子供が低身長になる原因を医学的に考えることで、どんなパターンがあるのかを検証します。

低身長で身長が伸び悩む原因がわかれば、そうならないように対策をするだけ。

低身長の原因から考える、子供の身長を伸ばす方法を実践していきましょう。

子供が低身長で伸び悩む7つのパターンとは?

b1bd239f288f3fb8e6259196e08c2d27_s

低身長で悩む子供の原因を医学的見地から考えたことで、見えてきた7つのパターンがあります。

この7つのパターンに当てはまらない生活習慣を続けることで、子供の身長を伸ばすことが出来るようになるはず。

そこで、まずはどんな生活習慣を送っていると、低身長の原因になるのかを紹介します。

  • 幼少期に低栄養状態が続いた
  • 小学生になっても少食だった
  • 成長ホルモンの分泌に問題があった
  • 成長ホルモンへの反応力に問題があった
  • 成長期のダイエットが問題だった
  • 成長期が早く、早熟傾向だった
  • 成長期の夜更かし、夜食、ストレスが問題だった

このブログでも、何度も紹介している様なことが並んでいます。

でも医学的に考えても、これらの原因が子供の低身長をまねく要因だと考えられているわけです。

だからこそ、そんな生活習慣を送らないことが、子供の身長を伸ばす方法。

次の項目から、もう少し詳しく解説します。

幼少期に低栄養状態が続いた子供の原因とは?

839a6a6e48f5c0ce0c52da007198b2ac_s

幼少期に低栄養状態が続くと、子供の身長が伸び悩むことがわかっています。

実は子供の身長が、最も伸びるのがこの幼少期。

生後直後に50cmほどだった身長が、4歳になる頃には100cmまで成長しますので、ほぼ倍になるわけです。

それだけ効率よく身長が伸びるこの時期に栄養不足の状態が続けば、しっかり体を作ることができないのも当然の話しです。

特に幼少期は、成長期のように成長ホルモンの影響を受けませんので、どんな栄養素を摂取していたのかで、身長の伸びが変わります。

だから本当に子供の成長と、摂取している栄養状態をチェックすることが大切。

幼少期に低栄養状態になる子供の特徴とは?

  • 赤ちゃんの時にミルクを飲まない、飲んでもすぐ吐いてしまう
  • 離乳食をあまり食べずに育った
  • 元気に動き回っていたが、運動量の割に食事量が少なかった
  • アレルギー食品があり、食事制限されていた
  • 幼少期に重篤な病気や症状で入院加療を行なっていた

これらの状況があると、幼少期の栄養状態が悪化します。

幼稚園に入園した時に、一番小さかった子供がそのまま小さい状態で卒園するなんてことも起こるので、幼児期こそ栄養状態に注意しましょう。

小学生になっても少食だった子供の原因とは?

52e983153d52c8bd70d0e5c8310c3023_s

小学生になると、どんどん食事量が増えていくのが一般的ですが、どんなおかずを出してもあまり食べずに、少食のまま終わってしまう。

そんな食習慣のまま成長期を迎えてしまうと、成長期の前に栄養不足の状態が続くことで、身長を十分に伸ばせないということになります。

こういった子供が、成長期になって身長が伸びても、成長期で伸びる身長はある程度決まっているもの。

だから周りの子供を追い抜いて、その子がすごく背が高くなるというのは、あまり起こりません。

成長期を迎えるタイミングまでに、栄養状態を改善して、少しでも大きく成長させておきましょう。

小学生で少食になる子供の特徴とは?

  • 子ども自身が食べ物や食に関心がない
  • 嫌いなものを強要することで、食事が嫌になる
  • 運動しすぎて、食事を食べる前に寝てしまう

食の細い子供の場合には、とにかく食べさせなければ・・・と親が考え強要することで、子供が食事の時間を楽しめない。

そうではなく、どうすれば子供が食べてくれるのか?ということを考えてあげましょう。

子供も1人の人間です。強要されれば、拒絶するのは当然の反応。

食事量が増えないのであれば、サプリメントなどで栄養素を補給してあげるようにしましょう。

成長ホルモンの分泌に問題があった子供の原因とは?

c05dfc2dff24e486f190be015781a561_s

幼少期から食欲も問題がなく、周りの子供と比較しても特に身長の伸びに問題はなかった。

思春期も周りの子供と同じくらいのタイミングだったけれども、その後の身長の伸びが悪い。

そういう子供の場合には、成長ホルモンの分泌量に問題がある事も考えられます。

成長期特有の身長の急激な伸びがない場合、この原因が考えられますが、成長ホルモン分泌不全性低身長症の場合には、早めの加療で平均身長まで伸ばすこともできます。

だから、子供の成長に違和感を感じたら、様子を見るよりも先に病院で検査を行なってみるのが良いでしょう。

成長ホルモンへの反応力に問題があった子供の原因とは?

