思春期や成長期に身長が伸びないとか、伸び率が悪い人は間違った生活習慣で過ごしていることが原因かも。

思春期の身長を伸ばすためには、どれだけ成長ホルモンの分泌量を増やし、その質を向上できるのかということが非常に大切。

そのためにも間違った生活習慣で過ごすのではなく、少しでも身長が伸びやすい生活習慣に変化させる必要があるんです。

思春期や成長期の身長の伸びは成長ホルモンの分泌量がポイント

思春期や成長期にお子様の身長を伸ばしたいと考えるのなら、真っ先に考えるべきなのは成長ホルモンの分泌量です。

この時期にどれだけ身長を伸ばすことができるのかは、成長ホルモンの分泌量とその質の影響を強く受けますので、非常に大切なポイント。

もし成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす生活習慣で過ごしていると、身長が伸び悩んだまだ数年間が過ぎてしまい、気付いた頃には思春期や成長期が終わっていることも。

そうなると骨の骨端線も閉鎖してしまい、二度と自然に身長を伸ばすことができなくなってしまうので、そうならないように注意すべき。

思春期や成長期の身長の伸びは、成長ホルモンの分泌により骨端線の細胞分裂が活性化されることが非常に大切なポイントですので、そのことを念頭においておきましょう。

特にこれから紹介することを注意した生活習慣で過ごすことが、成長ホルモンの分泌量を増やし、身長の伸びを最大化してくれますので、ぜひ意識して見てください。

思春期の夜更かしと夜食が成長ホルモンの分泌量を減らす

成長ホルモンの分泌量を確保したいのなら、少しでもその分泌に悪影響を及ぼす生活習慣で過ごさないことが大切。

成長ホルモンの分泌に関しては、ふたつの特徴があるので、それを意識した生活習慣で過ごすようにしましょう。

成長ホルモンは分泌される時間帯がほぼ決まっている

成長ホルモンの分泌量を減少させないためにも、少しでも効率的に分泌される時間帯を知っておくことが重要です。

睡眠のゴールデンタイムという言葉があるように、成長ホルモンの分泌量が高まる時間帯が決まっており、11時〜夜中の2時にかけての時間帯でその分泌量が最も増加。

さらに睡眠直後の3時間にその濃度が最もピークに達することがわかっていますので、この3時間を11時〜2時に来るようにすることが大切です。

成長ホルモンは血糖値が高いと分泌されにくくなる

それともうひとつ大切なことは、成長ホルモンは血糖値が高い状態だと分泌されにくくなる特徴があるということ。

夜食を食べる習慣があるということは、それだけ血糖値が高い状態で寝ることになりますので、それだけでも成長ホルモンが分泌されにくい状態です。

さらに夜食習慣があるということは、それだけ遅くまで起きているということですので、成長ホルモンの分泌量が増えるピークの時間帯を逃してしまうということ。

昔から早寝早起きや寝る子は育つと言われていますが、その言葉を信じて少しでも良い睡眠習慣を身につけさせるか、改善してあげてくださいね。

思春期のストレスが成長ホルモンの分泌量を抑制する

思春期や成長期の子供が強いストレスを受けると、成長ホルモンの分泌量が減少して、身長の伸びが鈍化すると言われています。

その原因のひとつが、睡眠中も交感神経が優位な状態になり、熟睡できないために成長ホルモンの分泌量が減少するというもの。

成長ホルモンの分泌量を最大化させるためにも、睡眠サイクルの中でもノンレム睡眠の時に熟睡している必要がありますが、それを阻害してしまう状態になります。

さらに強い精神的なストレスを受けてしまうと、脳の視床下部の機能に異変が起こり、成長ホルモン分泌刺激ホルモンが不活性化。

簡単に言うと、成長ホルモンが分泌されにくい状態になってしまい、身長を伸ばすパワーが低下する状態になるということです。

この精神的な強いストレスの状態は、失恋した女子の生理止まってしまうようなものですので、一時的に身体の様々な部分に変調をきたして、身長の伸びが鈍化する状態。

また精神的な部分だけではなく、感染症などで肉体的な強いストレス状態が続くことでも、免疫機能に負担がかかってしまいます。

その結果、成長ホルモンの分泌量が低下して、身長の伸びが鈍化することがわかっていますので、思春期のストレスは成長の阻害要因だと覚えておきましょう。

思春期のダイエットは身長の伸びを止める最悪の方法

思春期や成長期になると、女子に増えてくるのが見た目や体型を気にしてダイエットを始める子供。

ダイエットの基本的な考え方は、摂取カロリーを抑制し、消費カロリーを増やして徐々に痩せていくことですが、それを思春期で行ってしまうと身長の伸びに悪影響が出ることも。

ただでさえ、大人の身体に変化しなければならない時期ですので、様々な栄養素が大量に必要になることがわかっていますが、ダイエットをきっかけに栄養補給をストップさせてしまう状況に。

確かに肥満体型やぽっちゃり体型だと、成長ホルモンに対する身体の反応が鈍くなったり、性ホルモンの分泌量が増え、早熟傾向が強くなることもわかっています。

しかし最近では、標準的な体型なのにモデルや芸能人に憧れたり、友達のふとした一言で、ダイエットを始めたりする子供が多い状態。

そして運動量を増やさずに、食事量を減らすことで激ヤセしようと努力してしまい、成長や大人の身体への変化に必要な栄養成分まで削ってしまうんです。

成長に必要な栄養成分が不足すれば、いくら大量に成長ホルモンが分泌されても、身長を伸ばすことができませんし、最悪は生理機能の成長に悪影響を及ぼすことも。

子供がダイエットをしたいと考えているのなら、1日3食しっかり食べさせる変わりに食事の質を改善し、少しでも身体を動かす機会を増やすようにしてください。

思春期に身長を伸ばしたいなら、タンパク質を摂取しよう!

思春期にしっかり身長を伸ばしたいと考えているのなら、成長ホルモンの分泌量を増やすことに合わせて、タンパク質をしっかり摂取するようにしましょう。

人間の三大栄養素であるタンパク質・炭水化物・脂質の中でも、身長を伸ばす作用があるのはタンパク質です。

タンパク質を多く摂取すると縦に伸び、炭水化物や脂質に偏ると横に伸びると言われているほどなので、タンパク質をしっかり摂取することが大切。

タンパク質は20種類のアミノ酸の集合体なので、タンパク質を摂取することは、体内のアミノ酸濃度を高めるということ。

ちなみにアミノ酸の中でも、身長を伸ばす際に大切なもののひとつにグリシンがあります。

グリシンはDNAやRNAの遺伝情報を持ち、その化学反応でタイプⅠコラーゲンが合成され、それが骨端線に作用することで骨が伸びることに。

だからこそ、グリシンを豊富に含んだタンパク質を摂取すると、思春期の身長の伸びを成長ホルモンとともに支えてくれます。

本当に基本的なことですが、思春期の身長を伸ばすには、生活習慣を少しでも身長が伸びやすい状態に改善することが大切。

思春期や成長期が到来したということは、身長が急激に伸びる可能性もありますが、身長を伸ばすことができる時間が限られているということでもあります。

身長を伸ばすことができるタイムリミットは、思春期や成長期が終わるまでですで、その事を理解して、少しでも良い生活習慣に改善してくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!