2017年版、短期間で身長を伸ばす方法の中でも、効果的で簡単な方法や生活習慣を厳選して紹介します。

大人になって一気に身長を伸ばすことはできませんが、子供ならちょっとしたことを意識するだけで一年間の身長の伸びに変化が。

バレーやバスケをしなくても、食事内容や生活リズムを変更することで、簡単に身長を伸ばすことができます。

短期間で身長が伸びるのは、成長期の子供までの話!

まず最初にお伝えすべきなのは、大人の身長を伸ばすことはできないということ。

大人でもヨガや整体、姿勢矯正を通じて数センチなら身長を伸ばすことができますが、あくまでも本来の身長に一時的に戻るだけで、そのままの姿勢を維持する努力をしなければすぐに元に戻ります。

だから、短期間で身長を伸ばすという意味では、骨端線が残っている成長期の子供まで。

特に短期間で一気に身長を伸ばしたいなら、小学校高学年から中学3年生か高校1年生くらいの年齢までです。

女の子の場合には、骨端線が閉じるのがもう少し早いので、小学校高学年〜中学2年生くらいを目途に考えた方が良いでしょう。

骨端線については、詳しい説明がこの記事にありますので、気になる方は読んでみてください。

骨端線は復活するのか?骨端線が閉じる原因と対策を紹介します!

骨端線が残っている子供なら、成長ホルモンの分泌量が大事!

骨端線さえ骨の両端に残っている状態であれば、成長ホルモンがしっかり分泌されることで、十分に身長が伸びる可能性があります。

しかも伸び悩んでいる様な状態でも、骨端線が残っていれば、そこにしっかりと成長ホルモンを分泌させることで、身長が伸びるメカニズムを作動させることが可能。

成長ホルモンの分泌に最も影響するのが、就寝後3時間の睡眠の質です。

この時間を暗く静かな部屋でどれだけしっかり熟睡できるのか?その質が高ければ高いほど、成長ホルモンの分泌量は増加します。

さらにその際には、ある程度空腹で血糖値が下がっている状態が望ましいと考えられていますので、夕食は就寝の3時間前までに済ませておきましょう。

そうすることで、血糖値も低下し、より成長ホルモンをしっかり分泌させる事が可能に。

成長ホルモンが分泌され、それが肝臓でソマトメジンCに変換されることで、骨端線の細胞分裂を促進し、骨をしっかり伸ばすことが可能です。

成長ホルモンは、睡眠時と運動時に分泌されることがわかっていますので、普段から体を動かす習慣があると、微量ですが成長ホルモンの分泌量を増やす結果に。

この微量の積み重ねが非常に大切で、成長ホルモンの全体的な分泌量が増えることが、成長期の身長を一気に伸ばすきっかけになりますので、そこは意識しましょう。

成長ホルモン+成長に必要な栄養素が骨を効率的に伸ばすカギ

短期間で身長を伸ばすなら、成長ホルモンの分泌量に追加して、高タンパク質低脂肪の食生活は基本。

骨端線の軟骨細胞部分で骨が伸びるためには、コラーゲンが必要です。

コラーゲンは、アミノ酸+ビタミンCでその場で合成されますので、タンパク質を摂取して体内のアミノ酸量を増やしておくことは大切。

さらに丈夫な骨を作るためには、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKという栄養素が必要ですので、これらも意識的に摂取するようにしましょう。

