ジュニアプロテインの身長に対する効果とジュニアプロテインならではの気になる副作用について調べてみました。スポーツをしている子供に必要だと思われているジュニアプロテインですが、使用方法を間違えると逆に副作用や体への影響が懸念されます。

スポーツジュニアに人気のジュニアプロテインとは?

ジュニアプロテインとは、スポーツジュニアの栄養補給や強い体づくりの為に考えられた商品で、大人用のプロテインがたんぱく質を主成分にしたものに対して、運動をすることで不足がちになるカルシウムやビタミン群、鉄分などをバランスよく含んだ食品です。

ジュニアプロテインのたんぱく質の含有割合は20〜45%ほどと大人のプロテインサプリメントとは摂取できるたんぱく質の量が大きく異なりますので、筋肉だけを付けたいとか体を一回り大きくしたいと考えても実現するのは難しいと思います。

本来は日々の食事で栄養バランス良く様々なものを食べるほうが良いのですが、スポーツジュニアの場合、部活や学校、塾などで時間が足りずに栄養バランスをうまく取るのが難しくなるので、ジュニアプロテインのような商品が役に立つんです。

人気の3大ブランドのジュニアプロテインを紹介!

ザバス ジュニアプロテイン

ザバス ジュニアプロテインの特徴は、牛乳生まれのホエイ(乳清)プロテインとカルシウム、鉄、マグネシウム、10種類のビタミンなどを配合している点です。またカルシウムの吸収力を高めるビタミンDも基準摂取量の33%も吸収できます。

savas

出典:http://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/junior.php

ザバス ジュニアプロテイン 原材料(ココア味)

乳清たんぱく、デキストリン、ココアパウダー、砂糖、食塩、植物油脂、卵殻Ca、乳化剤(大豆を含む)、V.C、香料、ピロリン酸第ニ鉄、甘味料(スクラロース、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、硫酸Mg、V.E、ナイアシン、V.B1、パントテン酸Ca、V.B2、V.B6、葉酸、V.D、 V.B12

ジュニアプロテイン(ココア味)840g(約60食分)の値段は4,536円です。

ウィダー ジュニアプロテイン

たんぱく質と豊富なカルシウム。更にカルシウムの吸収率を助けるビタミンD、鉄分やビタミンB群といった栄養素まで幅広く配合、アイスでもホットでもおいしく飲めるジュニアプロテインです。

wider

出典:http://www.weider-jp.com/weider-protein/junior.html

ウィダー ジュニアプロテイン 原材料名(ココア味)

大豆たんぱく、砂糖、ホエイたんぱく(乳成分を含む)、ココアパウダー、果糖、カラメルシラップ、食用油脂、貝Ca、炭酸Ca、乳化剤、香料、ピロリン酸鉄、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.D、V.B12

ジュニアプロテイン(ココア味)800gの値段は3,672円です。

ケンタイ ボーイズプロテイン

男の子の成長に必要なカルシウムや鉄分をしっかり配合(栄養機能食品:カルシウム、鉄)
特に栄養が偏りがちなボーイズに必要な栄養素(ビタミン11種+ミネラルを配合し)をバランスよく配合しているだけではなく、外敵からカラダを守る成分であるラクトフェリンまで配合されています。

kentai

出典:http://www.kentai.co.jp/products/k2200.html

ケンタイ ボーイズプロテイン 原材料名(ココア味)

大豆たんぱく、果糖、砂糖、ココア、乳清(ホエイ)たんぱく(乳由来)、ドロマイト(Ca、Mg含有)、脱脂粉乳、マルトデキストリン、ミルクカルシウム、香料、クエン酸鉄、ラクトフェリン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

ボーイズプロテイン(ミルクココア味)800gの値段は3,8888円ですが現在公式サイトでも発売停止中です。

ジュニアプロテインの実際の身長への効果とは?

ジュニアプロテインを飲むと子供の身長が伸びなくなるのではないか?と大人用のプロテインと効果を混在する人もいますが、ジュニアプロテインを飲んだからと言って、子供の身長が伸びなくなるようなことはありません。

そもそものプロテインの含有量も少なく、栄養補助食品のような位置づけなので、プロテインに特化した成分や効果が期待できるわけではないからです。

しかしジュニアプロテインを飲んだからと言って身長が伸びるのか?と言われれば、それもイコールではありません。あくまでも栄養補給の効果はありますが、ジュニアプロテインを飲むだけでは子供の身長が急激に伸びるような効果は期待できません。

ジュニアプロテインの副作用や危険性とは?

ジュニアプロテインの多くが、子供の栄養補給やエネルギー補給を考えて作られていますので、成分表を見ると実際の数値が分かりますがたんぱく質と同じくらい(商品によってはたんぱく質以上)の炭水化物が含まれています。

つまり体重を増やすような効果もあるということです。普段から過食気味な子供がジュニアプロテインを飲むことで更に太ってしまうということも考えられますので、お子さんのk年功状態や体の発育状態に合わせて本当にジュニアプロテインが必要なのかどうかを判断してあげることが良いでしょう。

また寝る前にジュニアプロテインを飲むと体の成長が促進されると勘違いして寝る前に飲ませている人もいるかと思いますが、夕食でしっかり栄養補給ができていれば飲ませる必要がありません。子供の肥満のキッカケになりますので注意しましょう。

soccer-1032620_640

ジュニアプロテインは子供に飲ませるべきなのか?

ジュニアプロテインはあくまでも栄養補助食品です。サッカーキッズは必ず飲まなければいけないとか、毎日飲まなければいけないとか、10歳以下は飲んではいけないとか…様々な噂がありますが、これらは全て間違った認識です。

普段の食事で栄養をバランス良く摂取できなければジュニアプロテインを飲むべきですし、普段の食事でしっかり栄養補給ができていれば毎日飲む必要もありません。更に適量を守るのであれば10歳未満でも飲むことができます。

でもあえてジュニアプロテインを飲まなければならないということはないと私は考えます。ジュニアプロテインで栄養補給を行うよりも子供の健やかな健康と身長を伸ばす効果を考えれば、普段の食事に力を入れてあげる方が良いでしょう。

ただ忙しかったり、食が細かったり、少し太らせてあげたかったりと…ジュニアプロテインで期待できる効果を明確に理解した上で飲ませるというのであれば、問題ないと思います。周りの子供が飲んでいるからという理由で飲ませるのだけは止めましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!