骨端線が閉じる前にアルギニンをしっかり摂取することで、成長ホルモンの分泌を促進することが、効果的に子供の背を伸ばすことに。

骨端線はいつ閉鎖してしまうのか?骨端線が残っているのか確認する方法と費用は?骨端線とアルギニンの関係などについて徹底検証。

子供の背を伸ばしたいと考えるのなら、成長期までのアルギニンやタンパク質摂取量が非常に大切ですよ。

子供の骨にある骨端線とは一体どのようなものなのか?

骨端線にどのような役割があるのかと簡単にいえば、子供の骨にだけある骨の伸びしろ部分。

骨が伸びる際に、骨端線の軟骨細胞部分で細胞分裂が繰り返されます。その際に骨の破壊と再生が繰り返され、再生力が勝った場合のみ、骨が伸びることに。

子供の骨の両端部分には骨端線があり、そこが徐々に成長することで骨の長さが伸びて、背が伸びるという仕組み。

人間の骨格の中でも、最も背が伸びる際に影響するのが、大腿骨やすねの脛骨などの長骨と呼ばれる部分。

この長骨の骨端線がしっかり細胞分裂を繰り返すことが、子供の背の伸び方に大きな影響を与えますので、意識的に細胞分裂に良いことをすべき。

骨端線の軟骨組織は、成長ホルモンの司令を受けて、アミノ酸などの栄養素をその場でコラーゲンに変換し、軟骨の材料として使用してどんどん新しい軟骨組織を作りだしていきます。

その細胞分裂を活発に行わせること、軟骨組織を増殖させるための栄養素を豊富に摂取し続けることが、子供の背を効率的に伸ばす方法のひとつ。

骨端線が閉鎖する年齢とは?男子と女子の平均年齢を紹介

骨端線は子供が大人の体になる際に必要なもので、徐々にその役割がなくなってくると、自然に閉鎖するようになっています。

もし骨端線が閉鎖しなければ、永遠に背が伸び続けることになるので、それはそれで困りますよね。

でも骨端線が平均よりも早く閉じてしまうと、身長が伸びきる前に止まってしまうということですから、これも同様に困る問題に。

実際に骨端線が閉じるのは、男の子の場合は17〜18歳で女の子の場合は15〜16歳前後だと言われています。

この年令になった時が、一般的に背の伸びが止まると考えておくのが良いでしょう。だから、それまでにどこまで背を伸ばすことができるのか、という考え方をすることが大切。

非常に稀な話ですが、20歳を過ぎても骨端線が残っている人もいますが、最終的には男性は25才前後、女性は23歳前後で完全に骨端線が閉鎖します。

骨端線さえ閉鎖していなければ、20歳を過ぎても背が伸びるチャンスが残っていますので、その場合は、うまく活用するようにしましょう。

骨端線が閉鎖したか確認する方法とその確認費用は?

骨端線が閉鎖しているのか?それともまだ骨端線が残っているのかは簡単にチェックすることが可能。

それは長骨(大腿骨やすねの脛骨など)の部分を、レントゲン撮影することで目で見てその状態を確認することができます。

15歳未満の子供の場合は、小児科か整形外科で骨端線が閉鎖していないかどうかの確認をしたいと申し出れば、すんなりレントゲン撮影してもらえると思います。

しかし、総合病院や比較的大きな病院の場合は、病気ではないのでできないと断られる事も考えられますので、普段行き慣れている病院で依頼するのが良いでしょう。

レントゲン撮影の費用は1枚1000円程度ですし、保険適応してもらえれば3割負担でかなり安くなります。

何枚とるかによっても値段は異なりますが、診察費用を入れても5〜6千円もあれば骨端線の状態をしっかり確認出来るでしょう。

その値段で骨端線があることがわかれば、あとはその骨端線の成長に必要な栄養素をしっかり摂取することに専念すればよいだけ。

レントゲン撮影をするだけで、身長が伸びる可能性を明確に判断できると考えれば、安いものだと思いませんか。

骨端線とアルギニンの関係とは?これで子供の背が伸びる!

骨端線が残っていることがわかれば、まだまだ十分に背が伸びる可能性があるということですから、積極的に成長に必要な栄養素を摂取すること。

子供の身体には、骨を伸ばし身長を伸ばす仕組みが備わっていますので、それを最大限活用していきましょう。

最初にも説明した通り、骨端線の部分に成長ホルモンが働きかけることで活発に細胞分裂が起こり、骨が伸びるサイクルが回り始めます。

骨を伸ばすきっかけになる成長ホルモンの合成や、分泌を効率的に行ってくれる栄養素がアルギニン。

このアルギニンはアルギニンサプリメントで摂取することでは、成長ホルモンの分裂を高める効果がないことがわかっていますので、基本的にはアルギニンを多く含む食品や食べ物から摂取すべき。

それが豚ゼラチンや湯葉、きなこや大豆類などです。詳しくはアルギニンを多く含む食品や食べ物という記事も別途書いていますので、そこで確認するのが良いかも。

アルギニンはあくまでも栄養素として、成長ホルモンの分泌に効果的に作用するものなので、栄養面以外も意識的に改善することが大切。

成長ホルモンを最も分泌できる方法が、22時〜2時に熟睡していること。就寝時に最も大量の成長ホルモンが分泌されます。

もし骨端線が残っていて、アルギニンも食品からしっかり摂取することができているのであれば、睡眠時間も意識しましょう。

最後に骨端線の軟骨部分で、骨を伸ばすために必要な栄養素をしっかり摂取することも大切です。

タンパク質を中心にカルシウムにマグネシウム、亜鉛にビタミン類などを普段の食事で積極的に摂取するようにしましょう。

もし食事で効率的に栄養素を摂取することができない場合には、総合栄養タイプのサプリメントを利用することも非常に大切かも。

骨端線が残っていてる時期にしか子供の背は伸びません。そのタイミングを逃さないためにも背が伸びる為に出来ることに専念して、少しでも大きく成長できるようにしましょう。

骨端線で骨を伸ばすコラーゲンは、タンパク質の摂取が基本!

アルギニンの摂取と睡眠時間の確保で、成長ホルモンの分泌量が増えても、骨を伸ばす際に必要になるコラーゲンが不足していると、効率的に骨を伸ばす事はできません。

コラーゲンに関しては、コラーゲンそのものもを摂取するよりも、タンパク質を摂取した方が、吸収率が高いことがわかっています。

タンパク質は体内に吸収される際に、アミノ酸やアミノ酸ペプチドに分解されて、消化吸収されます。そしてそのアミノ酸を原料にコラーゲンが合成されることに。

だから良質なタンパク質を豊富に含む食品や食材をしっかり摂取することが大切で、それが十分に出来ていないと、骨を効率的に伸ばすことができません。

タンパク質は骨だけではなく、筋肉や臓器、血管や皮膚などの全身の部位を構成する要素のひとつなので、幼少期から成長期にかけて、しっかり摂取する必要があります。

肉類や魚介類、乳製品などの動物性タンパク質や、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質をうまく組み合わせることで、タンパク質のバランスを整えつつカロリーや脂肪分を抑制しましょう。

成長期までの時期しか、骨の骨端線は残っていませんし、骨を伸ばすことも身長を伸ばす事もできませんので、栄養面をしっかり考えて意識的に摂取するようにしてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!