低身長の子供に対する治療の際には成長ホルモンを注射で体外から補充する方法が一般的にとられます。どのような場合に低身長の治療を受けることができるのか?実際にどんな流れで低身長の治療が進むのか、一般的な低身長の治療について紹介します。

低身長の治療に関する考え方とは?

子供の成長を妨げる要因が病気にある際にはその病気の治療を軸に進めることになりますが、もし成長ホルモンが不足することで身長の伸びや体の成長が著しく阻害されている場合には、体外から成長ホルモンを注射で補う方法で低身長の治療が行われます。

まず最初に行われるのが、身長や体重、レントゲン検査、血液検査などによって体の状態やバランスなどを確認します。その後、成長ホルモンの分泌に問題があるとかんがえられる際には、成長ホルモン分泌刺激試験で成長ホルモンがしっかり分泌されているかどうかのチェックを行います。

その際に5種類の試薬(飲み薬、点滴、注射のいずれか)で成長ホルモンの分泌を促進し、30分毎に2〜3回の採血を行って成長ホルモンがしっかり分泌されているかどうかを検査します。その結果、成長ホルモンがまったく分泌されていない場合か、基準値以下しか分泌されない場合のみ治療の対象になります。

低身長の治療を成長ホルモンで行う場合には、

成長ホルモンが睡眠時に最も分泌されることから、寝る前に自分で成長ホルモンを自己注射して体内に補うようにします。その為に両親や本人に事前に注射に対する指導を行います。

この低身長の治療を始めると最初の3ヶ月で食欲増進効果や、睡眠の質が良くなったり、疲れにくくなるなど本人が自覚できるレベルで変化が現れます。そして最初の1年で急激に身長が伸びます。

一般的に5〜10歳児の場合には、平均の1.5倍の5cm程/年間は伸びることになりますが、2年目以降は徐々に身長の伸びが鈍化し、3年目以降で平均身長まで伸びることがほとんどです。

しかしこの低身長の治療を受けても5年後以降で男子160.3cm、女子147.8cmと平均sん超よりもかなり低い状態で身長の伸びが止まってしまいます。

低身長時の成長ホルモン注射治療の効果が薄い理由

それはこの低身長治療に対する認知度の低さです。子供の身長が伸びるためには成長ホルモンの分泌も大事ですが、骨端線があることも非常に大切です。つまりこの低身長治療の認知度が低いことで開始時期が遅くなるんです。

そうすると治療の過程で骨端線が閉じてしまい、十分な効果を得ることができなくなってしまうのです。骨の伸びしろである骨端線がなければ、いくら成長ホルモンを注射で補っても身長を伸ばす効果を得ることができません。

この低身長に対する成長ホルモンを注射で補充する治療方法は保険適用の対象ですので、周りの子供と比べ、お子さんの身長が小さいようであれば、早い段階で一度検査を行って見ることをお勧めします。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!