成長期の中でも、特に急激に身長が伸びると言われている成長スパート期。

この成長スパート期に関する基本的な考え方と、より効率的に身長を伸ばすために摂取すべき栄養素とは?

最終的な身長増加の時期を知ることで、男子も女子もより積極的に背を伸ばす事ができるんです。

成長スパート期とは?成長期のどんな時期のこと?

成長スパート期という言葉を初めて聞いた人もいるかもしれません。

実は子供の身長が最もよく伸びる時期が、2回あるのを知っていますか?1回目は生後の1年間、そしてもう1回は第二次性徴期と呼ばれる思春期のタイミング。

その第二次性徴期でも、急激に身長が伸びるタイミングが成長スパート期。

一般的に女子の場合は11歳がピークで、男子の場合は13際がピークになると考えられていますが、多少個人差があります。

この成長スパート期の過ごし方で、実は最終身長が決まると言われているほど重要な時期。

でもそのタイミングに気づかずに、身長を効率的に伸ばすことができていないだけではなく、この時期の栄養不足が原因で、不調の原因になっていることもあるんです。

成長スパート期は特に女子アスリートに大切な考え方!

現在の日本人女性の平均身長は158cmと言われており、ここ20年ほど身長の伸びは鈍化し、ここ数年は、少し縮み始めています。

そして169cm以上の女性は1000人に23人、174cm以上になると1000人に1人しかいないのが現状。

女子アスリートにとって、身長を高くすることは非常に大切で、身長が高いことで将来性が高まることは間違いないですよね。

男の子の場合、成長期の始まりに運動を行っていることが多いのに対して、早熟な女の子は小学校3〜4年生に成長期が始まります。

この時期で運動を行っている女の子は少なく、成長期にしっかり身長を伸ばす仕組みを回すことができていないんです。

成長スパート期を知るのは簡単で、毎月1回、身長の伸びの変化を記録することで判断可能。

ほぼ一定だった毎月の身長の伸び幅が、3回連続(3ヶ月連続)で加速すると、成長スパート期に入ったと考えることができ、それを判断するソフトも開発されています。

スラリちゃん、Height!

これは順天堂大学と西別府病院が開発したソフトで、両親の身長、本人の身長と体重を入力することで、身長、体重、成長率の変化がグラフになります。

これで子供の成長の状況がひと目で観察でき、成長スパート期が始まった時や、体重減少が起こった時には、メッセージが届く仕組みになっており、見逃さずに済みますので、活用するのもひとつの方法。

身長を伸ばす仕組みを知れば、成長スパート期を最大化できる

成長スパート期や成長期を通じて、30cm以上も身長が伸びる人もいますが、そもそも身長が伸びるために必要な要素を知っていますか?

身長が伸びるために必要な要素は、睡眠・運動・食事・遺伝と言われており、最近はストレスを溜めないことも重要だと考えられています。

そして特に成長スパート期に大事なのが、睡眠と栄養。

睡眠時間と睡眠の質を確保することが非常に大切で、中学生でも7時間以上、小学生なら8〜9時間の睡眠が必要です。

そして食事で摂取すべき栄養素は、タンパク質。

多くの親御さんがカルシウムが重要だと考えていますが、カルシウムは骨の強化に必要な成分で、身長を伸ばしたり、体を作るにはタンパク質をしっかり摂取することが基本。

タンパク質を中心に栄養バランスに優れた食事が最もおすすめで、ダイエットをするのは逆効果。

身長を伸ばすためには、1日3回の食事でしっかり栄養摂取を行わないと、成長スパート期に急激に身長を伸ばすことができずに最終身長が決まってしまう。

なんてことも起こりえます。

筋肉の増加や運動によってエネルギー不足が起こる!

身長が伸びてきたり、激しい運動を行うと非常に多くの栄養成分が必要になり、特に筋肉量の増加が身体に与える影響が非常に大きいんです。

身長が高いと筋肉量が増え、160cmと170cmでは、片足だけでも1kgもの筋肉量に違いがあることがわかっています。

身長が高く筋肉量が多いと、肝臓の貯蔵鉄の量が減り、貧血になりやすい特徴が。

6mgの鉄分を摂取する為には、1000kcalの食事を食べなければならず、女子アスリートに必要な12mgの鉄分の摂取には、2000kcalの食事が必要だという計算になります。

その時期にダイエットをしてしまえば、身長が伸びないだけではなく、無月経になることも。

無月経はエネルギー不足のサインですので、急に月経が来なくなったら真っ先に栄養面のサポートが必要です。

これは女子アスリートだけの話ではなく、男子アスリートでも運動のし過ぎで成長に必要な栄養成分が不足し、身長を伸ばせない状況に陥っている子供も多いんです。

成長スパート期にタンパク質を効率的に摂取する方法とは?

