子供の身長を伸ばしたいと思った時に必ず摂取しなければならない栄養素と言えば、骨の材料でもあるカルシウムです。カルシウムの不足は将来的な骨粗しょう症の要因にもなりかねないので、幼少期からしっかり摂取すべき栄養素です。またカルシウムは食品による吸収率の違いがあるので、そこも理解する必要がある栄養素です。

骨の材料であるカルシウムの働きとは?

カルシウムも骨や歯、血液の材料になる非常に大切な栄養素です。人体で吸収されたカルシウムの99%が骨や歯になり、残りの1%が血液を作るために使われます。しかし血液を作るカルシウムが不足すると骨や歯に含まれているカルシウムを使ってしまうので、骨が伸びるのを防いでしまうんです。

骨を作る際に不可欠な割に、日本人が実は不足しがちな栄養素でもあるんです。人間が一番吸収しやすい状態が乳製品に含まれている乳酸カルシウムですが、牛乳を飲んだとしても吸収できるのは60%程度で、汗をかくと体外に排出されてしまうので意識的に摂る必要があります。

カルシウムは食品によって吸収率が変わるので、摂取量=吸収量ではないことを理解しましょう。

カルシウムの吸収率を高める組み合わせは、

・カルシウムとビタミンDとビタミンK

カルシウムはビタミンDとビタミンKと一緒に取ることで吸収率が高まります。ビタミンDやビタミンKは脂溶性のものなので、炒めものなど油と一緒に取るとより効果的に吸収できます。

しかしリン酸とカルシウムが結合すると体外にカルシウムが排出されてしまうので、カップ麺などの加工食品やスナック菓子などを多く食べ過ぎないように特に注意が必要です。

年齢別 子供のカルシウムの摂取推奨量とは?

スクリーンショット 2016-07-23 15.50.07

食材別 カルシウムの含有量

・桜えび(干し10g中)…200mg
・ししゃも(5尾100g中)…330mg
・ひじき(乾燥10g中)…140mg
・モロヘイヤ(50g中)…130mg
・牛乳(200g中)…220mg
・木綿豆腐(1/2丁150g中)…180mg

子供の身長を伸ばす為に必要な年齢別の栄養素の量とは?

子供の身長を伸ばす為に必要な◯◯の1日の摂取基準量(推奨)を紹介しました。摂取基準量は年齢や性別によっても多少の違いがありますし、あくまでも推奨量なのでそれだけ摂取していれば良いというわけではありません。最低でもその摂取量を目安にバランスよく摂取するようにしましょう。

周りの子供に比べて既に身長や体重が大きくなっている子は必要な量も増えがちです。しかしそれよりも大事にしてほしいのはどれだけ体を動かしているのか?という部分です。運動で消費される栄養素も多いので、運動やスポーツを行っている子供の場合には、平均よりもより多く摂取させるようにしましょう。

ただし摂り過ぎると逆効果になる栄養素もありますので、単一の栄養素だけをサプリメントで摂取させるのは控えましょう。子供の身長を伸ばすどころか、体に健康被害が出てからでは遅いのです。どんなに効果的な栄養素でも過剰摂取は良くないものだということは必ず覚えておいてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!