子供の身長を効率的に伸ばすためには一体どのような生活習慣を送ればよいのか?そこで今回は身長を伸ばす4大用要素の中でも最も重要な「睡眠」についてどのように考え注意することが最も効率的に身長を伸ばすことに繋がるのか?という視点で睡眠と身長の関係も含め紹介していきます。

日本の子供の睡眠時間は世界的に見ても非常に短い傾向があります。成長期やその前に体づくりにとって非常に大切な時期にどのような睡眠習慣を作っておくべきなのか?より効率的に身長を伸ばすためにはどうすれば良いのかなど、睡眠に関する話を簡単にまとめます。

睡眠時間が短いと早熟になって身長の伸びが止まる?

赤ちゃんは寝るのが仕事と言われるくらい1日の殆どの時間を寝て過ごしています。実際に寝ていることで赤ちゃんの体はどんどん成長していくのです。しかし体ができていくにつれて必要な睡眠時間は減っていきますが、現在の日本ではそれ以上に短眠になっている子供が多く、睡眠時間の短さが身長の伸びを邪魔している現状があります。

子供の頃から睡眠時間が短く大人のような生活を送っていると性ホルモンの分泌量が増えます。性ホルモンの分泌量が増えると思春期が早まりますので、日常的に夜更かしをしている女の子は、初潮を迎える時期も周りの子よりも早くなりがちです。

性ホルモンが分泌されることで骨の成長も促し、身長が伸びる効果も期待できますが、性ホルモンの分泌は骨端線が無くなる要因でもあり、身長の伸びを止めてしまうという作用もあります。子供の身長を伸ばすという意味では、性ホルモンの分泌時期を出来るだけ遅らせることが大事なんです。

初潮は女の子の話ですが、男の子も一緒です。思春期が来るまでに出来るだけ身長を伸ばしてあげることが最終的な身長の高さにも大きな影響を与えます。思春期が終わると一気に身長の伸び率が悪化しますので、その前の段階が非常に重要です。

昼寝をすると子供の身長が伸びなくなるのか?

昼寝をすると夜に寝れなくなるのであまり良くないという話もありますが、やはり寝る子は育つという言葉通り、身長の大きな人は暇さえあれば寝ていたという人が多いんです。

人間の脳の疲れを取るための昼寝という意味では20〜30分程度が好ましいとされています。脳は20分寝ただけでもかなり疲れが取れ、その後すっきりします。逆に昼寝で寝過ぎると疲労度を感じるようになります。

しかし体の成長を促すという意味では、時間で区切るのではなく体が寝たいと感じるのであれば、その気持ちのままに寝る方が大きく成長します。

特に激しい運動をしている子供たちの場合には、練習の合間に3時間くらい昼寝をすることで体の補修や再合成をそのタイミングで行い、夜の睡眠では成長ホルモンをしっかり分泌させて身長を伸ばす為に使うという考え方もできます。

ただあまり運動をしていない子供の場合には、夕方以降の昼寝は避けるようにしましょう。これは夜の睡眠に悪影響を与えますので、そのあたりは上手く調整してください。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!