子供が低身長のままだと、将来や未来がどうなってしまうのか・・・と子供の成長に不安になってしまう親御さんも多いと思います。

しかし、お子様の年齢次第ではまだ成長させることができ、その結果、最終身長が変わる可能性も十分にあるのを知っていますか。

病気が原因の低身長でも、しっかり治療を受けることで平均身長くらいまでは最終身長が伸びることがわかっています。

子供が低身長でも早期に治療を開始すれば最終身長は変わらない!

これは医学的に成長ホルモンの分泌量に問題があったり、性成熟が早い思春期早発症のような子供でも、しっかりとした時期に治療を行った場合のこと。

しかし多くの親御さんが、子供が低身長の状態であっても、成長とともに追いつくと考えていたり、なんとかなると甘い見通しを立てている場合も。

そのような子供でも、実際には平均身長ほどまで成長する子供もいますが、周りの子供に比べて明らかに幼少期から低身長の傾向があるのなら、少しでも早めに対処すべき。

実際に医療機関を受診して、幾つかの検査を行えば、医学的な低身長なのか?それとも遺伝や食習慣などの影響なのかもわかります。

もし医学的な低身長でも、幼少期からしっかり治療を行うことで、最終身長が平均身長くらいまでは成長しますので、それはぜひ行って貰いたいこと。

治療費も気になるところですが、医学的な低身長の場合は保険が効きますので、それで大部分をカバーできますので、まずは検査を受けてみることが必要でしょう。

後天的な低身長なら生活習慣や食習慣の改善で治療できる。

子供の身長の高さには、先天的な遺伝的要素はわずか25%以下しか影響しませんので、低身長で悩んでいるお子様の原因もその殆どが後天的なもの。

実際に後天的な要素で、子供の身長伸びに影響を与えるのが、睡眠・運動・食事・ストレスという4つの要素。

特に小学校入学前の子供で低身長で悩んでいるのなら、普段の食事でどれだけ豊富な栄養素を摂取できているのかを考えてあげましょう。

小学校入学前の子供で、周りよりも一回り小さい場合には、そのほとんどが幼少期からの慢性的な栄養不足。

食が細かったり、好き嫌いが多かったり、特定の食べ物しか食べなかったり・・・と子供の成長に必要な栄養素を普段の食事で補えていないことで起こるんです。

だからこそ、普段の食事内容を見直してみたり、子供の好きな味付けや見た目に改善してあげることで、少しでも食べるようにすることが大切。

また体を動かすことが少ない子供の場合には、運動する機会を増やしたり、散歩でも何でも良いので外に出る機会を増やしてあげましょう。

運動をすることでお腹が減りますので、何もしないよりも子供の食事量が増え、成長に必要な栄養素を摂取することもできます。

小学校入学後に低身長が気になったら、睡眠時間の確保で早熟を予防しよう

幼稚園でも小さくて、小学校に入学しても背の順で一番前だかったり、平均よりも身長が低い場合には、低学年のうちから睡眠時間を確保するようにしましょう。

この時期なら子供の睡眠習慣を改善するのは、そこまで難しいことはなく、遊び疲れた子供は電池の切れたおもちゃのように寝てしまいますよね?

ちゃんとご飯を食べさせて、早寝する習慣をつけることで、子供の早熟化を予防することができます。

早熟化を予防することは、それだけ成長期の到来時期を遅らせて、身長が伸びる期間を長くしてくれますので、将来的な低身長の改善に非常に役立つでしょう。

子供の早熟化は低身長の原因のひとつですので、睡眠時間の確保を軸にして標準体型に留めておけば、そこまで早熟化が進行することはありません。

もし思春期早発症のような場合には、しっかり治療を受けると性成熟の速度を緩やかにすることもできますので、気になる場合にはこの段階でも病院で検査を行ってみると良いと思います。

いずれにしても、性成熟が早い子供は将来的に低身長のリスクが高まりますので、少しでも身長を伸ばすことができるような環境を整えてあげてください。

ぽっちゃり体型の子供は早熟化が進行しやすいと覚えておこう!

なぜ先ほど標準体型にとどめておくべきか・・・という話をしたかと言えば、肥満体型やぽっちゃり体型の原因である脂肪細胞が、子供の性成熟に大きな影響を与えるから。

実は脂肪細胞は体内で最大の性ホルモンの受容体。

だから脂肪細胞が多い肥満体型やぽっちゃり体型の子供の場合、性ホルモンの分泌量が増えてしまう傾向があります。

性ホルモンの分泌量が一定量になると、子供は思春期や成長期に突入しますので、早熟化を予防する為には、少しでもその分泌量を抑制したいところ。

だからこそ、子供は標準体型にとどめておく必要があります。

逆に子供の頃からダイエットをしたり、モデルさんのような細身になろうとする努力をしてしまうと、性ホルモンの分泌量は増えないかもしれませんが、成長に必要な栄養素が不足することに。

これは非常に大きな問題ですので、本当に注意してください。

ただでさえ、最近の子供は成長に必要な栄養素(特にタンパク質)が不足しており、身長が伸び悩んでいますので、ここは間違えないでくださいね。

成長に必要な栄養素は摂取しつつ、しっかり標準体型にとどめておくことが大切だと理解しておきましょう。

小学校高学年で低身長で悩んでいるのなら、身長サプリメントも必要かも

小学校高学年になると女の子は思春期の中盤から後半になり、男の子は思春期や成長期が始まるタイミング。

この時期はどれだけ食事でしっかり栄養補給を行っていても、大人の体に変化させるために大量の栄養素が必要で、栄養不足の傾向が。

実際に普段の食事だけで、成長に必要な栄養素の全てを補うことは難しく、食べすぎて肥満体型やぽっちゃり体型になると、身長が伸びにくいこともわかっていますので、効果的な栄養補給が必要かも。

その際に役立つ考え方は、普段の食事+身長サプリメントのあわせ技で、成長に必要で不足しがちな栄養成分を身長サプリメントで補うこと。

そうすることで、栄養面から子供の成長をサポートすることができ、小学校高学年でも身長を伸ばすことができ、将来的な低身長のリスクを回避できる場合も。

特に女の子は小学校高学年でどこまで身長が高くなっているのかで、未来の身長がほぼ決定します。

ちなみに初潮や生理が始まると、その後の平均身長の伸びは、6cmほどだといわれていますので、その段階で低身長なら、少しでも栄養面のサポートを徹底すべき。

そうすることで、1cmでも2cmでも未来の身長を高くする努力を行いましょう。

子供の身長の高さは、未来の選択肢を大きく左右することもありますので、できるだけ幼少期から、周りの子供と比較して考えてあげることが大切。

そうすることで、将来的な低身長のリスクを抑制し、最終身長を伸ばすことができると思いますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!