背が伸びる寝方があるのかって気になりませんか?他にも睡眠の際に気をつけるべきルールとは?睡眠時間に効果的に背を伸ばすことができる為に必要な睡眠ルールと背が伸びる寝方や寝具に対する考え方などを踏まえて睡眠時により効果的に成長ホルモンを分泌できる方法を紹介します。

睡眠時に背が伸びるのは成長ホルモンのおかげ!

睡眠時に背が伸びる為に必要なことは、しっかりと成長ホルモンを分泌で切るようにすることです。普通に寝ることでも成長ホルモンは分泌されますが、ちょっとした睡眠ルールを守ることで更に効率的に成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。

その為には「睡眠時間を確保する」ことと、「熟睡して質の良い睡眠にする」ことが必要です。では実際にどのような方法で寝ることが効果的なのか?背が伸びる寝方や睡眠ルールについて紹介します。

背が伸びるために必要な睡眠時間とは?

日本人の子供たちは、世界的にみても短眠であることが知られています。実際に行われた調査でも3歳時の平均睡眠時間は、ニュージーランドよりも100分/日も短く、その結果として子供の早熟傾向に歯止めがかからないこともわかっています。

早熟傾向になると成長期が早く来て終ることになりますので、どんどん背が伸びる期間が短くなってしまい、十分に成長ホルモンの効果を実感できない残念な結果になってしまいます。

実は子供の体格は日本人も欧米人もそこまで差がないんです。それが早熟傾向の日本人は早い段階で背の伸びが止まってしまい、欧米人はその後もしっかり伸びていくことで平均身長の大きな違いが現れるんです。

欧米人は日本人よりも本当に良く寝ています。その違いが大人になった時の身長の違いになって現れるんです。

どのくらいの時間寝ればよいのかと言えば、

  • 小学生:9〜10時間
  • 中学生:8〜9時間
  • 高校生:8時間

これを見て驚かれる人の方が多いと思います。最近は小学生でも日付が変わってから寝る子供もいますので、そういった子は明らかに睡眠不足です。そうすることで身長が伸びる期間を短くしている自覚は全くありませんので、大人が注意して上げる必要があるのです。

girl-356606_640

背が伸びるために必要な熟睡して質の良い睡眠にする方法とは?

背が伸びる為には質の高い睡眠も必要です。いくらたくさん寝ていても、電灯や光が当たっていたり、騒音や音がうるさい環境だと熟睡することができません。熟睡することができなければ、やはり成長ホルモンの分泌が効率的に行われませんので睡眠環境を整える事も大切です。

その為に一番良い方法は、子ども部屋で1人で寝かせる習慣を小さな頃から身につけさせることです。現在の日本では、特に都心部では核家族化が進んでいたり、シングルマザーや共働きで夜ご飯が遅くなったり、同じ部屋で寝起きを一緒にしたりと1人でゆっくり寝れる環境がない家庭も多いんです。

欧米人の子供たちが良く寝れる理由に、小さな頃から子ども部屋で1人で寝る習慣がある事も大きなポイントです。一定の時間になったら子ども部屋で寝るという習慣が繰り返されることが最も良い睡眠環境です。

子供の睡眠の質を向上させる方法は、

  • 毎朝、朝日を浴びるようにすること
  • 眠る2時間~3時間前には食事をしないこと
  • 寝る2時間前にじはスマホやテレビ、パソコンは見ない
  • 寝る1時間前にはお風呂から出ていること
  • 寝る前にストレッチなどをしてリラックスすること

などもあげられます。この様に睡眠環境を整えて、自分でも出来ることを行っておくだけで、熟睡出来るだけではなく、成長ホルモンをしっかり分泌させることができますので、sん長が伸びやすくなりますし、健康的に健やかに成長してくれるようになります。

子供の背が伸びる寝方と寝具の関係とは?

背が伸びる寝方と言われて、仰向け寝が良いのか?横向き寝が良いのか?うつ伏せ寝が良いのか?どの寝方(寝相)が良いのかと考える人もいると思います。最も良い寝方は仰向け寝です。

これは横向き寝では体の片側に体重がかかっていることで、下側になっている面の血流やリンパの流れなどが悪くなり、睡眠時の疲労回復や成長ホルモン、栄養や酸素が行き渡らなくなることが考えられるからです。

でも寝返りさえしっかり行えるようであれば、寝方にそこまで拘る必要はありません。寝方も大事ですが、それ以上にどのような寝具で寝るのか?ということも大切です。睡眠時の寝返りのしやすさや、体圧分散性などを考えると高反発マットレスを選ぶのが効果的です。

高反発マットレスなら部活や運動での疲労回復効果も期待できますし、寝返りもしやすく、体圧も分散されるので、全身の血流もリンパの流れも妨げることはありません。小学生位の子供であれば、幼少期に買った高反発マットレスのベビーベッドを使用することでもある程度はカバーできます。

逆に低反発マットレスや柔らかい布団で寝ると体が沈み込んでしまい、十分な寝返りが打てずに血流やリンパの流れを妨げることになり、それが背が伸びにくい原因になることもありますので、寝具選びもこだわることをおすすめします。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!