低身長で悩む小学生で、明らかに成長曲線から離れた成長しかしていないのであれば、成長障害の可能性もありますので、その場合には病院での治療や診察が必要なことも。

単に身長の伸びが悪かったり、発育が遅れているだけであれば、自宅でもできる改善方法がありますので、まずはそれを実行するのも良いと思います。

低身長で悩んでいる人が知っておくべき情報をまとめて掲載していますので、まずはこの記事を読んでみてください。

病院で医者に相談・治療すべき低身長の状態と定義とは?

まず最初に知っておいてほしいのは、お子さんの身長が単に伸び悩んでいるだけなのか?それとも医学的に低身長に当てはまるのか?という部分。

最近は低身長かどうかどチェックできるWEBサイトもありますが、医学的に低身長だと言われるのは、成長曲線よりも−2SD以下の成長しかしていない場合。

少しややこしい話ですが、−2SD以下の成長しかしていない子供は、100人中2〜3人しかいないと考えられておりますので、それ以外であれば病気等の可能性は低いでしょう。

ただ成長曲線と比較して−1SDや−2SD野場合には、何かしらの成長を阻害する要因がありますので、日常生活の中から原因を探して改善することが必要です。

逆に身長が高く+2SD以上の場合には、思春期早発症などの病気がある場合もありますので、高すぎる身長も早めの検査や診察が必要です。

医学的な低身長が起こる病気や症状にはどのようなものがあるのか?

では実際に医学的な低身長が発生する原因には、どのようなものがあるのかを簡単に紹介したいと思います。

  • 成長ホルモンや甲状腺ホルモン関連の病気
  • ターナー症候群やウィリー症候群などの染色体の病気
  • 子宮内発育不全(SGA性低身長症)
  • 骨や軟骨の異常や病気
  • 肝臓や腎臓などの臓器の病気

医学的低身長には、このような病気や症状が隠れており、一般的には成長ホルモンを外部から補うことで、成長を促進します。

この際に重要なことは、成長期になってから病院に行くのではなく、できるだけ低年齢の段階で病院を診察すること。

低年齢から治療を行っていれば、医学的低身長でも、平均身長くらいまでは成長することもわかっていますので、明らかに小さい場合には、早めに病院で検診を受けるようにしましょう。

小学生で低身長の場合には、遺伝が原因だと諦めないことが大切!

もしご両親の身長が低い場合、子供の身長が低くても仕方がないと考える人が多い傾向があります。

しかし子供の身長に対する遺伝的影響はわずか23〜25%程しかありません。

遺伝以外に子供の身長に影響を与えるのはこの4つ。

  • 幼少期からの睡眠習慣
  • 幼少期から運動習慣
  • 幼少期から食習慣
  • 日常的にストレスのない環境

これが残りの75%ほどの後天的な要素ですので、実は幼少期からどのように生活をしてきたかの方が、子供の身長に与える影響は大きいんです。

だからもしあなたが、ご自身が育ってきたように子供を育ててしまうと、それだけ低身長になるリスクを高めてしまうということ。

医学的低身長は病院での診察や治療が必要ですが、ほとんどの低身長や身長の伸びで悩んでいる小学生の場合は、自宅での生活習慣を改善することで、身長を伸ばすことが可能。

では実際にどのようなことを気をつければよいのか?自宅でもできる簡単な方法を次の項目で紹介します。

幼少期からの慢性的な睡眠不足が小学生の低身長の原因のひとつ

最近話題になっている言葉に、「睡眠負債」というものがあります。これ一般的には大人に使うものですが、実は子供も同じような状況になっているのを知っていますか?

