子供の身長を効率的に伸ばすためには一体どのような生活習慣を送ればよいのか?そこで今回は身長を伸ばす4大用要素の中でも重要な「運動」についてどのように考え注意することが最も効率的に身長を伸ばすことに繋がるのか?という視点で運動と身長の関係も含め紹介していきます。

子供の身長を伸ばすには運動は必要なのか?

結論から言えば、運動はしないよりもした方が良いです。

子供の頃に外遊びが多いとそれだけ太陽の光を浴びて体内でビタミンDを合成します。ビタミンDはカルシウムが骨に定着する際に重要な役割を担っていますのでそれだけでも大事なことです。

そして運動(外遊び)をすれば消費した栄養素を補給しようと体が反応してお腹が空きますので、食欲増進効果も期待できます。さらに夜は遊び疲れた分、体力の回復のためにしっかり寝ることができる様になりますし、メラトニンの分泌量の増えるんです。

つまり外遊びをきっかけにして、身長が伸びるサイクルが周り始めるというわけです。

他にも運動することで血流が促進され、体内の血の巡りが良くなり骨以外にも筋肉や血管、神経、内臓などの発育にとってもプラス効果が期待できますので、外遊びは行ったほうが良いでしょう。

面白いことに子供の成長ホルモンの分泌量は運動した日と運動していない日とでは異なるんです。運動することでも成長ホルモンが分泌され、運動して寝た日には普段よりも多めの成長ホルモンが分泌される。

そういった視点からも運動する(外遊び)をする子供は自然に大きくなるようにできているのかもしれません。

子供の身長を伸ばすスポーツは何か?

バレーボールやバスケットボールなどの競技を行っていると背が高くなるという印象がある人も多いと思います。しかしバレーボールやバスケットボールをすることがきっかけとは限らないんです。

それはこれらの競技種目は身長が高いほど有利なものなので、自然と大きな人がやっていることが多し、大きくないとレギュラーに抜擢されないということもあります。大学、実業団を年齢が上がっていくほどにその傾向が強くなります。

そもそも背が高くなるのは、骨の骨端線が破壊と再生、新生を繰り返して少しずつ伸びていくことです。骨に対して縦方向の力が加わると骨芽細胞の活動が活発になり、より多くのカルシウムを吸収してどんどん伸びていくんです。

競技種目による身長の違いが全く無いとはいいません。それはその種目にあった体つきが求められるからです。体操選手に身長が大きい人はいませんよね?それに卓球やウエイトリフティングにも身長は重要ではありません。

逆にバスケットボールにバレーボール、陸上競技場やハンドボールなどは背が高かったり手足の長さが試合に有利だったりと言うことがあると思います。そういった競技をやっていると集中的に必要な部分が鍛えられるので、体の成長にもいくらかの影響をあたえることはあると思います。

それでもあくまでも傾向です。この競技をすれば確実に背が伸びるとか背が伸びないということではなく、基本的には、「運動」・「睡眠」・「食事」・「ストレス」という4つの要因が重要であることには変わりありません。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!