寝る子は育つということわざがあるくらい、昔から寝ることは身長を伸ばすことに繋がると言われてきました。実際に睡眠時間と子供の身長や身長の伸びにはどのような関係があるのでしょうか?

睡眠時間が長い子供ほど身長が伸びるのか?

日本では昔からのことわざに「寝る子は育つ」というものがありますが、あれは本当なのでしょうか?子供の身長を伸ばしたいと考える親であれば、日本人の子供の睡眠時間が慢性的に不足していること、2005年から日本人の平均身長が伸び悩んでいることも知っていると思います。

つまり1990年以降に生まれた子供たちの生活環境の変化が日本人の平均身長の伸び悩みに影響を与えるようになったのです。1990年以降に生まれた子供たちは外遊びの機会がなくなり、ゲームやテレビなどどんどん室内で楽しいことが増え、夜更かしする機会が増えたんです。その結果が子供の睡眠時間の減少に影響しています。

人間は睡眠時にレム睡眠(体が深く眠って脳が活動している状態)とノンレム睡眠(脳も体も休んでいる状態)を90分のサイクルで繰り返しています。その中でも特に成長ホルモンが分泌されるのはノンレム睡眠の方です。

人間の体のリズムで考えると午後10時〜午前2時の間に最も成長ホルモンが分泌されやすい状態になり、最初の2回のノンレム睡眠の90分がその時間帯に重なることでより効率的に成長ホルモンを分泌することができます。

それを考えると子供の就寝時間は遅くとも21時までには布団に入りたいところですし、20時までには夕食を食べ終えたいところです。夕食の時間が遅くなると体内で消化活動が続き、成長ホルモンの分泌を抑制してしまうんです。

身長を伸ばすことは骨を伸ばすこと、その為にはできるだけ多くの成長ホルモンが必要です。その為にも睡眠時間をしっかり確保することが必要なのです。そう考えるとやはり「寝る子は育つ」というのは間違いないようです。

睡眠時間と睡眠の質の両方が子供の成長には大切になります。早い時間ぬ布団に入ってしっかり寝かせること、それと質の良い睡眠のために寝る2時間前からスマホやタブレットを避けて脳の活性を高めないことや寝室の明かりを消したり、静かな環境で寝かしつけることが大事です。

そして睡眠時に分泌された成長ホルモンの効果をしっかりと得られるように骨を作る栄養素や体の成長を促す栄養素をしっかり普段の食事でも補充するようにしてあげましょう。そうすることで、寝る子がさらに育つ状態になります。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!