子供の身長を効率的に伸ばすためには、一体どのような運動習慣を送っていればよいのか?

今回は身長を伸ばす4大用要素の中でも重要な「運動」について、どのように考えて実践することが効果的に身長を伸ばせるのか。

という視点で運動やスポーツと身長の関係を総合的にまとめて紹介します。

子供の身長を伸ばすには、幼少期からの外遊びや運動は必要なのか?

結論から言えば、外遊びや運動はしないよりもした方が良いと考えられています。

子供の頃に外遊びが多いと、それだけ太陽の光を浴びて体内でビタミンDの合成を促進することに。

ビタミンDは、カルシウムが腸で吸収される際に非常に重要な役割を担っていますので、カルシウムの吸収率が向上することは、それだけでも効果的。

そして運動(外遊び)をすれば、消費した栄養素を補給しようと体が反応して、お腹が空きますので、食欲増進効果も期待できます。

さらに夜は遊び疲れた分、体力の回復のためにしっかり寝ることができる様になり、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量も増えることに。

熟睡することは、成長ホルモンの分泌量にも良い影響を与えますので、外遊びをきっかけにして、身長が伸びるサイクルがスムーズにまわりますので、おすすめだと考えられています。

運動をすることで成長ホルモンの分泌量も増える効果がある。

運動をするということは、単に身長が伸びる仕組みを効率的にするだけではありません。

実は運動自体にも成長ホルモンを分泌する作用があり、その積み重ねによる成長ホルモンの分泌量の増加が、成長期の身長の伸びに影響します。

ただ睡眠時に分泌される成長ホルモンの分泌量と運動時を比較すると、かなり少ない傾向がありますが、繰り返し分泌されることで成長にはプラス効果が。

実際に運動を開始すると、15分後くらいから成長ホルモンの分泌が始まり、運動終了後3時間ほど分泌が続きます。

しかも就寝時の成長ホルモンの分泌量も、運動を行なった日の方が、運動を行わない日よりも増える傾向がありますので、そういった面でもプラス効果が。

他にも運動することで血流が促進され、体内の血の巡りが良くなり骨以外にも筋肉や血管、神経、内臓などの発育にとっても、プラス効果が期待できます。

成長ホルモンがしっかり分泌され、全身に新鮮で栄養豊富な血液が循環することで、子供の成長や健康に役立つ効果が期待できますので、運動はやはりしないよりもした方が良いでしょう。

子供の身長を伸ばすスポーツの種目は何なのか?

バレーボールやバスケットボールなどの競技を行っていると、背が高くなるという印象がある人も多いと思います。

だからバレーボールやバスケットボールは、身長が伸びると考えがちですが、実はそこに少し誤解があることに気づいていますか。

これらのスポーツは身長が高いほど有利なものなので、自然と大きな人がやっていることが多いですし、大きくないとレギュラーに抜擢されないということも。

大学、実業団、プロ選手と年齢が上がっていくほどその傾向が強くなります。

そもそも背が高くなるのは、骨の骨端線が破壊と再生、新生を繰り返して少しずつ伸びていくことの積み重ね。

骨に対して縦方向の力が加わると骨芽細胞の活動が活発になり、より多くのタンパク質やカルシウムを吸収してどんどん伸びていきます。

しかし同じ刺激だけだと、骨端線の骨芽細胞は刺激を感じにくくなりますが、バレーボールやバスケットボールは、様々な動きが組み合わさっているので、刺激を感じやすい特徴が。

競技種目による身長の違いが全く無いとはいいませんが、それはその種目にあった体つきが求められるから。

体操選手に身長が大きい人はいませんよね?それに卓球やウエイトリフティングにも、身長は重要ではありません。

逆にバスケットボールにバレーボール、陸上競技場やハンドボールなどは、背が高かったり手足の長さが試合に有利だったりしますよね。

そういった競技をやっていると集中的に必要な部分が鍛えられるので、体の成長にも多少影響を与えます。

ただし、それがあくまでも傾向なので、この競技をすれば確実に背が伸びるとか背が伸びないということはありません。

基本的には、「運動」・「睡眠」・「食事」・「ストレス」という4つの要因が重要だと理解しましょう。

幼少期からの激しすぎる運動は子供の身長を伸ばしにくくする

そして幼少期から激しすぎる運動を継続的に行っていることで、子供の身長が伸びにくくなる傾向があることもわかっています。

これにはいくつかの要因が関係していますが、栄養不足・筋肉・ストレスという3つの側面で説明しますね。

まずは激しすぎる運動をすると、大量の汗がとめどなく流れますよね?実は汗にはカルシウムイオンが大量に含まれており、運動のしすぎはカルシウム不足の原因に。

さらに運動で破壊された筋肉や消費したエネルギーを補充する為には、食事で大量のエネルギーや栄養素を吸収する必要がありますが、子供の場合は食事では追いつかないことも。

小食だったり、好き嫌いがあったり、食べる量よりも必要な栄養素が大量になることが多いので、成長に必要な分の栄養素が不足し、身長が伸びにくい状態になっている子供もいます。

そして筋肉がつきすぎてしまえば、骨が伸びる際に筋肉がその骨の伸びを邪魔する形で作用して、身長の伸びを阻害することに。

だから幼少期からマッチョになるほど筋肉をつけることはよくなく、将来的な低身長のリスクを向上させる結果になります。

最後にストレス面では、幼少期から真剣にスポーツを行っていると、優勝したり良い成績を残せる傾向がありますよね。

そして中学校や高校に進学した際に、上級生に混ざって試合に出たり、過度なプレッシャーにさらされる機会が増えます。

その結果、ストレスを強く感じることになり、ストレスの影響で成長ホルモンの分泌量が減少したり、その質が悪化することで、身長が伸びにくい状態に。

実際に統計データからもそういった傾向があることがわかっていますので、親御さんが意識的に日常生活でストレスを解消してあげることも大切です。

このように運動習慣やスポーツ習慣は、子供の身長に大きな影響を与えますので、幼少期からの適度な運動習慣や外遊びを行うことで、少しでも身長が伸びやすい環境にしてあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!