幼稚園から小学校に上がる段階で「小1ギャップ」という朝早起きをしなければならない状況に直面します。

小1ギャップでは、大体睡眠時間が30分〜1時間短くなると考えられており、これがひとつ目の難関。

次に来るのが「小5プロブレム」。これは習い事を開始したり、中学受験を控えて学習塾に通ったりすることで、睡眠時間が削られる状態。

元々、慢性的な睡眠不足の状態にある子供が、睡眠障害を発症する要因となるのが、小1ギャップと小5プロブレム、このあとに中1ギャップもありますが、ここでは説明しません。

小学生の低学年に推奨される睡眠時間は9〜10時間ですが、お子さんは毎日それだけの睡眠時間を確保できていますか?

低身長に悩んでいるというのなら7〜8時間とか、もっと短く大人のような生活習慣で過ごしているのかもしれません。

その積み重ねが、子供の成長を阻害するだけではなく、早熟傾向を強めることになり、小学生で低身長に悩み、将来的にも身長が伸び切らずに低身長で悩むことに。

まずは睡眠時間を確保することを意識してください。

その為には、早寝早起きの生活習慣で過ごすこと、日中にしっかり体を動かして夜は熟睡できる環境を整えてあげることが大切です。

幼少期からの慢性的な栄養不足が小学生の低身長の原因のひとつ

もうひとつの原因は、幼少期からの慢性的な栄養不足です。

成長期までの子供の身長を伸ばすには、食事でどれだけしっかり栄養素を摂取できたのかということも非常に大切。

小さな子供の場合には、好き嫌いが多かったり、少食だったりと成長に必要な栄養素をしっかり摂取できていない子供も多いんです。

特に身体を作るタンパク質を摂取できていない子供が多く、それが原因で発育が遅れ低身長に悩む原因に。

もし牛乳を飲ませてお腹が下るようなら、乳糖不耐症という症状ですので、無理に牛乳を飲ませるようなことはしないようにしましょう。

牛乳ならヨーグルト、ヨーグルトならチーズの方がタンパク質やカルシウムの含有量が多く、乳糖不耐症も起こりにくいのでおすすめです。

カルシウムよりもタンパク質をしっかり摂取させること、できるだけ旬の食材を使った家庭料理を食べさせることを意識してください。

インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品や加工食品は子供の成長には役立たないので、低身長に悩んでいるのなら、そういったものは食べさせないようにしましょう。

小学生の低身長を自宅で改善するなら、身長サプリメントも効果的!

成長期までの子供の成長は、食事で摂取した栄養素の影響を受けますが、少食や好き嫌いが多かったら難しいですよね?

さらに毎日手の込んだ食事を作ったり、栄養バランスを考える時間もないかもしれません。

そんな忙しい親御さんと、子供の食習慣を効果的に改善してくれるのが身長サプリメント。

身長サプリメントなら、どの商品を選んでも効果があるということはなく、しっかりとした選び方で商品の効果を判断することが必要です。

小学生の低身長を改善したいのであれば、実際に摂取できる栄養素をチェックしましょう。

タンパク質を中心に、様々な栄養素をバランス良く摂取できる商品でないと、低身長を改善したり、身長の伸びを改善する効果は期待できません。

さらに大切なことは、普段の食事+身長サプリメントという組み合わせで効率を高めること。

その際に選ぶべき身長サプリメントは、カラダアルファです

カラダアルファは実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質で、他にもカルシウムやマグネシウム、亜鉛や食物繊維をしっかり摂取できます。

しかも原材料の4割がスピルリナなので、50種類以上の栄養素を含有し、その吸収率は95%以上と、栄養不足の子供に非常におすすめの状態。

ここまで本格的に栄養バランスの優れた身長サプリメントはありませんので、小学生で低身長に悩んでいるのなら、カラダアルファを飲ませることで栄養バランスを整えてあげましょう。

そうすることで、自宅でも子供の身長を伸ばすことができる可能性が高まりますし、合わせて睡眠習慣を改善すればさらに効率が高まります。

小学生から低身長の改善に取り組めば、成長期までに身長の伸びやすい状態にすることができ、成長期にも効率的に身長を伸ばすことができますので、本当におすすめですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!