成長スパート期を知り、そのタイミングでタンパク質を主体とし、栄養バランスの取れた食事を行うことが、しっかり身長を伸ばす方法です。

でも食が細かったり、摂取する栄養成分以上に激しい運動を行っていれば、身長を伸ばす分まで栄養成分を摂取することが出来ません。

しかし、成長スパート期のタンパク質不足を効率的に補う方法があります。

それは身長サプリメントのカラダアルファを活用すること。

実はカラダアルファには、スピルリナを中心とした天然由来成分のタンパク質が効率的に含まれています。

実際に摂取できる栄養成分の53.8%がタンパク質。

ここまで高濃度のタンパク質と様々な栄養成分を摂取できる身長サプリメントは、カラダアルファ以外にありません。

セノビックやアスミール、のびのびスムージーやDr.senobiru、プラステンアップなどでは、炭水化物ばかりを摂取することになり、まったく意味がないんです。

ちなみにこれがカラダアルファ100gで摂取できる栄養成分。

本当に余計なものが入っていませんよね?しかも天然成分にこだわって原材料を選んでいるので、吸収率も、吸収後の体内での作用もバッチリ期待できます。

成長スパート期は、子供の身長を伸ばす本当に最後のチャンス

これを忘れないでください。

成長スパート期のピークが過ぎ、成長期が終わってしまえば、子供の身長が伸びることはありません。

世の中には、20代でも、30代でも40代でも身長が伸びる方法というのが、たくさん紹介されていますが、骨の仕組みを知ればそれは嘘だということがわかります。

子供の身長が伸びるのは、骨の骨端線という伸びしろがあるから。

しかし骨の骨端線は、女の子は16歳前後、男の子のは18才前後で一般的に閉じてしまいます。

骨端線が閉じると、骨が伸びることができなくなるので、自然と身長の伸びも止まることに。

だからこそ、成長期の時期を逃さずに、特に成長スパート期のタイミングで、しっかりタンパク質を中心としたバランスのよい食事が必要なんです。

成長期の子供のタンパク質の推奨摂取量は、50〜60g/日。

アスリートならさらに豊富なタンパク質が必要です。それを普段の食事だけで効率的に摂取することができないから、カラダアルファのようなサプリメントの活用が必須。

成長スパート期には、睡眠と食事が本当に大切です。

睡眠は自分でなんとかできますが、食事は親の責任。後で後悔することがないように、しっかりと栄養バランスを考えてあげてください。

子供の身長の伸びの鈍化は、NHKニュースでも取り上げられるほど!

出典:http://www.nhk.or.jp/

2017年4月1日のNHKの朝のニュースだったと思いますが、「伸びが止まった!?日本人の身長」というようなタイトルで、子供の身長と成長スパートについての話題が。

そこでもここ20年ほど、日本人の平均身長が伸び悩んでおり、成長スパートをどう活用するのか?という点について、専門家の意見を交えて放送されていました。

成長スパート期をうまく活用すれば、数年間で30センチ伸びる子供もいるというのに、それをうまく活用できていない傾向があるんです。

やはり子供の身長を伸ばす意味では、「栄養・睡眠・運動」という3つが大事で、栄養面はかなり改善されたものの、睡眠や運動には難あり。

このままの状況が続くと、日本人の身長が今後も伸び続けることはないようです。

特に女の子の場合、男の子よりも成長スパート期がくるのが早いので、あっという間に終わってしまう可能性もあるとのこと。

やはり幼少期から、食生活や睡眠習慣、運動習慣を大切にすることが、子供の健やかな成長と健康には、役立つようです。

NHKでも話題になるほど、子供の身長が伸びない。

だからこそ、身長サプリメントが多く販売されている現状がありますが、効果のないものばかりですので、変な商品を選んで、成長スパート期をうまく活用できないことがないようにしましょう。

本当に子供の成長には、タンパク質が最も重要な栄養素、これはNHKのニュース番組に出演していた専門家も言っていた話です。

それを理解して、しっかりと普段の食生活でも栄養素をしっかり摂取できるようにしてあげましょう。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!