ここ数年で低体温の子供が増えているのに気づいていますか?子供の平熱は36.5℃〜37℃前後です。低体温の子供の体内では酵素が活発に活動できなかったり、風邪を引きやすくなったり、精神的に不安定になったりと良い効果はありません。それに睡眠の質が低下しやすいので、成長ホルモンの分泌にも影響が出てしまいます。

低体温を改善して、子供の身長を伸ばそう!

子供の平均体温は37℃前後で、夏は高めで冬は低めなんです。保育園などに通っている子供だと毎朝体温を測定しなくてはならないので、平均体温がどのくらいか把握されていると思いますが、いつも35℃台だと注意が必要なレベルだと考えたほうが良いと思います。ただ子供の体温は一定ではなく、朝は低くて昼は少し高めで0.5℃ほど違うのは普通のことです。

低体温の子の場合、1日を通して35度台とか、夕方になっても36.1や36.2℃といった36℃台前半のままで推移している子供も含みます。1日を通して体温がどのくらい変化するのか、何日間か測定することで把握してみてください。

低体温の子供の特徴とは、早起きができなかったり、起きても午前中はやる気が出ない、物静かな子供、逆に落ち着きのない子供、すぐに起こってキレる子供などで、体温が上がらないことで酵素の働きが落ち、消化が悪化して免疫力が下がり、疲れやすいといった症状が現れます。

免疫力の低下は病気になりやすい体質だったり、アレルギー症状を招いたりします。そして新陳代謝も活発でない為に身長を伸ばす妨げである太りやすい体になってしまうんです。本来あるべき状態に無いので、身長をうまく伸ばすことができにくいのも特徴の一つです。

子供が低体温になる原因とは?

ではなぜここ最近、低体温の子供が増えているのでしょうか?低体温になる5つの主な原因を紹介します。

・運動不足
・夜型の生活
・冷暖房環境が良くなったこと
・食習慣
・過度なストレス

これらの原因って、子供の身長が伸びにくい原因とほぼ一緒だと思いませんか?結局普段の生活習慣が悪化していることで低体温になり、そして身長が上手く伸びるメカニズムを回すことができなくなっているんです。

子供の低体温を改善する方法とは?

子供の低体温を改善することはできます。しかしこれは今日やってすぐに改善するものではなく、身長を伸ばすことと一緒で少し時間がかかるもので、親子の連携が非常に大切になってきます。

・生活リズムを整える
・体を動かして代謝をあげる
・体操やストレッチをする
・朝食をしっかりと食べる
・全体的な食生活の見直しをする

これらのことに積極的に取り組んでいくことで徐々に低体温を改善することができます。そして低体温の改善は子供の身長を伸ばすこと、健康に育つ為に必要なことになりますので、子供を低体温のままにしておくのではなく、しっかり改善するようにしましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!