プロテインサプリメントは、子供に摂取させるべきではない本当の理由を知っていますか?

子供の背を伸ばす為にはプロテインサプリメントが効果的だとか、逆に背が伸びなくなるとか・・・様々なことが言われていますが、実際に子供に必要なのでしょうか?

子供にプロテインサプリメントが必要なのか、それとも不要なのか?その答えと理由を紹介します。

プロテインサプリメントとはどのような栄養成分のこと?

プロテインサプリメントと言えば、屈強なボディービルダーの人が飲んでいることもあり、体を大きくする効果がある成分が豊富に配合されていると思いがちです。

しかし、プロテインとは日本語で言えば「タンパク質のことですので、特別に変わった成分なわけでもなく、普段の食事でも摂取することができる一般的な栄養素のこと。

タンパク質は様々な食材に含まれており、お肉の場合は、鳥ムネ肉→牛もも肉→豚もも肉という順番で含有量が多くなっていきます。

またお肉以外にも魚や卵、大豆製品などにも豊富に含まれていますので、実は普段の食事でも摂取できている栄養素のひとつ。

プロテインサプリメントの種類と原材料や特徴は?

市販のプロテインサプリメントには、「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」という3つの種類があり、原材料や加工方法等が異なります。

実際にどのような違いや特徴があるのか?それぞれのプロテインについて簡単に紹介。

プロテインは原材料によっては、アレルギー反応を起こしてしまう子供もいますので、原材料までしっかり知っておく必要があります。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、最も多くのプロテインサプリメントで使用されている成分で、牛乳を原材料にしている乳清タンパク質。

ホエイプロテインの特徴は、タンパク質の含有量が多いこと、そして吸収が早く体の材料になりやすいことです。

しかし効果の持続時間が短く、過剰摂取をすると体脂肪になりやすいというデメリットも。

必須アミノ酸を全て含んでいるだけではなく、運動によって失われやすいBCAA(分岐鎖アミノ酸)も豊富に含んでいるので、運動による筋肉の分解を抑制し、疲労を軽減する効果も期待できます。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとは、ホエイプロテインと同じように牛乳を原料にしている乳清タンパク質のこと。

その特徴は効果が長時間持続しやすく、筋肉の分解を抑制する効果が高く、吸収に時間がかかるという意味で、ホエイプロテインと真逆の性質があります。

市販されているプロテインサプリメントには、ホエイプロテインとカゼインプロテインが混在したものが多数存在。

組み合わせることで、体内に長時間滞在してくれるので、満腹感も出やすくダイエットをしている人や栄養補給という意味でもおすすめのプロテインです。

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、大豆由来のタンパク質で大豆イソフラボンが女性ホルモンと似ている構造なので、女性らしい体を作る効果が期待できるプロテインのこと。

長時間効果が持続しやすく、代謝を活発にする効果が期待できますが、吸収に時間がかかることと、飲みにくいことがデメリットです。

大豆に含まれるイソフラボンやサボニンなどの成分には、抗酸化作用やコレステロール値低下作用、ホルモンバランスを正常に保つ効果も期待できますので、健康食品に使われていることもあります。

子供にプロテインサプリメントは必要なのか?

タンパク質は、子供が成長する為に必要な栄養素であることは間違いないので、プロテインは必ず摂取する必要がある栄養素。

しかもサプリメントに加工されていることで、吸収率をUPさせていたり、脂質を抑制できたり、と手軽にタンパク質を摂取するという意味ではメリットがあると考えられます。

プロテインサプリメントを摂取することは、肉や魚を食べていることと一緒。

1日のタンパク質推奨摂取量は、幼児は45g、6〜8歳までは55~60g、9〜11歳までは65~75g、12〜14歳までは70~85g、15〜17歳までは65~80g、成人は55~70gが理想的です。

50gのタンパク質を摂取するためには鶏肉なら200g、大豆なら300g程度を目安に、1回の食事での摂取量を30g程度に抑えながら食べる必要があります。

だから、普段の食事で補えない分をサプリメントで摂取するという考え方の方が良いでしょう。

子供の場合、プロテインサプリメントが必要なほどの激しいトレーニングを行うわけでもなく、筋肉量を大幅にアップさせたり、維持したりすることを目的にしているわけではありませんよね?

だから、プロテインに特化したサプリメントを飲む必要はありません。

しかも子供用のプロテインサプリメントには、実はそこまで大量のプロテインが含まれていません。

プロテイン以外のカルシウムやマグネシウムなどの栄養素、子供が飲み続けられるように様々な味付けに関する栄養素が大量に含まれています。

子供にプロテインサプリメントが必要ない本当の理由とは?

そして最も恐ろしいのは、プロテインサプリメントによるタンパク質の過剰摂取です。

タンパク質自体は過剰に摂取しても肝臓で分解し、不要分は体外に排出されますので、タンパク質が体に蓄積されることはありません。

しかしこの肝臓が疲弊するほどの過剰摂取が続くことで、成長ホルモンをソマトメジンCという骨を直接伸ばすためのホルモンの分泌が、効率的に行えなくなると言うことが危惧されます。

身長を伸ばすという意味では、過剰摂取が続くと逆効果になるということ。

それだけではなく、アレルギーや肝臓病気、大腸がんなどを誘発したり、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高める可能性すらあることがわかっています。

このようなリスクをおかしてまで、子供にプロテインサプリメントを飲ませるメリットはありません。

子供の背が伸びる為に必要な栄養素はタンパク質だけではなく、カルシウムやマグネシウム、亜鉛やビタミンなどです。

普段の食事でもある程度補うことができているタンパク質は、プロテインサプリメントで摂取するのではなく、プロテインも含んでいるバランス型のサプリメントで摂取することが大切だということ。

タンパク質に特化しすぎること、原材料が合成成分のタンパク質もありますので、どんな成分で構成されているのかもチェックが必要です。

子供の成長には、これだけを摂取すれば良いという栄養素はありませんので、しっかりとバランスよく摂取するようにしましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!