日本人の子供の睡眠不足は、世界的に見ても非常に顕著だということに気づいていますか。

最近では深夜の居酒屋やファミレスに子供を連れて行ったり、スマホやタブレットで遊んでいるうちに、夜型になってしまっている子供が増えています。

幼少期からの慢性的な睡眠不足は、子供の身長を伸ばすという意味ではデメリットしかないので、本当に改善すべき。

子供の睡眠時間が、世界平均から1時間も以上短い日本。

世界の子供の睡眠時間に関する調査でわかったこと、それは3才以下の子供の睡眠時間は日本は世界一短いということ。

世界一長い国はニュージーランドで、日本よりも毎日100分以上も長く眠っていることがわかっています。

ニュージーランド人って身長が大きな人が多いですが、睡眠時間の影響を受けていることも考えられますよね。

そもそもなぜ日本の子供の睡眠時間が減っているのか?

これは核家族化が進み家族に子供を預けられないことで、夜遅くまで子供を連れて外出してしまったり、女性の社会進出が進んだ結果、残業や共働きで親の帰宅が遅い家庭が増え、子供がそれに合わせた生活を送っていたりすることが影響。

子供に成長にとって、睡眠時間は最も大切な時間。

それは人間は寝ている間に、成長ホルモンが分泌されるからで、成長ホルモンが分泌されなければ骨を伸ばすことができず、身長も伸びないことに繋がるから。

「寝る子は育つ」ということわざがありますが、あれは本当の話。

寝ている間に分泌される成長ホルモンがきっかけになって、骨を伸ばすことに。

もし成長ホルモンが、少ししか分泌されないような睡眠習慣では、子供の身長を効率的に伸ばすことができないのも当然ですよね。

特に成長ホルモンが分泌されるのは、ノンレム睡眠と呼ばれる熟睡の状態にいるタイミング。

その為には、睡眠直後の3時間後の状態が非常に大切。

そんな時間に何度も起こされたり、光や音など刺激がある環境にいると睡眠の質が悪化してしまい、成長ホルモンの分泌量が減少することに。

ストレスが多い環境にいる子供では、成長ホルモンの分泌量が減少する傾向にあります。

幼少期に虐待を受けていたり、精神的に不安定な状態が続いていたりすると、体の成長にも非常に大きな影響が出てしまうことを理解しましょう。

年齢別、子供に必要な睡眠時間とは?

子供の年齢別の必要睡眠時間については、様々な目安がありますので、どれが正解なのかはなんともいいにくいところ。

多少の誤差はあるとしても、およその目安としてはこれくらい寝てないと、子供はしっかり成長しないと考えられています。

  • 新生児(1~2か月) :10時間~18時間(一日)
  • 乳児 (3~11か月): 10~13時間 + 数回の昼寝
  • 幼児期(1~3歳): 12~14時間
  • 4~6歳:10~13時間
  • 6~12歳:10~11時間
  • 13~18歳:8.5~9.5時間

さてあなたのお子さんはどうですか?

睡眠時間は足りていますか。多分多くのご家庭で、子供の睡眠時間が不足しているとお感じだと思います。

我が家も同じ、ここまでしっかり寝てくれれば良いのですが、なかなか子供は寝てくれません。

アメリカの専門家が発表した子供に必要な睡眠時間とは?

  • 新生児(0~3カ月): 14~17時間(以前のデータでは12~18時間)
  • 乳児(4~11カ月): 12~15時間(以前のデータでは14~15時間)
  • よちよち歩き(1~2歳): 11~14時間(以前のデータでは12~14時間)
  • 未就学児(3~5歳): 10~13時間(以前のデータでは11~13時間)
  • 就学児(6~13歳): 9~11時間(以前のデータでは10~11時間)
  • ティーンエージャー(14~17歳): 8~10時間(以前のデータでは8.5~9.5時間)

まだこちらのほうが現実的かもしれません。

アメリカでも日本同様に子供の睡眠時間が短くなっていることで、この様に専門家の意見も変わってきているのかもしれませんが、やはり寝る子は育つというのは間違いないでしょう。

子供の身長を伸ばすには、成長ホルモンが重要!

子供の身長を伸ばすためには、3大要素である「睡眠」・「食事」・「運動」をしっかりと行い、成長ホルモンを分泌させることが最も重要。

食事も睡眠も運動も、全て成長ホルモンの分泌量を多くするために必要なこと。

成長期のタイミングで成長ホルモンをしっかり分泌することが、骨を伸ばす唯一の方法です。

実は成長ホルモンの分泌がきっかけになり、肝臓から骨を伸ばすホルモン(ソマトメジンC)が分泌されます。

このために成長ホルモンをしっかり分泌させなければならず、その成長ホルモンを受容して骨を伸ばすことができるのが、成長期までのタイミング。

成長期が終われば、成長ホルモンが分泌されても骨が伸びるわけではなく、筋肉を作ったり別のことに使われるだけ。

女性の場合は、成長ホルモンの分泌で肌がキレイになったり、代謝が上がってダイエット効果があったりする効果があると言われていますので、よくご存知かもしれません。

でも成長期や思春期が終わったタイミングでは、どれだけ大量に成長ホルモンを分泌しても骨を伸ばす効果はありませんので、身長を伸ばすという意味では全く無意味だということ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!