あなたは子供の身長が伸びるメカニズムや仕組みを、しっかり理解することがでいますか?

なんとなく説明できるとか、成長ホルモンが大事だよねという簡単な解説ができる人は多いと思いますが、その仕組みやメカニズムをしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか?

しかしこの子供の身長が伸びるメカニズムや仕組みを理解することが、子供の身長をしっかり伸ばしてあげる第一歩。

この記事では、子供の身長が伸びるメカニズムや仕組み、どうすれば身長が伸びるチャンスを増やせるのかということを紹介しますので、特に成長期の子供をお持ちのお母さんは参考にしてください。

骨の骨端線が閉鎖する前しか、子供の身長を伸ばすことができない!

別の記事でも骨端線のことについては紹介していますので、すでにに理解しているという人もいらっしゃるかもしれません。

しかしこの記事では、骨の骨端線のことをさらに深掘りして、詳しく説明しますので新しい気付きがあると思います。

子供の身長が伸びるということは、骨が伸びるということであり、骨がいつまで伸び続けるのか?ということを理解しておくことも大切。

股関節や膝関節、人体で最も大きな骨である大腿骨の端にある骨端線の成長が、最終的な身長の高さに大きな影響を与えます。

骨端線とは、子供の骨にしか無いもので、骨の両端にある軟骨部分のこと。

ここで軟骨の破壊と再生が繰り返され、再生が優位に進むことで、新しい骨の組織がどんどん生み出されていきます。

言い換えると骨端線は、骨の伸びしろだということ。これが無くなってしまうと骨が伸びなくなり、身長の伸びが止まってしまうことに。

骨端線の成長には、「成長ホルモン」・「性ホルモン」・「甲状腺ホルモン」という3つのホルモンが大きく関わっていることがわかっています。

この3つのホルモンのバランスが、骨端線の成長を左右しますので、少し詳しく説明します。

成長ホルモンの骨端線への効果と作用を解説します。

成長ホルモンとは、その名の通り人間の体を成長させるために最も重要なホルモンで、脳下垂体という場所で分泌され、身長が伸びる為には欠かせない成分。

成長ホルモンが血液にのって肝臓に運ばれることで、ソマトメジンC(IGF-I)と呼ばれる成長因子が作られ血液中に放出されます。

このソマトメジンCが、骨端線の軟骨細胞部分に骨に届いて働きかけることで、骨端線の軟骨細胞が増殖して骨を縦方向に伸ばし、身長を伸ばすことに

このソマトメジンCは万能細胞のような作用があり、成長期には骨の成長を促し、成長期が終わると筋肉を太くしたり、血管や神経などの体組織を作る働きをするようになります。

高校球児とプロ野球選手の体の違いを想像するとわかりやすいと思いますが、高校球児はどれだけトレーニングをしても。プロ野球選手のような体つきにはなりにくいですよね。

成長期が終わりプロ野球選手になってトレーニングを続けることで、スリムだった高校球児がどんどん筋肉質に変化し、凄くごつい体つきになりますよね?

あれがソマトメジンCの働きによる、骨の成長後の筋肉への効果です。

性ホルモンの骨端線への効果と作用を解説します。

性ホルモンとは子供の体から大人の体になるように促すホルモンで、原因は解明されていないものの、思春期になると活発に分泌されるようになるホルモンです。

男の子は男性ホルモンが分泌されて声変わりや髭が生えるようになり、女の子は女性ホルモンが分泌されて胸が膨らみ初潮を迎え、生理が始まることに。

つまり第二次成長期になると、盛んに分泌されるようになるホルモンのこと。

この性ホルモンには成長ホルモンの分泌を促進したり、骨に直接働きかけることで骨の成長を促す(背を伸ばす)働きがあります。

その一方で、大人の体に変化させ身長の伸びを止める働きも担っていますので、成長期の後半部分で、特にその作用が強くなる傾向が。

つまり性ホルモンには、骨の成長を止める効果があります。

思春期に入ると身長の伸びが急激に増え、その後急激に減少するのはまさにこの性ホルモンが骨に直接作用している証拠。

身長の伸びのラストスパートで一時的な手助けをするのが、性ホルモンの働き。

特に女性ホルモンは骨端線を閉じる作用があるので、男子よりも女子のほうが身長の伸びが早く終わるのはその影響を強く受けるため。

思春期でも骨端線が残っていれば身長は伸びますが、2〜3年もすればほとんど閉じてしまい、体の成長が止まります。

甲状腺ホルモンの骨端線への効果と作用を解説します。

甲状腺ホルモンには骨の成長を促進したり、細胞の新陳代謝を促進したり、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

もし甲状腺の機能障害があり、甲状腺ホルモンが上手く分泌されない状態が続くと骨の成長や成長ホルモンの分泌にとっても悪影響が出ますので、低身長症などの症状を発症する可能性も。

あまり子供の成長や身長を伸ばす際には、話題に出ない甲状腺ホルモンですが、非常に大切なサポート役だということを理解しましょう。

骨端線の閉鎖前に成長ホルモンの分泌量とタンパク質の摂取が大切!

成長期の子供が身長を伸ばすためには、骨をしっかり伸ばす努力をすることが必要です。

成長ホルモンの分泌量を増やすことの重要性、性ホルモンや甲状腺ホルモンとの関係性もなんとなくわかったでしょう。

でも成長ホルモンが分泌されても、骨を伸ばす原材料がなければ、効果的にその効果を実感することはできません。

では何が必要なのかと言えば、骨の原材料で最も大切なタンパク質。

タンパク質は体内に吸収される際にアミノ酸に分解され、それを原料に体内でコラーゲンを産生。

このコラーゲンが骨の骨端線の軟骨細胞で、骨の骨格部分を形成するために、一番最初に使われる栄養成分です。

だから普段の食事でしっかりタンパク質を中心に、栄養バランスの整った食事を摂取することが大切。

あなたがどんなに大量に成長ホルモンを分泌出来たとしても、成長に必要な栄養素が不足していては、まったく意味がありません。

成長期の身長を伸ばす栄養素は普段の食事だけでは不足しがち。

成長期の子供は、大人よりも大量の栄養素を常に必要としていますが、その全てを普段の食事だけで摂取するのは非常に難しいこと。

特に女の子の場合には、ダイエットが気になったり、好き嫌いが多かったり、小食だったりと、栄養摂取以上に気になることが満載ですよね。

そんな時に役立つのが、普段の食事+身長サプリメントという考え方。

身長サプリメントにも様々な種類がありますが、実際に摂取できる栄養成分の種類と摂取量を考えることが基本。

タンパク質を中心に栄養バランスに優れた商品を選ぶと、普段の食事で摂取しきれない栄養素をしっかり摂取できるので、非常におすすめです。

もしあなたが小学校高学年や中学生、高校生のお子様の身長の伸びに悩んでいるのなら、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファがおすすめ。

身長に対する効果をしっかり実感するためにも、3ヶ月〜6ヶ月間ほど飲み続けることで、実際の変化を感じることができるでしょう。

よく1ヶ月だけ飲ませて変化なし。という人がいますが、1ヶ月では劇的な変化などは起こりませんので、やはりしばらく飲み続けることが大切であるということを理解しましょう。

本当に成長期までしか、子供の身長を伸ばすことができませんので、この間にどこまで伸ばせるのか?骨端線が閉鎖する前に、子供にできることをしっかりやってあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!