夜更かしすると身長が伸びなくなる3つの理由があるのを知っていますか?夜更かしは子供の成長に関して非常に大きな影響を与えることなんです。実際に夜更かしをすることで体に起こる変化を3つのポイントに絞って紹介します。夜更かしは百害あって一利なし。背を伸ばす為にも生活リズムを変えていきましょう。

夜更かしすると身長が伸びなくなる3つの理由とは?

夜更かしが体の成長にとって良くないことはわかっていても中学生や高校生になると遅くまで起きていることが習慣化してしまう子供が多いんです。しかし夜更かしは体の成長と脳の発育に悪影響を与えることがわかっていますので、夜更かしをしがちな子供は注意が必要です。

成長ホルモンの分泌を妨げる

夜更かしをすることで成長ホルモンの分泌量が減少するという話をよく聞くことがあると思います。成長ホルモンが効率的に分泌されるのには、22時〜2時の間にノンレム睡眠の状態にあることが大切です。

入眠するまでに5〜20分の時間がかかり、ノンレム睡眠の最も深い時間が入眠後30分経過後に訪れますのでその時間に最も成長ホルモンが効率よく分泌される時間帯を持ってくる必要があります。入眠後最初の2回のノンレム睡眠のタイミングで成長ホルモンが分泌されますので、その時間にしっかりと成長ホルモンを分泌させて骨を伸ばすことが大切です。

また夜更かしをすることで夜遅くに食事の習慣がある人は成長ホルモンの分泌量を抑制してしまっています。成長ホルモンを分泌させるためには、血糖値がある程度下がっていることが条件のひとつです。夜遅くに食事をすることで血糖値が上がってしまい成長ホルモンの分泌が悪くなります。

少なくとも睡眠の2時間前までには夕食を済ませるようにしましょう。もし難しい場合には、消化に負担のかからないもの、消化の早い食事にするなど工夫をしてください。

体が早熟して成長期が短くなる。

成長期が遅く来ること、成長期が長く続くことも身長が伸びる際には重要なポイントです。しかし夜更かしの傾向が高かったり、睡眠不足が続いたりすることでメラトニンの分泌量が減少します。

このメラトニンは成熟性を抑える作用がありますので、メラトニンがしっかりと分泌されている子供の場合、早熟傾向が弱まるということに繋がり、それが成長期を長くすることになります。

しかしメラトニンは夕方から夜にかけてしか分泌されず、夜に強い光を浴びるとその分泌量が減少する傾向がありますので、結果として早熟になり身長が伸びる期間が短くなってしまうんです。だから夜更かしをやめてしっかり寝ることが大切なんです。

肥満リスクが高まり、身長の伸びを妨げる

2005年以降、小児肥満が増加していることがわかっており、この小児肥満の原因のひとつに夜更かしが上げられています。夜更かしをしている子供の多くが、朝学校に行く前にギリギリまで寝ている習慣があり、朝食を食べなかったり、トイレに行く時間が無かったりと不規則な生活を送り、便秘になります。

そして夜更かしをすることでよるお腹が空き夜食を食べるようになったり、夕食の時間が遅くなる傾向があります。成長ホルモンは夜間の脂肪分解にも効果的な影響があり、成長ホルモンが分泌されていると肥満傾向を回避できます。

肥満傾向のある子供の場合、実は体は早熟傾向にあり成長期が短くなることに繋がります。先ほど、2005年以降に小児肥満が増えているという話をしましたが、実は日本人の平均身長の伸びがほぼ止まったのも2005年です。それから10年ほどの期間、実は日本人の平均身長はほぼ止まっています。

夜更かしするとやはり身長が伸びなくなる!

この様に夜更かしをすること、睡眠時間が不足することで、あなたが気づかないだけで体の中では身長が伸び悩む方向にどんどんシフトしてしまうんです。子供の身長が伸びるのは成長期だけです。その期間にしっかり成長させるためにも、

  • 成長ホルモンの分泌を妨げる
  • 体が早熟して成長期が短くなる。
  • 肥満リスクが高まり、身長の伸びを妨げる

この3つのポイントを意識して、しっかりと体を成長させるようにしましょう。夜更かしは体の成長だけではなく、朝日を浴びる機会を減少させることでセロトニンの分泌量を抑制し、イライラしやすくなったり、集中力や注意力の欠如を招き、その結果精神不安からうつ病を発症することもありますので、十分に注意しましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!