1cmでも2cmでも良いので、身長を伸ばしたい。

今の身長よりも少しでも高くなる方法はないのか?

 

高身長になりたい人が自分でできる方法や、成長に重要な要素を徹底検証。

両親や家族が平均身長以下だからとか、遺伝的に無理だからという理由で諦めてしまっていませんか。

 

高身長になりたいなら、

高身長になれる生活習慣で過ごすことで、家族よりも身長を高くすることも可能です。

身長の高さは遺伝的要素だけで決定しない、後天的要素が重要な理由とは?

高身長になりたいと思っている。

両親や家族が低身長だから遺伝的に無理と諦めているのなら、本当にもったいない話。

確かに遺伝的要素が身長に影響を与えますが、実は後天的要素が与える影響よりも、遺伝的要素は少ない割合。

 

遺伝的要素が身長の高さに与える影響は、23〜25%以下だと考えられており、残りの75%以上が後天的要素の影響だということ。

あなたの家族の身長が低いのは、遺伝+後天的要素が低身長になりやすい環境の組み合わせだから。

 

このことをしっかり理解して、少しでも身長が伸びる方法を自分自身で実践していくことができれば、低身長で成長が止まってしまうリスクは回避できるでしょう。

科学的にも、医学的にもわかっていることなので、少しでも良い生活習慣に改善して、身長が伸びる仕組みを上手く機能させましょう。

高身長になりたいなら、まずは運動かスポーツを始めよう!

運動やスポーツはハードルが高い。

そう思うかもしれませんが、体を動かす機会を増やすことは大切。

 

なぜ運動やスポーツが良いのかといえば、身長を伸ばす機能がうまく作用しやすい環境を作ることができるから。

運動やスポーツをするとカロリーも消費し、お腹が空いて食欲もいつもよりも増えます。

さらに体を動かした疲労感から、睡眠時間が増えたり、熟睡して睡眠の質も高まるでしょう。

 

身長を伸ばす後天的な要素には、運動、睡眠、食事というものがあり、これらの全てのきっかけになるのが運動。

体を動かすことで、身長を伸ばす為に必要な後天的要素が全て機能するようになります。

 

睡眠を改善するよりも、食事を改善するよりも、真っ先に改善すべきことが運動習慣というわけ。

近所を散歩しても良いですし、自転車で移動する距離を歩いてみても良いですし、ショッピングモールの中を歩き回っても良いんです。

とにかく体を動かすことから始めれば、全てのサイクルが身長が伸びやすい状態に変化しますし、ウォーキングなら体への負担も少ないですし、ケガのリスクもありません。

 

ウォーキングなら、運動が苦手な子供でも出来ますよね。

運動したからといって、ご褒美に炭酸飲料やスイーツ、スナック菓子を食べさせてしまっては、せっかくの運動の効果が半減しますので、注意しましょう。

高身長になりたい人におすすめの運動方法とは?

普段から運動習慣がある人なら、

バスケットボールやバレーボールの練習や動きを意識しましょう。

 

バスケットボールもバレーボールも、

ダッシュ・急に止まる・ジャンプ・緩やかに走る・・・などなど様々な動きの組み合わせがありますよね?

 

子供の骨が伸びるきっかけになる骨端線は、同じ刺激ばかりでは飽きてしまい、刺激として感じなくなる特徴がありますので、複数の動きの組み合わせが非常に大切です。

 

野球やサッカーには、縦方向のジャンプが少ない。

高身長になりたいなら、普段の練習にジャンプを追加して行うのもひとつの方法かもしれません。

 

身長が伸びることは、プレーの幅が広がったり、筋肉がついてパワーアップに繋がったりと様々なメリットがあります。

 

中学生までなら男子も女子も十分に身長が伸びますので、少しでも高身長を目指すなら、普段から様々な動きを行いましょう。

それがあなたの望む身長を手に入れる方法のひとつです。

高身長になりたいなら、食事は天然成分や食材から調理したものに変える

最近の子供の食事を考えてみると・・

インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品や加工食品など、工場で製造されたものを自宅で食べることが増えています。