e842fc421d001ef7bfe9181c9fef6f32_s

成長ホルモンへの反応力に問題がある子供は、非常にまれなことですが、全くいないわけではありません。

生まれた時も標準体型で、幼少期の食欲も問題がなく、思春期も周りの子供と変わらない。

成長ホルモン分泌刺激試験をしても、検査結果に全く問題がないけど、身長が思ったほど伸びない。

そのような子供の場合、成長ホルモンへの反応力に問題がある可能性があります。

これは医学的な検査を行なってみてはじめてわかること。

子供の低身長の治療を行っている専門医の診察を受けることで発覚します。

祖父母や両親の身長が低い場合にも、成長ホルモンへの反応力の鈍さを示す場合があります。

成長期のダイエットが問題だった子供の原因とは?

c87d5a71e9d977d7f1bd28800b87a586_s

最近の女の子の低身長の原因として増えているのが、この成長期のダイエット。

テレビや雑誌の影響で、ダイエットを始める年齢がどんどん低年齢化しています。

少し太り気味だった子供が、中学生になった途端に食事制限を伴うダイエットを行なうと、その瞬間から身長の伸びが止まってしまうことも。

さらに小学生の頃から、常にダイエット、ダイエットと意識している子供の場合には、栄養不足の状態になっている可能性もあります。

ダイエット思考が強い子供の場合には、本当に注意するようにしましょう。

ダイエットを行うなら、食事制限ではなく、運動や食べ物の質を変えることが基本。

親御さんがしっかり教えてあげるようにしましょう。

成長期が早く、早熟傾向だった子供の原因とは?

fd22952fb9c4eaa8c5ee4b780973cbbe_s

思春期が早く始まることは、それだけ早く思春期が終わることを意味しています。

身長の伸びも早く止まってしまうという話。

思春期までの1年間で平均的に5cmほどの身長が伸びると考えられています。

1年早まれば5cm低くなり、2年早まれば10cm低くなる可能性が。

女の子の思春期は小学校4〜5年生、男の子の思春期は小学校5〜6年生頃に始まります。

この段階では、グンと大きくなりますが、中学生になり学年が進んでいくと、周りの子供に追い抜かれていく。

最近の女の子の中には、小学校3年生頃に思春期に突入する子供もいますので、十分に注意しましょう。

成長期が早く、早熟傾向になる子供の特徴とは?

  • 幼少期から慢性的な睡眠不足だった
  • ぽっちゃりもしくは、肥満体型だった
  • 高脂肪、高カロリーな食事が好きだった

日本人は欧米人に比べると、早熟傾向が高く、その結果が最終身長の違いにつながっています。

そんな状況をさらに悪化させるのが、子供の早熟化

睡眠不足の子供が急激に増えていることで、メラトニンが分泌されずに、性成熟を抑制することができなくなります。

早寝早起きで、起きたら朝日を浴びて体内時計をリセットする。

性ホルモンの原材料になる高脂肪、高カロリー食は控えるなど、早熟化を進行させないことが大切です。

成長期の夜更かし、夜食、ストレスが問題だった子供の原因とは?

ff2af9a24f3f2031bb09ff26077b8318_s

思春期に成長ホルモンをどれだけ大量に分泌できたのか?

それが子供の身長に大きな影響を与えます。しかし、夜更かしも夜食もストレスも成長ホルモンの分泌量を減少させる要因。

成長ホルモンが最も分泌されるのは、22時〜2時の3時間に熟睡することが必要。

さらに血糖値が下がった状態であることも必須なので、夜食を食べてしまうと血糖値が下がりきらずに、成長ホルモンが効率的に分泌されません。

またストレスを溜めることでも、成長ホルモンの分泌量が減少することがわかっていますので、これもマイナス要因。

子供の身長に生活習慣が与える影響は75%だから、どの子も伸びる!

b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

このことを理解しましょう。

子供の身長に与える遺伝的要素は、僅か25%しかありません。

残りの75%が全て後天的な要素という話です。幼少期からの食習慣、生活習慣を意識した形で過ごすことが、子供の成長には、本当に大切なことです。

食が細いから、好き嫌いが激しいから、運動しないから・・・ではなく、3歳〜9歳頃までにどんな生活やしつけを行なってきたのかでも変わります。

将来的に身長が伸びずに悩み困るのは、あなたとあなたのお子さんです。

そうならないように、方法を考えて対策を行っていきましょう。

ひとつがダメだから起こるのではなく、代替案を考えてみることも大切です。

子供はちょっとしたことで、影響を受けて生活習慣が変わりますので、好きなキャラクターなどを活用するのも方法のひとつ。

幼少期から、栄養状態と睡眠状態を意識することは、必ず行なうようにしてください。

小学校に入学しているお子さんの場合には、食が細いなら 総合栄養バランス型のサプリメントなどで、栄養面のサポートを行う。

健康な子供でも成長期に伸びる身長は、ある程度の範囲に収まるわけですから、その成長期をしっかり活用する為にも、親御さんができる一番のサポートは栄養面。

そこを忘れずに、しっかり成長できるように方法を考えて実践していきましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!