そうすることで、成長ホルモンがソマトメジンCに変換され、それが骨端線の軟骨細胞部分でどんどん骨を伸ばす効率を高めてくれます。

しかしこのタイミングで、性ホルモンの分泌量が増えるような生活習慣や食習慣で過ごしていると、骨端線が閉じるタイミングが早まりますので、その点には注意が必要です。

性ホルモンが増える生活習慣とは、慢性的な寝不足、脂肪分やカロリーばかりの食生活で過ごすこと。

適度な運動を行い、標準体型を維持することができれば、体脂肪が付きにくくなり、体脂肪を原材料に性ホルモンを作る仕組みが作用しなくなります。

また慢性的な睡眠不足は、メラトニンの合成を妨げることになり、メラトニンの持つ性ホルモンの産生を抑制する作用を阻害しますので、これも気をつけるようにしましょう。

短期間で身長を伸ばす場合も仕組みが動くまでは時間がかかる

成長期の子供の体内には、自然に身長が伸びる仕組みがあり、それを最大化する事が短期間で身長を効率的に伸ばす方法。

しかし今日から生活習慣を改善したからといって、明日に1センチ伸びるというものではありません。

身長が伸びることは、骨が伸びること。

骨が伸びる為には、骨端線が残っていること、成長ホルモンが分泌されること、成長に必要な栄養素があること、骨端線に伸びる刺激が入ること。

これらのことが総合的に作用して、はじめて子供の身長を伸ばすことができます。

だから成長期という短期間で身長が伸びる子供でも、年間10〜12cmくらいがかなり伸びた子供だと言われるでしょう。

1年間で12cm伸びるということは、毎月1cm伸びるということですので、実際に1cm身長を伸ばすのは大変なことだと思います。

しかし夏休みなどの短期間で急激に身長が伸びる子供がいるのも事実。

生活習慣が一気に改善できるタイミングだからこそ、夏休みという短期間でも身長が伸びます。

だから普段の学校に行っているタイミングで身長を伸ばしたいなら、短期間で生活習慣を激変させることも必要です。

睡眠不足を解消する為に、中学生でも毎日9時間とか10時間眠るとか、根本的な部分を改善すれば夏休み以外でも短期間で身長の伸び幅を改善することもできるでしょう。

短期間で身長を伸ばすなら、栄養面を積極的に変えるのも方法のひとつ

睡眠不足を解消し、睡眠時間を確保してその質を向上させることも、体の回復や成長に役立つことですが、栄養面を根本的に見直すことも身長を伸ばす方法のひとつ。

特に高タンパク質低脂肪で、栄養バランスのよい食事が基本です。

日本人なら、一汁三菜の和食的な考え方で、少量でも沢山の種類の食材やおかずを食べる。

おやつは煮干しやアーモンドなどの天然のものにして、普段の料理も食材を買ってきて調理する。

そうすることで、栄養吸収率も高くなり、成長に必要な栄養素をしっかり摂取することができます。

でもなかなか、それを毎日続けるのは難しいこと。

家事や育児にそこまで時間をかけることができる人も少ないでしょうし、金銭的な負担も増えます。

そこでおすすめなのが、身長サプリメントを普段の食事に合わせて摂取させる方法。

実際に成長期の子供に必要な栄養素の全てを、食事だけで摂取するのは難しい話なんです。

だから食事で補いきれない分は、栄養豊富な身長サプリメントを活用することで補う。

そういう考え方も、短期間で子供の身長を伸ばすためには必要です。

高タンパク質低脂肪でバランスの優れた食事が基本ならば、サプリメントで摂取できる栄養素もそれが基本。

だから実際に摂取できる栄養素を、しっかりチェックすることを忘れないでください。

我が家では天然成分のスピルリナを原材料の4割も配合した身長サプリメントで、摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質のカラダアルファを飲ませています。

スピルリナの吸収率は95%以上で、50種類以上の豊富な栄養素を含んでいますので、成長期の子供が短期間で身長を伸ばしたいなら、最も求める効果に近い栄養素を摂取できるサプリメント。

市販されている身長サプリメントを12種類以上実際に購入し、比較検討してカラダアルファを選んでいますので、本当に栄養摂取に優れている身長サプリメントだと思います。

もしあなたがお子さんの身長を短期間で伸ばしたいなら、間違いなくカラダアルファも併用してあげるとその効率を高めることができるでしょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!