男性ホルモンには、身長を伸ばす効果が期待できるだけではなく、身長の伸びも止めてしまう効果があるのを知っていますか?

男性ホルモンと成長ホルモンの関係や、男性ホルモンの分泌によって、子供の骨にどのような変化が起こるのかを紹介します。

男性ホルモンが増えすぎる前のタイミングが、男の子の身長を伸ばすために重要だったんです。

男性ホルモンと成長ホルモンの関係とは?

男性ホルモンと成長ホルモンの身体への作用は大きく異なり、成長ホルモンは身長を伸ばしたり、代謝を促進したりするホルモンで、男女ともに一生分泌され続けるホルモンのこと。

男性ホルモンとは、テストステロンとも呼ばれている男性らしさを生み出すホルモンのことで、最近は女性でも男性ホルモンの分泌量が増え、オス化男子なんて呼ばれている人が増える原因にもなっているもの。

男性ホルモンも女性ホルモンも、分類上は性ホルモンと呼ばれており、思春期になると活発に分泌されるようになりますが、実は男女とも両方の性ホルモンが分泌されています。

性ホルモンは分泌初期には、成長ホルモンの分泌を促進することで、身長が伸びる手助けをしてくれますので、身長が伸びる意味でもとても大切なもの。

その効果もあり、成長期の前半では身長の伸びが急激に増える傾向があります。

しかし性ホルモンは、身長を伸ばすだけではなく、骨の成長に対して、最後通告を行う役目も果たす非常に嬉しくないホルモン。

男性ホルモンが、骨の骨端線に与える直接的な影響とは?

男性ホルモンの分泌量が増えると、骨年齢が上昇し、骨端線が閉じることにつながります。

骨端線とは、子供の骨の両端にある部分のことで、この骨端線で細胞分裂が繰り返され、少しずつ伸びていくことで、骨が伸び身長が高くなります。

しかし、男性ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモンが分泌され続けることで、骨端線が閉じてしまい、身長の伸びが止まる原因に。

性ホルモンのエストロゲンやテストステロンには、思春期に身長を大幅に伸ばす一方で、骨の成熟を促進してしまい、骨端線を閉じる役目もある事を理解しましょう。

特に骨端線は女性ホルモンのエストロゲンの影響を強く受けるので、女の子の成長期があっという間に終わってしまうのは、エストロゲンの影響が大きな理由。

だから男の子よりも、早い段階でしっかり身長を伸ばしておかないと、将来的に低身長で悩んでしまうことにつながります。

一般的に女性は15〜17才、男性は17〜18才で骨端線が閉じると言われていますので、それまでにしっかり成長させることが大切。

ただ稀に20才前後まで骨端線が残っていることで、身長が伸び続ける人もいますので、僅かながらそういった可能性があることも知っておきましょう。

ちなみに骨年齢が残っているかどうかは、レントゲン写真を撮影すると簡単に分かりますので、気になる方は近所の整形外科でお願いするのも良いかもしれません。

骨年齢さえ残っていれば、まだ身長を伸ばすことができる可能性があるということです。

身長を伸ばすためには、男性ホルモンが増えすぎる前が大切!


身長を効率的に伸ばすためには、男性ホルモンが増えすぎて、骨端線が閉じ始める前に、どれだけ身長を伸ばすために良いことを行うのか?ということが大切。

身長を伸ばすために行うべきことは、睡眠・運動・食事の改善。

この3つの要因をしっかり改善することで、成長ホルモンの分泌量を少しでも増やし、豊富な栄養素を摂取して、骨や体を作っていくことが大切です。

男性ホルモンが分泌される第二次性徴期が始まる前、第二次性徴期の初期の段階が非常に重要であると考えてください。

この第二次性徴期が始まるタイミングは個人差があり、早熟傾向にある子は早く、小学校4〜5年生で始まることもありますので、中学生になったタイミングでは遅い可能性も。

一般的には中学1〜2年生で最も身長が伸びる子供が多く、中学3年生になる頃には身長の伸びが鈍化する傾向があります。

身長をしっかり伸ばすためには、中学1〜2年生までの生活習慣が非常に重要であると理解するとよいでしょう。

成長期の前に子供の身長が伸びるのは、成長ホルモン以外の摂取した栄養素の影響を強く受けますので、幼少期からタンパク質を中心とした、栄養バランスを意識した食事を食べさせるようにしましょう。

成長期を遅らせるために、男性ホルモンの分泌量を抑制しよう。

早熟傾向の子供がいるように、晩成型の子供もいますよね?

