ストレッチで背骨や関節の歪みを戻して身長を伸ばそう!

人間は朝と夜で背の高さが違うのを知っていますか?子供だと大体1〜2cmは朝と夜で身長が違うと言われています。この原因は骨が縮むからです。と言っても骨の長さが変わるわけではなく、骨と骨の間が体の重みや重力に耐えられなくなり狭くなるからです。

背骨は24個の椎骨という骨が連なっていますが、その椎骨と椎骨の間に椎間板と呼ばれる軟骨が存在しています。その椎間板がクッションの役割をして椎骨にかかる衝撃を吸収したり、体の動きをスムーズにしたりします。その結果、椎間板がギュッと縮んでしまいます。

24個の椎骨の間にある椎間板は全部で23個です。もしこの椎間板が1mmずつ縮んでしまえば、それだけで2.3cmも身長が低くなるということです。この椎間板の縮みを改善する方法がストレッチというわけです。実は背が高い人には子供の頃からストレッチを習慣にしていた人が多いんです。

ストレッチをすると椎間板や椎骨などが正しい位置に戻ります。これから紹介するストレッチを実践して、全身の骨を正常な状態に戻し骨が伸びやすい環境を作ってあげましょう。

ストレッチは体の成長に欠かせない要素!

ストレッチは骨の並びを正しくするだけではなく、筋肉の緊張をほぐす効果もあります。筋肉が緊張して凝り固まっていることで、血流が悪化して血液が全身に行き渡らなくなることで体の成長にマイナス効果をもたらします。

また普段から激しい運動を行っていると、筋肉の疲労物質である乳酸が溜まってしまい筋肉の状態が悪化して、ケガをしやすくなるなど良いことはないんです。腰痛や肩こり、関節の痛みなどは血流が悪くなることで疲労物質の乳酸がたまって起こります。

体を動かすことが出来るのは、骨と筋肉が結びついているからですよね。そこに血管やリンパ管、神経などが複雑に絡んで栄養素を送ったり、神経を介して情報のやり取りをしたり、リンパ管から不要なものを排出したりします。

ストレッチで筋肉をほぐすことは実は体を正常に機能させる為に必要なことで、本来はケガの予防で行うのではなく、体を成長させて背を伸ばす為に欠かせない要素なんです。

背骨を伸ばす、背骨の歪みを治すストレッチ

おもいっきり背伸びをする

背筋をまっすぐに伸ばすことが背骨を整える基本です。

1、足を肩幅ほどに開き、両手の指を体の前で組んで手のひらを前方に向け、腕を体の前に伸ばします。
2、その手を頭の上に移動させ、天井に向けて手のひらを伸ばしてゆっくり息を吸い込みます。
3、更に手を天井方向に伸ばし、足のかかとも上げてつま先立ちになりながら、ゆっくり息を吐き頭のなかで7秒間数えます。
4、7秒間かけて、手は組んだまま体の前に戻しながら、かかとも下ろします。
5、そのままの状態で呼吸を7秒間止めます。
6、この一連の動作を30秒かけて行い、5〜6回を1タームにします。

背骨をまっすぐひねる

雑巾を絞るように背骨をひねります。椎骨が一つずつ剥がれるようなイメージをしながら、お風呂あがりに行うのが良いです。

1、壁を背にして両足を肩幅に開きます。両脇を締め、肘が胸のあたりに来るようにしてゆっくり息を吸い込みます。
2、7秒間かけて息を吐きながら体を右にひねり、後ろの壁に手を添えます。背骨に1本棒が入っている感じで頭を左右にぶらさずに回転します。
3、ゆっくり息を吸いながら7秒間かけて正面を向きます。正面を向いたら7秒間息を止めます。
4、7秒間かけて息を吐きながら体を左にひねり、後ろの壁に手を添えます。
5、ゆっくり息を吸いながら7秒間かけて正面を向きます。正面を向いたら7秒間息を止めます。
6、この左右のひねりを3〜4回ほど繰り返します。

背骨を横に曲げ、左右の歪みを解消する

後ろ姿で片方の肩が落ちている場合、落ちた方の椎間板が圧迫され次第に歪んでいきます。その歪みを修正する方法です。

1、足を肩幅ほどに開き、両手の指を体の前で組んで手のひらを前方に向け、腕を体の前に伸ばします。
2、その手を頭の上に移動させ、天井に向けて手のひらを伸ばしてゆっくり息を吸い込みます。
3、7秒間かけてゆっくり息を吐きながら上げた腕を右側に倒していきます。両ひじは伸ばしたままで顔は正面を向くようにします。
4、ゆっくり息を吸いながら7秒間かけて元の位置に戻し、7秒間息を止めて腕をおろします。
5、再び両手の指を体の前で組んで手のひらを前方に向け、腕を体の前に伸ばし、7秒間かけてゆっくり息を吐きながら上げた腕を左側に倒し、ゆっくり息を吸いながら7秒間かけて元の位置に戻し、7秒間息を止めて腕をおろします。
6、首をぐるっと回してリラックスさせ、肩も上下させリラックスさせます。
7、この左右の上体倒しとリラックスの動きを3〜4回ずつ繰り返します。

ベッドや布団の上でも背骨伸ばし

朝、目覚めた時にベッドや布団の上で行う簡単ストレッチです。

1、枕を縦にしてその上に仰向けで寝ます。肩から腰にかけて枕に乗る感じで首は枕から落とします。
2、量の指を組み頭の先に向けて腕を伸ばし息をゆっくり吸い込みます。
3、7秒間かけてゆっくり息を吐きながら、腕を更に伸ばし、同時につま先も伸ばしていきます。
4、7秒間かけてゆっくり息を吸いながら更に伸ばしていきます。
5、7秒間息を止めた後につま先を戻し、伸ばした腕も少し緩めます。
6、この動作を5〜6回繰り返します。

鉄棒にぶら下がって伸ばす

肩甲骨は健康コツと意識して、鉄棒にぶら下がって左右にひねりましょう。

1、鉄棒にぶら下がり息を吸います。
2、ぶら下がった状態で息を吐きながら体を右側に大きくひねります。
3、息を吸いながら、元の位置に戻します。
4、息を吐きながら、体を左側に大きくひねります。
5、息を吸いながら、元の位置に戻します。
6、これを繰り返します。
今回は背骨を伸ばすこと、背骨の歪みを治すことを中心としたストレッチを紹介しました。家庭でもできる簡単な方法ばかりですので、ぜひ実践してみてください。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!