 

非常に便利だし、手間もかけずに美味しいものを低価格で食べることができるので、普段から家庭の食卓に並ぶこともあるでしょう。

しかしこれらの食品には、調理の際にビタミン類やミネラル類が消失していたり、添加物がたくさん入っていたりと、栄養面で考えるとデメリットしかありません。

 

高身長になった子供の共通点のひとつが、幼少期から大食いで早食いだったということと、家庭で調理したご飯をしっかり食べていた傾向が強いんです。

加工食品を大量に食べると、脂質やカロリーばかりの成長に役立たない栄養素を摂取することになり、縦ではなく横に大きく成長することに。

 

味覚もそういった味付けが好きな事になってしまうので、将来的にもメタボ体型や生活習慣病のリスクが高まるでしょう。

身長が伸びないだけではなく、そういったリスクが高まる食習慣は子供には日常的に与えるべきではありません。

たまには良いかもしれませんが、基本的には食材から調理するということを第一条件にして、少しでも天然食品を食べさせるようにしましょう。

高身長になりたいなら、タンパク質をしっかり摂取すべき!

スーパーで食材を購入して、家庭料理をお子様に食べさせることも非常に大切ですが、その際に意識すべき栄養素がタンパク質。

タンパク質は骨や筋肉、臓器や皮膚、ホルモンの原料として使用されますので、タンパク質をしっかり摂取できていないと、子供の身長が伸び悩むことに。

栄養学的に考えると、タンパク質の重要性は分かることですが、実際に普段の生活でどこまで豊富なタンパク質を摂取できているのかは別問題。

 

日本人のタンパク質摂取量は年々減少しており、これが身長が伸びなかったり、低身長で悩んでいる子供が増えている原因のひとつ。

タンパク質を構成しているアミノ酸が体内に不足すると、骨を伸ばす仕組みがしっかり作用することができずに、骨が伸びずに身長が伸びない状況になってしまうんです。

そういった非常に残念な状況を改善するためにも、できるだけタンパク質を意識した食事なうようにしましょう。

 

ただその際に誤解すべきではないのが、肉食が良いということではないこと。

確かに肉類には豊富なアミノ酸が含まれていますが、脂質やカロリーが高かったり、動物性タンパク質ばかりだと、体内が酸性に傾いてしまうリスクも。

そういったデメリットが増えてしまいますので、植物性タンパク質とバランスよく摂取することが大切です。

 

人間は食べた食材でからしか、体を成長させたり、健康を維持したりすることができませんので、しっかりと質の良いものを選ぶことと、量を食べることが重要。

高身長になりたいなら、身長サプリメントも活用しよう。

しかし食が細かったり、好き嫌いが多かったりするなどの理由で、成長に必要な栄養素を摂取できないこともあるでしょう。

 

そういった際に活用したいのが、最近話題の身長サプリメント。

身長サプリメントにも様々な商品がありますが、やはり成長に必要なタンパク質を中心にして、様々な栄養成分をバランスよく摂取できるものを選ぶべき。

食事で摂取しきれない成長に必要な栄養成分をしっかり摂取することができますので、高身長になりやすい状態に改善することが可能です。

 

身長サプリメントを選ぶ際には、実際に摂取できる栄養成分には、どのようなものがあるのかをしっかりチェックすることが基本。

どのような成分が含まれているのかではなく、どのような栄養成分を摂取できるのかということをしっかりチェックしましょう。

 

身長サプリメントの摂取で栄養状態が改善し、止まった身長が再び伸び始めたという人もいますので、ぜひ実践してみてください。

子供の身長は成長期や思春期が終われば、二度と自然に伸びることはありませんので、それまでの努力が非常に大切なこと。

 

食事や栄養面のサポートはお母さんの役目ですので、しっかりと成長に役立つような栄養状態にしてあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!