骨端線は復活するのか?これ疑問に思っている人も多いと思います。

子供の身長を伸ばすために、骨端線が重要な部分であることは多くの人が知っているものの。

なぜ、骨端線が閉じるのか?

どうすれば骨端線を閉じにくくすることができるのか?疑問に思っている人も多いでしょう。

そこで、子供の身長と重要な関連性のある骨端線に対する考え方や対策を紹介します。

骨端線が子供の身長に与える影響とは?

8b45178e914ba540ceff78d998d6f37c_s

骨端線とは、子供の骨の両端の骨端軟骨に存在する軟骨の集合体のこと。

この骨端線をどれだけ長い期間、残すことができるのかということが、子供の身長をにとって非常に大切です。

骨端線が残っている間だけ、子供の骨を伸ばすことができるんです。

だから骨端線を少しでも長く残すことが、子供の身長を最終的に高くすることに繋がるんです。

骨端線が残っているのかどうかも確認可能。

骨端線はレントゲン撮影をすることで、その状態を確認することができます。

もしレントゲン写真を取った時に、骨端線がしっかり写っていれば、まだ身長の伸びしろがあると考えられます。

骨端線の軟骨部分(骨端軟骨板)では、破骨細胞と骨芽細胞が活発に活動することで、骨の破壊と再生が繰り返されています。

この際に骨芽細胞の動きが活発になることで、どんどん新しい骨が生み出され、骨が伸びることが身長を伸ばすことに繋がるんです。

骨端線が完全に閉鎖すると、身長は伸びません。

骨端軟骨板で、骨の軟骨部分にカルシウムとリンが吸着され、それがミネラルで固められることで丈夫な骨に変化します。

この丈夫な骨と骨端軟骨の境目こそが、「骨端線」と呼ばれる子供の身長が伸びている最も大事な場所です。

骨端線が閉じる原因とは!

f3826e8d75bea5dcf8c7e2a7fb81b9f7_s

骨端線は子供の骨にしかなく、大人になるに連れて徐々に閉鎖しはじめます。

骨端線が完全に閉じることで骨が伸びなくなり、身長も伸びなくなります。

だから、骨端線が閉じない方法とか?骨端線を復活させることができないのか?と考えている人が多いんです。

なぜ、骨端線が閉じるのか?

それは子供から大人への体の変化に伴うホルモンバランスの影響を受けることで、骨端線が閉じる仕組みがあるから。

もし骨端線が閉じなければ、人は生きている限り常に身長が伸び続けることになるので、それはそれで困りものですよね。

骨端線が閉じるのは、エストロゲンという女性ホルモンの影響です。

男性はエストロゲンを分泌していないのでは、と思う人もいるかもしれませんが、実は男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られます。

だから性別に関係なく、エストロゲンの影響で骨端線が閉鎖し、身長の伸びが止まります。

女の子の方が早い段階からエストロゲンが豊富に分泌されているために、骨端線が早く閉じます。

男の子でも思春期の後期にテストステロンの分泌量の増加にあわせて、エストロゲンの量が増え、骨端線が閉じます。

性腺ホルモンのエストロゲンやテストステロンには、2つの効果があります。

ひとつは、思春期には成長ホルモンの分泌を促進することで、子供の身長を大幅に伸ばす効果。

もうひとつが、骨の成熟を促進して骨端線を閉鎖する効果。

実は、身長にとってメリットとデメリットのあるホルモンです。

骨端線が閉じる年齢は、一般的に男の子の場合は17歳〜18歳、女の子の場合は15〜16歳頃。

稀に成人しても骨端線が残っている人がいて、男性だと25歳くらい女性でも22歳くらいまで、骨端線が残っている影響で、身長が伸び続ける人もいます。

閉鎖した骨端線を復活させることはできるのか?

9ac14afff2b72e34d5c138ac21c4ee26_s

第二次性徴期が終わり、骨端線が閉じてしまった後に骨端線を復活させる方法はないのか?

そう考えている人には非常に残念な話ですが、骨端線を復活させる方法は現代医学ではありません。

将来的にも、一度閉じてしまった骨端線を復活させることはできないと考えられています。

だから、現時点では骨端線を復活・再生させることはできません。

だからこそ、骨端線が残っている間に、どれだけ身長をしっかり伸ばしてあげるのか。

そこが非常に大切です。

身長が伸びるのは、骨端線があるタイミングでしっかりと成長ホルモンが分泌されることが大切。

成長ホルモンの影響で、骨端線が伸びる仕組みが機能するんです。

骨端線の軟骨部分で、骨を積極的に伸ばす栄養素とは?

9e94f0097cc89ccf190d5517c7c4e670_s

骨端線の軟骨部分の細胞の働きを活性化させ骨を伸ばすためには、ソマトメジンCというホルモンが必要。

この ソマトメジンCはIGF-1とも呼ばれ、成長ホルモンを材料に肝臓で生み出される成分のことです。

その為にも、まずは成長ホルモンの分泌量を増やすことが大切。

肝臓が正常に機能して、ソマトメジンCを分泌できる状態にしてあげることも大切。

だから、肝臓に負担のかかることをしないことが大事です。

骨を作るために必要な栄養素であるコラーゲン(アミノ酸)、カルシウム、マグネシウムをしっかり摂取することも合わせて意識しましょう。

骨端線で軟骨が成長するためには、軟骨の材料になるコラーゲンが必要です。

その軟骨部分にカルシウムとマグネシウムが吸着することで、骨が固くなり丈夫な骨に変化していきます。

コラーゲンがなければ、骨の骨格部分を作ることができません。

ただコラーゲンはコラーゲンを摂取するよりも、アミノ酸を豊富に含んだたんぱく質を摂取する方が効率的。

その為にも、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランス良く摂取しましょう。

子供の身長を伸ばす為には、たんぱく質・カルシウム・マグネシウムを豊富に含んだ食事を、できるだけ小さな頃から豊富に食べさせてあげることが必要です。

さらに、亜鉛・ビタミンD・ビタミンKも骨の形成に重要な栄養素なので、これら6種類の栄養素を、バランス良く摂取することが大切です。

骨端線での骨の成長に必要なたんぱく質摂取量が激減している!

