に栄養バランスに優れた食事を食べさせましょう。

 

ただ大食いでもぽっちゃり体型や肥満体型は成長期の身長の伸びに悪影響が出てしまいますので、体重管理も意識してあげることも忘れないでくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!