骨端線と成長ホルモンの関係が、子供の身長を伸ばす効果を活性化したり高めてくれることがわかっています。

だからこそ、思春期の子供にはできるだけ多くの成長ホルモンの分泌させて、成長線とも言われる骨端線の軟骨組織での細胞分裂を増殖させることが大切。

その為にどのようなことを意識すればよいのか、骨端線と成長ホルモンの関係性も紹介しつつ、より効率的に身長を伸ばす方法を紹介します。

骨端線と成長ホルモンの身長に対する関係とは?

骨端線と成長ホルモンの関係を一言で言うなら、成長期にこの仕組みが活性化されないと、子供の背が急激に伸びることがないもの。

特に思春期後半になると、骨端線はどんどん閉鎖する方向に向かい、身長の伸び率が悪化するので、思春期前半でどれだけ効率的に身長を伸ばすことができるのかが大切。

大人の骨と子供の骨の大きな違いがこの骨端線と呼ばれる部分で、レントゲン撮影すると骨の両端に線が見えることで、骨端線や成長線とも呼ばれている骨年齢を示し指標のひとつ。

骨端線は性ホルモンの分泌量が増量する思春期後半になると、どんどん閉鎖する方向に縮んでいき、骨端線の軟骨部分での骨の細胞分裂が低下して、骨の成長が終わってしまうことに

この部分を誤解している人も多いのですが、骨端線に成長ホルモンが直接作用するのではありません。

脳下垂体で分泌された成長ホルモンは、肝臓でソマトメジンC(igf-1)という物質の分泌を促進し、そのソマトメジンCが骨端線の軟骨組織での細胞分裂を活性化させ、骨が伸びる仕組み。

だから成長ホルモンの分泌量を増やすことに合わせて、肝臓が疲弊していない状態を作り出すことも大切なこと。

骨端線の軟骨組織の活性化にはタンパク質などの栄養素も必要!

その際に骨端線の軟骨組織で骨の骨格を作るのが、タンパク質を構成するアミノ酸。

骨端線の軟骨組織でアミノ酸からコラーゲンを産生し、そのコラーゲンが骨の骨格を形成することで、骨が伸びて身長が伸びることに。

その骨格部分のコラーゲンにカルシウムが石灰化して付着することで、健康で丈夫な強い骨へとどんどん変化していきます。

多くの人がカルシウムが骨を伸ばすと誤解していますが、骨を伸ばすのはタンパク質で骨の強化を行うのがカルシウムの役割り。

この軟骨組織での骨の形成に必要な栄養素は、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンD、ビタミンKという6つなので、成長期には全てをしっかり摂取することが大切。

ただこの6つの栄養素はあくまでも骨を伸ばす効果のみですので、子供の成長には骨以外の筋肉や靭帯、皮膚や血管なども成長させることが必要になりますよね。

成長期が到来している10才以上の子供では、本当に様々な栄養素をバランス良く豊富に摂取するが必要です。

特に思春期後半では、成長ホルモンの分泌よりも性ホルモンの分泌量が増量されることで、どんどん骨端線の閉鎖が進みますので、この時期までには栄養素を意識的に摂取するようにしましょう。

骨端線が閉鎖すると成長ホルモンをいくら分泌しても身長は伸びない!

成長期の後半になると骨端線が閉鎖します。

これは骨年齢が進んで大人と同じ状態になることを意味していますが、身長を伸ばしたいと思う人にとっては、非常に悲しい現実に直面するということ。

男の子場合は18才以上、女の子の場合は17才以上になるとほぼ骨年齢が閉鎖してしまいますので、それ以降に成長ホルモンの分泌量をどれだけ増えても、身長を伸ばすことはほとんど出来ません。

その分、皮膚の再生や脂肪の燃焼など、成長ホルモンは別の部分への作用しか起こらない特徴が。

だからこそ、成長期の前半にどこまで身長を伸ばすことができるのかということが大切ですし、しっかり意識すべきポイントということ。

成長期に骨年齢が残っている状態で成長ホルモンの分泌量を増やす方法を実践することが、最も効率的に子供の身長を伸ばすことに繋がります。

そしてその成長ホルモンの効果を最大限に活用できるように、体内に豊富な栄養素を蓄えておくように意識しましょう。

医学的な成長ホルモン治療も骨端線の閉鎖後には全く効果がない。

大人になってから、身長を伸ばしたいと考える人も多く、そんな人に秘密の身長を伸ばす方法があるとか、成長ホルモンが配合されているサプリメントを飲めば身長が伸びるという人もいるかも。

しかし医学的にも骨年齢が上昇し、骨端線が閉鎖してしまった後では、成長ホルモンを注射や点滴等でどれだけ体内に補っても、止まった身長が伸びる事はありません。

これは医学的な見解ですので、どれだけ一企業が頑張って秘密の方法を編み出したとしても、全く効果のないものを高い値段で売りつけられてしまうだけなので注意が必要です。

だから低身長に対する医学的な治療方法も成長期の後半の時期に行うことは少なく、骨端線がしっかり残っている段階で行うことが、最も効率的で効果的だと考えられている状態。

このような骨端線と成長ホルモンの身長に対する関係性を理解しておくことが、子供の身長を伸ばすことにつながります。

大人になって骨端線が閉鎖してから、焦って効果のない方法を選ぶのではなく、骨が伸びる仕組みが体内に残っている思春期までにしっかり対策をしましょう。

あなたのお子さんの身長を伸ばすのも、伸ばさないのも成長期の前半までにどんな生活習慣で過ごすのかの影響を受けますので、栄養バランスも注意しながら大切な時期を過ごすようにして下さいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!