骨端線の軟骨細胞の細胞分裂の際に、骨を伸ばす栄養素の基本はたんぱく質だという話をしましたが、そのたんぱく質の摂取量が激減しているのを知っていますか?

日本人の平均身長が伸びはじめたのは、戦後の1950年以降の話。

それまでよりも子供の栄養状態が改善されたこと、戦争というストレスから開放されたこともあり、どんどん子供の身長が右肩上がりに成長しました。

それに合わせ、摂取カロリーも増え、様々な栄養素を豊富に普段の食事で摂取してきましたが、1994年〜2000年をピークに、摂取カロリーや栄養素の摂取状態に大幅な変化が。

摂取カロリーの最大は、1960〜70年代の2200kcalですが、1995年には2050kcalになり、2010年には1850Kcalまで減少。

実は戦後間もない時でも、1900kcalは摂取できていたので、それよりも摂取カロリーが減少してしまっているんです。

さらに問題なのが、たんぱく質摂取量の推移。

  • 1950年:68.0g
  • 1994年:79.7g
  • 2015年:69.1g

ほぼ戦後間もない状態と変わらないレベルまで低下しているのがわかると思います。

ちなみにカルシウム摂取量の推移も紹介すると、

  • 1950年:270mg
  • 1994年:545mg
  • 2015年:517mg

こちらも減少傾向にありますが、たんぱく質ほどではありません。

たんぱく質もカルシウムも骨の成長に必要な栄養素ですので、ここまで減少していることで、2000年以降の日本人の平均身長が伸び悩み、縮んでいる状況も納得できると思います。

骨端線が完全に閉じるまでが、子供の身長を伸ばすチャンス!

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

ここまでお話すれば、骨端線と身長の関係が理解できたと思います。

成長期の終わりは、骨端線が閉じることを意味します。

骨端線が閉じることは、身長が伸びなくなることを意味します。

だからこそ、骨端線が完全に閉じる前に、しっかりと骨を伸ばす事を意識した食生活を送ることが大切。

子供の身長を伸ばす要因は3つ(睡眠・運動・食事)です。

この3つをバランス良く行うことで効率的に成長ホルモンを分泌させ、子供の身長を伸ばすサイクルを動かしましょう。

睡眠も運動も本人が意識することで、ある程度改善できることですが、食事はお母さんが何を用意するのかで大きく変わります。

基本的には、一汁三菜の考え方を取り入れた和食を中心とした食事が良いでしょう。

しかしお母さんも毎日忙しく、成長に効果的な料理を作り続けるのも大変ですよね?

そういう時には、総合栄養バランス型のサプリメントを活用することで、限られた成長期でしっかりと身長を伸ばすことができます。

私がおすすめするのは、カラダアルファです。

子供の身長は、お母さんの意識と行動次第。

少しでも多くの栄養素を、バランス良く摂取できる食事を作ってあげてください。

それが子供の身長を大きく左右することになります。

カラダアルファには、閉じる前の骨端線の成長に役立つ効果が期待できる!

karadaalpha-top

骨端線が閉じる前に、最低でも骨を伸ばす6種類の栄養素と成長ホルモンの分泌を促進させることが大事。

このことについては、なんとなくわかったと思います。

成長ホルモンの分泌促進サプリメントと言えば、アルギニンのDr.senobiru(ドクターセノビル)かな?

と思う人もいるかもしれませんが、アルギニンはサプリメントでの摂取では、成長ホルモンの分泌促進効果がないことが実証されています。

だから、成長ホルモンを増やそうと思っても無駄な話。

骨端線の軟骨部分が成長するのは、タンパク質のコラーゲンが大事でしたよね?

カラダアルファで摂取できる栄養素をチェックしてみましょう。

karada-eiyou2

これがカラダアルファ100gで摂取できる栄養素の内訳。

54%近くがタンパク質です。ここまで豊富にタンパク質を含有しているサプリメントは、カラダアルファだけ。

さらに天然成分なので、体への吸収率も高く、しっかり骨の骨端線に作用する期待が高いタンパク質です。

私も成長期の息子にカラダアルファを飲ませていますので、その効果は実証済。

少し小さめの粒なので、どこでも飲めるというのもうれしいポイントです!

手軽に成長に必要な栄養素を補う方法として、これ以上良いものはないのではないか?と思います。

もしあなたもお子さんの身長を伸ばしたいなら、カラダアルファをまずチェックすることをおすすめします。

骨端線が閉じてしまえば、復活させることも、子供の身長を伸ばすこともできません。

早熟化傾向が高まっている日本人。

既に平均身長が低下し始めていますので、限られた成長期と骨端線をしっかり活用していきましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!