早熟傾向の子供は、性ホルモンの分泌が早く始まることで、成長期の終わりも早く訪れてしまい、身長が伸びる期間が短くなり、低身長に悩む傾向があります。

逆に晩成型の子供の場合には、性ホルモンの分泌開始時期が遅く、身長が伸びる期間が長いという特徴があることで、高身長の割合が高まる傾向があります。

しかも晩成型には、健康上のデメリットなど一切ありませんので、早熟傾向よりも身長がしっかり伸びる晩成型の方が、メリットが多いのが実際の話。

ちなみに日本人は全体的に早熟傾向が強く、欧米人は晩成型であることが多いので、それが国民の平均身長の差に繋がっているとも言われています。

実際にアメリカ人男性の平均身長は177cmで、日本人男性の平均身長は170cm程ですので、約7cmという身長が、思春期のタイミングの違い。

概ねアメリカ人男性は、日本人男性と比較すると、1年半ほど精通が遅いと言われていますので、その分だけ身長をしっかり伸ばすことができていることがわかります。

早熟傾向の日本人の中でもさらに早熟であれば、どれだけ身長が伸びにくいのか?という話になりますよね?

早熟傾向が高まる原因としては、睡眠時間が短かったり、肥満傾向があったり、ストレスの多い環境にいるなど、外的要因に左右されることが多いことがわかっています。

これらは普段の生活習慣を改善することで、改善&解消できることなので、親御さんが管理してあげるようにしましょう。

早熟な子供は、思春期早発症という病気の場合もある!

思春期早発症とは、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌による第二次性徴に起こる体の成熟が、平均よりもとても早い年齢で起こってしまう病気のことです。

女子では、乳房がふくらんできた時が思春期の始まりのタイミング。

乳房の発育が、7歳6ヶ月以前に起こってしまった状態が思春期早発症であり、男子では、精巣や睾丸が4ml以上の大きさになる時期が、9歳未満で起こった場合が当てはまります。

性ホルモンが早期に分泌されはじめることにより、体の成長が急激な速度で進行することに。

性成熟が進むと、陰毛の発育、男子では声変わり、女子では月経が認められ、未治療のまま放置すると、骨年齢が進み骨端線が早い時期で閉じて低身長のまま成長期が終わってしまいます。

そうならないようにも、思春期早発症の兆候が見られた際には、病院での診察や加療を行うべきですし、思春期早発症にならないようにする為にも、幼少期からの生活習慣を子供らしいもので保っておく必要があります。

ちなみに思春期早発症のような症状でも、低年齢で治療を始めると、平均身長レベルまで身長が伸びることがわかっていますが、治療開始時期が遅くなると、その分だけ身長が伸びません。

子供の成長には様々な阻害要因がありますが、周りの子供よりもあまりにも身長が低い場合には、このような病気が隠れていることもありますので、十分に注意してくださいね。

成長期や思春期の子供に必要なの栄養素はタンパク質!

思春期の子供の成長において、最も重要な栄養素はタンパク質です。

タンパク質は、骨の骨端線で軟骨細胞を作る際の原料になり、成長ホルモンの原料になり、筋肉や臓器、血管や皮膚など様々な部分を作る際に活用される栄養素。

だからタンパク質をしっかり摂取しなければならないのですが、ここ20年でタンパク質の摂取量が大幅に減少していることがわかっています。

タンパク質摂取量の減少は非常に顕著で、カルシウムが一定レベルを維持しているのに対し、著しく減少していることがデータからもわかっています。

1950年と1994年と2015年の摂取量をそれぞれ比較すると、

  • タンパク質:68.0g→79.7g→69.1g
  • カルシウム:270.0mg→545mg→517mg

戦後50年で日本人の身長が伸びたのは、摂取できる栄養素が大幅に改善されたから。

しかし、この20年で総摂取カロリーも低下し、それぞれの栄養素もどんどん減少していますが、その中でもタンパク質の激減が目立つ結果に。

そしてこのタンパク質の摂取量の減少に合わせて、日本人の平均身長が伸び悩み、徐々に低下し始めていることもわかっています。

だからこそ、思春期や成長期にしっかり身長を伸ばすためにも、タンパク質を意識的に摂取することが大切。

この意味をしっかり理解することが、将来的に低身長で悩まないためにも必要なことです。

タンパク質を摂取できる身長サプリメントはカラダアルファ!

身長サプリメントの中でも、タンパク質を最も効率的に摂取できるのが、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファです。

カラダアルファは、摂取できる栄養成分の53.8%がタンパク質。

しかも天然成分のスピルリナを原材料の4割も配合したことで、非常に優れた吸収率で体内で効果的に作用することがわかっています。

スピルリナの栄養吸収率は、WHOも認める95%以上というレベル。

そこまで吸収率が高いこと、他にも50種類以上の栄養素をバランスよく配合しているので、子供の成長に非常に役立つ効果が期待できます。

身長サプリメントには、ロート製薬のセノビックのように大手企業が製造販売している商品もあり、そちらの方が安心できるし、効果的なのでは?と考える人もいます。

しかし実際の効果は、摂取できる栄養素が全て。

そういった意味では、摂取でき栄養素をチェックすると、セノビックとカラダアルファでは、どちらが効果的なのかが明確にわかります。

だから我が家は、カラダアルファ。

しかもカラダアルファは、国内のサプリメントでも3〜4%しかない製薬会社の工場で作られている非常に安全性に優れた商品なので、品質や安心感も高くおすすめです。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!