ビタミンKもビタミンC子供の身長を伸ばすためには非常に大切な栄養素です。骨へのカルシウムの定着を高める効果のあるビタミンKとストレス耐性を高めるビタミンC。ここ数年野菜や果物に含まれるビタミン類は減少し続けているので、あなたが考えている以上に意識的に摂取すべき栄養素です。

子供の身長に対するビタミンKの働きとは?

強い骨を作るために必要なのがビタミンKです。ビタミンDと同様にカルシウムの吸収率を高める作用があり、骨の石灰化を進める骨芽細胞の働きを活発にすることで骨そのものを強くしたり、骨からカルシウムが溶け出すのを予防する作用もありますので、骨粗しょう症治療薬としても使われています。

ビタミンKには食べ物から吸収できるものと体内の腸内細菌で合成するものの2種類があります。しかし抗生物質などの投薬が続くと体内で生成される量が減る傾向があるので、病気にかかっている際には注意が必要です。

ビタミンKの吸収率を高める組み合わせは、

・ビタミンKとカルシウムとビタミンD

ビタミンDと同じ脂溶性ビタミンですので油と一緒に摂ることが大切です。炒めもの以外にもドレッシングとして使って摂取するのも良い方法です。前記したように病院で薬をもらった際などは意識的に摂るようにしましょう。

年齢別 子供のビタミンKの摂取推奨量とは?

スクリーンショット 2016-07-23 15.53.22

食材別 ビタミンKの含有量

・納豆(1パック50g中)…300μg
・モロヘイヤ(ゆで50g中)…225μg
・大根の葉(ゆで50g中)…170μg

子供の身長に対するビタミンCの働きとは?

ビタミンCは、軟骨などを構成するコラーゲンの合成に必要な栄養素で骨や皮膚の健康維持には欠かせないものです。成長以外にもウイルスやストレスなどに対抗する際にも重要な役割を果たします。

年齢別 子供のビタミンCの摂取推奨量とは?

スクリーンショット 2016-07-23 15.53.56

食材別 ビタミンCの含有量

・赤ピーマン(1/2個75g中)…128mg
・菜の花(50g中)…65mg
・ブロッコリー(50g中)…60mg
・柿(1個180g中)…126mg
・グレープフルーツ(1/2個150g中)…54mg
・いちご(100g中)…62mg

子供の身長を伸ばす為に必要な年齢別の栄養素の量とは?

子供の身長を伸ばす為に必要な◯◯の1日の摂取基準量(推奨)を紹介しました。摂取基準量は年齢や性別によっても多少の違いがありますし、あくまでも推奨量なのでそれだけ摂取していれば良いというわけではありません。最低でもその摂取量を目安にバランスよく摂取するようにしましょう。

周りの子供に比べて既に身長や体重が大きくなっている子は必要な量も増えがちです。しかしそれよりも大事にしてほしいのはどれだけ体を動かしているのか?という部分です。運動で消費される栄養素も多いので、運動やスポーツを行っている子供の場合には、平均よりもより多く摂取させるようにしましょう。

ただし摂り過ぎると逆効果になる栄養素もありますので、単一の栄養素だけをサプリメントで摂取させるのは控えましょう。子供の身長を伸ばすどころか、体に健康被害が出てからでは遅いのです。どんなに効果的な栄養素でも過剰摂取は良くないものだということは必ず覚えておいてください。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!