日本人の子供の思春期が年々早くなっていること、思春期に伸びる身長に限りがあることなどを考えると実は子供の身長を伸ばすためには思春期以前にどこまで大きく成長させることができるのか?ということがどれだけ重要であるのかということがわかると思います。そこで成長ホルモンと食事の関係について少し紹介します。

思春期に子供の身長が伸びるのはラストスパート!

今日から意識してほしいことは、「思春期に子供の身長が伸びるのはラストスパート!」であるということです。つまり成長ホルモンが十分に分泌され、性ホルモンが分泌されるようになる前までの期間が大事なんです。

子供の身長が最も伸びるのは生後1年間です。50cmで生まれた子供も1年後には75cmとほぼ1.5倍にも成長するんです。4歳児になる頃には100cmになるのが平均的な子供の成長状態です。

この時期の子供は成長ホルモンの影響ではなく食事内容の影響で発育状況が変わってきます。ミルクを飲んだり、離乳食や一般食をしっかり食べてる子供にやはり発育状況が良い傾向があります。なのでまずは4歳児の段階での発育状況がひとつ目の指標になります。

母乳育児と粉ミルクによる子供の成長の違いはあるのか?

子供を母乳で育てる場合と粉ミルクで育てる場合にその後の身長に違いが出るのか?という疑問を持たれる人もいると思いますが、これは一長一短があるのでどちらが良いとは言い切れない部分です。

生後間もない赤ちゃんは免疫機能がないので母親の母乳を飲むことで免疫力を高め病気になるのを予防しています。しかし母親の体調によっては母乳が出にくい人もいれば、体調不良等で栄養が十分にない母乳を飲むこともあるでしょう。

それに対し、粉ミルクであればどれだけ飲んだかは分かりますし、栄養バランスも母乳に比べると安定しているという特徴があります。ただ免疫力を母親から受け継ぐことができないというデメリットはあります。

個人的には母乳育児と粉ミルクをうまく使い分けるのが良いのではないかと思います。母乳だけで育てたいという気持ちもわかりますが、赤ちゃんの成長には栄養は必須です。そういった面では粉ミルクは考えられた栄養素が配合されているのでメリットが高いはずです。

子供に成長ホルモンが分泌されるのは4歳頃から!

子供の身長に影響を与える成長ホルモンが分泌されるのは4歳頃からだと言われています。4歳児になるとそれまでよりも身長の伸び率が一旦低下して、年間5〜7cmほどになります。この時期がまず第一のチェック段階です。

幼稚園や保育園に通い始めると思うので、周りの子と比べて背が大きいのか小さいのかが明確になってきます。子供も食べ物の好き嫌いが始まり、なんでも食べる子、偏食になる子が出てきますので、できるだけなんでも食べるように工夫しましょう。

あまり気づかないかもしれませんが、この時期の食習慣が小学校〜思春期へと繋がっていきますので、子供が喜んで何でも食べるよう親や周りの協力でどんどん変えておきましょう。

身長の伸びるラストスパートである思春期では男子は25〜35cm、女子は25cmくらいしか身長は伸びません。

なので思春期が始まる9歳くらいまでの間にどれだけ背が伸びているのか?これが重要なんです。思春期で伸びる量が決まっている以上は、それまでにどれだけ大きくなっているのかで最終的な身長が決まります。

成長ホルモンが分泌され始める4歳から9歳までの子供の成長が本当に大事であることをしっかり理解して、思春期を迎える前に少しでも大きく成長させておくことで子供の理想の身長を目指していきましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!