あなたは子供の身長が伸びるメカニズムや仕組みを理解していますか?なんとなくなら説明できるとか、成長ホルモンが大事なんでしょ。という簡単な解説ができる人は多いと思いますが、その仕組みやメカニズムをしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか?

しかしこの子供の身長が伸びるメカニズムや仕組みを理解することが、子供の身長をしっかり伸ばしてあげる第一歩なんです。そこでこの記事では、子供の身長が伸びるメカニズムや仕組み、どうすれば少しでも身長が伸びるチャンスを増やせるのか?ということを紹介します。

骨端線があるうちしか、子供の身長を伸ばすことができない!

既に別の記事でも骨端線のことについては紹介していますので、既に理解しているという人もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは更に深い部分まで詳しく説明しますので新しい学びや気付きがあると思います。

子供の身長が伸びるということは骨が伸びるということであり、骨がいつまで伸び続けるのか?というのは主に股関節や膝関節、つまり人体で最も大きな骨である大腿骨の端にある骨端線の成長が鍵を握っています。

骨端線とは子供の骨にしか無いもので、骨の両端にある軟骨部分でここで軟骨の破壊と再生が繰り返されることで新しい骨の組織がどんどん生み出されていきます。言い換えると骨端線は「骨の伸びしろ」これが無くなってしまうと骨が伸びなくなり、身長の伸びが止まってしまいます。

骨端線の成長には、「成長ホルモン」・「性ホルモン」・「甲状腺ホルモン」という3つのホルモンが大きく関わっていることがわかっています。この3つのホルモンのバランスが骨端線の成長を左右するんです。

成長ホルモンの骨端線への効果を解説

成長ホルモンとはその名の通り人間の体を成長させるために最も重要なホルモンで、脳下垂体という場所で分泌される身長が伸びる為には欠かせない成分です。成長ホルモンが血液にのって肝臓に運ばれることで、「ソマトメジンC(IGF-I)」と呼ばれる成長因子が作られ血液中に放出されます。

このソマトメジンCが骨に届いて働きかけることで骨端線の軟骨細胞が増殖して骨を縦方向に伸ばし、身長を伸ばしてくれます。

このソマトメジンCは万能細胞のような作用があり、成長期には骨の成長を促し、成長期が終わると筋肉を太くしたり、血管や神経などの体組織を作る働きをするようになります。高校球児とプロ野球選手の体の違いを想像するとわかりやすいと思います。

成長期が終わりプロ野球選手になってトレーニングを続けることでスリムだった高校球児がどんどん筋肉質に変化し、凄くごつい体つきになりますよね?あれがソマトメジンCの働きによる骨の成長後の筋肉への効果なんです。

性ホルモンの骨端線への効果を解説

性ホルモンとは子供の体から大人の体になるように促すホルモンで、原因は解明されていないものの、思春期になると活発に分泌されるようになるホルモンです。

男の子は男性ホルモンが分泌されて声変わりや髭が生えるようになり、女の子は女性ホルモンが分泌されて胸が膨らみ初潮を迎えます。つまり第二次成長期になると盛んに分泌されるようになるホルモンのことなんです。

この性ホルモンには成長ホルモンの分泌を促進したり、骨に直接働きかけることで骨の成長を促す(背を伸ばす)働きがありますがその一方で、大人の体に変化させ身長の伸びを止める働きも担っているのです。

つまり性ホルモンには骨の成長を止める効果があるんです。

思春期に入ると身長の伸びが急激に増え、その後急激に減少するのはまさにこの性ホルモンが骨に直接作用している証拠です。身長の伸びのラストスパートをするのが性ホルモンの働きです。

特に女性ホルモンは骨端線を閉じる作用があるので、男子よりも女子のほうが身長の伸びが早く終わるのはそのためです。思春期でも骨端線が残っていれば身長は伸びますが、2〜3年もすればほとんど閉じてしまい、体の成長が止まります。

甲状腺ホルモンの骨端線への効果を解説

甲状腺ホルモンには骨の成長を促進したり、細胞の新陳代謝を促進したり、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

もし甲状腺の機能障害があり、甲状腺ホルモンが上手く分泌されない状態が続くと骨の成長や成長ホルモンの分泌にとっても悪影響が出ますので、低身長症などの症状を発症することにもつながりかねません。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!