昼寝は身長を伸ばす効果があるのか、それとも身長を伸ばすという意味では逆効果なのかということが気になっている人もいると思うので、昼寝によってどのような効果があるのかを紹介します。幼稚園児にとって必要な昼寝も成長とともにしっかり考えて行うことが大切です。

昼寝は身長を伸ばす効果があるのか?逆効果なのか?

人間が身長を伸ばすためには睡眠時に分泌される成長ホルモンが非常に重要な役割を担っているということがわかっていますが、昼寝でも成長ホルモンが出るのか?と言われればもちろんしっかり熟睡した場合には、昼寝でも成長ホルモンを分泌することになります。しかしそれが良いかどうかはまた別問題になります。

成長ホルモンがしっかり分泌される深くて質の良い睡眠を取るためには、規則正しい時間に寝起きすることが大切です。人間の体には生活リズムがあるので、昼寝でも成長ホルモンが分泌されるからと言ってたくさん寝てしまうと、本来最も有益な夜の睡眠に大きな影響が出ます。

昼寝をし過ぎることで夜眠ることができないという状況に陥ってしまうわけです。そうすると身長を伸ばすという意味では逆効果、寝過ぎの昼寝が子供の成長に悪影響を及ぼすのは間違いありません。もちろん乳幼児は別の話。子供が小さいうちは寝るのが仕事なので小学校入学前であれば、問題がない話です。

しかし小学生にもなって、昼寝ばかりしているようでは明らかに生活リズムが乱れている証拠です。本来必要な夜の睡眠に何かしらの影響が出ていることが想像できます。

実際に昼寝の効果については、午後の2時頃に10分〜30分ほど昼寝することで夜の睡眠が深くなるという研究データもありますので、もし昼寝をするような場合でも30分以内にとどめておくことが重要です。

長時間の昼寝は睡眠の質を低下させ、成長ホルモンの分泌にも影響を与えます。激しいスポーツを行っている人の場合は、体を休める効果を狙って昼寝を取り入れている人もいるとお思いますが、適度なレベルに止めておくことが大切であるということは理解しておきましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!