成長痛がひどすぎる子供の場合、身長が伸びないとか伸び悩むという噂がありますが、これはどういう意味なんでしょうか?年代による成長痛の違いやその裏に隠された子供の心情、実際に疑うべき成長痛にはどんなものがあるのか?子供の成長痛について考えてみたいと思います。

幼児期、学童期の成長痛は偽物の可能性がある

成長痛と言えば、小学校高学年から始まる成長期に起こる症状ですが、実は成長期よりも前の幼児期、学童期にも体の痛み(膝や足首、太ももやふくらはぎの痛み)を訴えてくる子供がいます。

確かに3歳からの幼児期、小学校低学年でも年間5〜6cmも慎重が伸びています。毎月0.5cmの伸びがあるので、成長痛と思われてもしかたがないことですが、最近の研究では成長痛ではなく、「疲れ」や「心の不安」が原因で痛みを感じていることが多いというのがわかってきています。

ちょうど保育園や幼稚園が始まることで社会とのつながりができ始める時期であったり、弟や妹が生まれることで親や周囲の関心が自分ではなく別に行ってしまうことで愛情を欲するがゆえにそういった状態に陥る子供もいます。

幼児期や学童期の成長痛は体の痛みではなく、心の痛みの可能性のほうが高いんです。だからあえて体をさすってあげたり、気にかけてあげたり子供が愛情をしっかり感じられる状態にしてあげることも大事なんです。

もちろん、体に異常がある場合には病院に行くなども大切なことですが、まずは親の愛情が特効薬になる可能性が高いということを知っておいてください。

膝や腰などの関節が痛いと背は伸びなくなるのか?

小学校高学年から高校生にかけてやってくる成長期の成長痛、しかしこの時期には関節の痛みに苦しむ子供も沢山います。特にスポーツ関係の部活で激しい練習やトレーニングを繰り返すことで筋肉や関節を損傷してしまい、成長痛と相まって痛みに苦しむことがあります。

成長痛というよりも、膝や腰、かかとや関節が痛むという症状に苦しめれるんです。

膝の痛みで有名なのは、オスグッド・シュラッター病という10〜15才の子供に発症する症状で主に成長痛として扱われますが、これはスポーツ傷害です。オスグッド・シュラッター病の原因はすねの骨と筋肉の接合部に負担がかかり、骨の軟骨部分が剥がれたことで起こっています。

実際にこのオスグッド・シュラッター病が起こっても身長が伸びないということではありませんが、スポーツ傷害ですので、運動のしすぎや過度な負担がかかっているということは理解した方が良いです。

成長痛も筋肉痛も関節痛も痛みが出るということは良い状態ではありません。痛みを我慢してプレーし続けると関節に力が入らないことで大きな怪我の原因になったりすることがあります。特に成長期はまだまだ体も完成していない状態なので、痛みが酷い時は練習などを休むべきなんです。

関節痛などの痛みで身長が伸びないなどということはありませんが痛い時は休むというのが、選手生命を長くすることに繋がるのかもしれません。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!