太ってる子が急激なダイエットを行うと身長が伸びなくなるんです。太っていたり、肥満体型だと身長が伸びないということで、ダイエットを決意して身長を伸ばそうと考える子もいますが、成長期における急激なダイエットは逆効果で身長が伸びなくなることもあるのでダイエット方法に注意する必要があります。

太ってる子や肥満体型の子供に起こる変化とは?

最近、急激な勢いで増えてる肥満児や太り気味の子供たち。様々な社会的要因が複雑に絡み合っていることでしばらくはこの傾向が変わることがないと考えられています。肥満児や太っている子供たちに共通する問題が背の伸び悩みです。

横には大きくなるものの身長が伸び悩むことで、どんどん肥満傾向が強く現れていきます。ではなぜ太っている子供の身長が伸びないのか?太っている子供の体の中で起こっている変化とは?衝撃の事実を紹介します。

太っている子供は早熟傾向が高まり、成長期が早く終る。

肥満傾向がある子供に多い脂肪細胞。この脂肪細胞から分泌されるホルモンに「レプチン」があります。レプチンとは食欲や代謝に関係するホルモンなので、これが分泌されることである程度のレベルで体を維持しようとします。

しかしこのレプチンには、もう一つの効果があるんです。それが性機能の維持や性成熟を早めてしまう効果です。肥満体型になることでレプチンが標準体型の子供よりも増えてしまうと思春期の到来を周りの子供よりも早めてしまいます。

思春期が早く始まるということは、それだけ早く終るということ。思春期の終わり=成長期の終わりなので、それだけ身長が伸びる期間が短くなることで、本来成長できる背まで十分に伸び切らない事があるんです。

その結果、背が小さいのに太っているという更なる悩みを招くことにつながります。思春期が早いことで弊害がありますが、思春期を遅らせることは肉体的にも精神的にも何ら問題はありません。逆に子供の身長がしっかり伸びることになるので、思春期は早いよりも遅いほうが良いんです。

肥満傾向が強い子供ほど、運動不足で骨に刺激が入らない。

背が伸びる事は骨を伸ばすことです。骨も伸びるためには運動による刺激が必要です。しかし肥満傾向や太っている子供は運動が苦手です。最近は太っている子供だけではなく、全体的に子供の体力低下に拍車がかかっています。

これは小さい頃から体を動かす習慣がないことで、運動神経が伸び悩み、その結果運動嫌いに拍車がかかっているという現実があるからです。小さい頃から運動をしている子供は体型も太りにくいですし、運動能力もどんどん高まります。

逆に運動不足で太っている子供はその傾向が止まりません。最近の中学生に対する調査結果では、1週間の総運動時間が60分未満の生徒の割合が最も多く、男子では9.3%、なんと女子では31.1%もの子供が10分未満しか運動していないことがわかっています。

運動する機会がなければ食べた分のカロリーも消費できませんし、身長が伸びるために必要な骨への適切な刺激も入らないので、どんどん悪循環が進んでいくことになります。

高脂肪食ばかり食べていることでさらなる肥満と身長の伸びが止まる

子供が太ってしまう要因は、運動不足か食べているものが悪いかのどっちかです。最近はインスタント食品や冷凍食品、ファーストフードやジャンクな食べ物を好む子供が増えていますし、お菓子やチョコレートが好きでいつも食べている子供も多いでしょう。

そういった高脂肪食は、単に太りやすいだけではなく、成長に必要な栄養素を持っていないので、脂肪分とカロリーだけでお腹がいっぱいになってしまうという悪い作用しかありません。

そしてリン酸塩が含まれていることで、カルシウムが骨から溶け出しどんどん体外に排出されてしまうです。つまり骨の成長に必要な大事な栄養素をどんどん失ってしまう結果になります。だから身長が伸びなくなるのも当然です。

tape-403590_640

成長期に急激なダイエットを行うと身長が伸びなくなる!

肥満や太っていることで起こる悪循環を改善しようと思って、今日からダイエットに取り組もうと思う人や既にダイエットをしているけどなかなか痩せることもできないと悩んでいる人もいるでしょう。

成長期のダイエットは大人のダイエットと違って幾つかの注意点があります。この注意点を知らずして急激なダイエットを行ってしまうとこれも背を伸ばすという意味では逆効果になってしまうんです。

そこで成長期にダイエットを行う際の注意点を紹介します。くれぐれもこの点に注意してダイエットを行うようにしてください。

成長期に食事制限ダイエットを行うと栄養不足になる。

成長期の子供は実は1日3食では身長を伸ばすための栄養素が不足しているんです。そこに食事制限を伴う大人がするようなダイエットをしたらどうなるのか?これは身長を伸ばすどころか、普段の生活で傷ついた体の細胞を修復するための栄養素まで不足してしまいます。

肌荒れやニキビ、疲れやすくなったりダルさが抜けなかったりと様々な弊害が起こることが懸念されます。だから成長期の子供は食事制限を伴うダイエットを行うべきではありません。

急激なダイエットは、ストレスが増えてホルモンバランスが乱れる。

急激なダイエットというのは、体に対して負荷をかけているようなものです。成長期の子供はまだまだ大人と違って、心も体も成長段階にあります。そんな状態の中で、あえて自らそのバランスを崩すことは悪影響しかありません。

成長期のストレスは、ホルモンバランスを悪化させ、成長ホルモンの分泌量を抑制して仕舞うこともわかっています。そうなっては完全に逆効果です。成長ホルモンが出なければ身長を伸ばすことはできません。

成長期の子供におすすめのダイエット方法や考え方とは?

成長期の子供がダイエットをする際に必要なことは、食事制限ではなく運動を行うことで諸費カロリーを増やす方法です。運動と言ってもスポーツのような激しいものではなくて大丈夫です。

1日30分〜1時間、近所を歩くだけでも全然違います。人間は40分ほど歩くことで幸せホルモンのセロトニンが分泌されるようになりますし、有酸素運動を行うことでカロリーも消費できます。

走ることで膝や足を痛めたりすることもあるので、慣れないうちは本当に歩くだけで大丈夫です。できれはいつもより少し大股で早歩きをするとより効果的です。まずは運動を続けることが大切なんです。

運動することでダラダラと家で横になってお菓子を食べる時間も減りますし、食事を美味しく感じることができ、適度な疲労感が睡眠時間を早めたり、睡眠の質をより良いものに変えてくれます。

それに合わせて脂肪分の高いおかずや食事から、低脂肪高タンパク質のおかずに変えたり、白米にもち麦や押し麦、玄米を混ぜることでもダイエット効果は高まりますし、成長に必要な栄養素をしっかり摂取することができる様になります。

成長期の子供は、動いて痩せる。これが本当に基本的な考え方だという事を理解してください。食事制限を伴う急激なダイエットは背を伸ばすという意味でも逆効果であるということをしっかりと理解するようにしましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!