中学生が夏休みに身長を伸ばす方法まとめ

中学生の夏休みと言えば、成長期のど真ん中なので、何もしなくとも身長が伸びる人もいますし、夏休みの過ごし方を少し工夫するだけで身長の伸びを促進することもできます。

成長痛で膝が痛いという人もいると思いますが、なぜか全く身長が伸びないので悩んでいるという伸び悩みの子も最近は増えています。では実際にどのような生活習慣や方法を実践することで中学生の夏休みで身長を伸ばすことができるのか?

女子にとっては最後のチャンス、男子にとっては更なるチャンスとなる理想の身長を手に入れられる中学生の夏休みの過ごし方を紹介します。

中学生の夏休みの睡眠が身長を伸ばす鍵!

中学生の夏休みに身長をグンと伸ばしたいと思うのなら、何よりも大切になってくるのがしっかりと睡眠時間を確保することです。これは単にいつでもどこでも寝れば良いということではなく、質の高い睡眠を確保することが大切です。

「寝る子は育つ」という言葉がありますが、まさにその通りです。睡眠時に分泌される成長ホルモンがあなたの身長を伸ばす効果が最も高いんです。その為に成長期のピークにしっかりと睡眠時間を確保する事、これを何よりも優先してください。

睡眠時間を確保する意味とは?

最近の中学生は、学校では部活、その後に塾に通ったり普段の生活の中ではやることが多く、どんどん睡眠時間が減少しています。しかし夏休みの間は学校に授業がない分、時間的な余裕があると思います。

だから夏休みの間だけでもしっかりと睡眠時間を確保する生活習慣に変えることがポイントです。毎日最低でも6時間以上は寝るようにしましょう。これ最低の話です。中学生くらいであれば本来は8時間半とか9時間前後の睡眠時間が必要なんです。

なぜ最低6時間以上なのかといえば、人間は6時間以下の睡眠だと脳ストレスが高くなり、成長ホルモンが上手く分泌されなくなることがわかっています。

睡眠時間を確保できているからといって、夜型の生活では全く意味はありません。例えば8時間睡眠でも12時に寝て8時に起きるのと、10時に寝て6時に起きるのとでは夜10時に寝た方がより深い睡眠を得られることがわかっています。

また毎日寝起きの時間が変わってしまうことは、8時間睡眠を確保できたとしても生体リズムが崩れることで体調が崩れ、成長ホルモンの分泌にも影響が出てしまいますので、出来る限り規則正しい生活を行うようにしましょう。

その為に大事なことは、まず毎朝起きる時間を決めることです。起きる時間が決まればそこから逆算して寝る時間が決まります。あとはそのルールに従って規則正しい生活をするだけです。

また朝起きたらカーテンを開けて朝陽を浴びるようにしましょう。朝陽を浴びると生体リズムが整い、14時間後に自然に眠くなるようになりますので、より規則正しい生活を送るキッカケになります。

深い睡眠・質の高い睡眠を得るために

睡眠時間と睡眠の質、このふたつがしっかり両立できることでより効率的に身長を伸ばすことができます。その為にも幾つかの注意事項がありますので参考にしてください。

寝る2時間前までに済ませておくことは、出来る限りパソコンやTV、スマホなどのブルーライトによる脳への刺激を避けることと食事を済ませておくことです。寝る直前に食事を食べると血糖値が上昇し、成長ホルモンの分泌が十分にされなくなるだけではなく、睡眠時に消化を並行して行うことで睡眠の質が低下します。

夜中に起きないように寝る前にはトイレに行っておくことも大切です。夜中にトイレに起きる習慣がある子供の場合には、成長ホルモンの分泌が妨げられ身長が伸び悩む傾向があります。

成長ホルモンの分泌は寝てから2時間が勝負になります。その時間に目覚めないように夏休みのように暑い時期には、エアコンをタイマーでつけておいたり、扇風機を使うなど快適な睡眠環境を作ることも大切ですし、脱水症状にならないように水分を補給してから寝たり、枕元にお水を置いておくのも良いと思います。

成長期の中学生の身長を伸ばすために最も大事な影響を与えるのがこの睡眠時に分泌される成長ホルモンなので、しっかりとその効果を得られるように規則正しい睡眠時間の確保、より深い質の高い睡眠の確保ができる様に心がけましょう。

身長を伸ばす効果のあるストレッチをしよう!

夏休みの間は外で運動することも大事ですが、いつでもどこでもできるストレッチを行うことも身長を伸ばす上で非常に大切なポイントです。朝のストレッチには代謝をあげる効果や体を活性化させる効果があることは知られていますが、実は身長を伸ばすのに役立つ効果もあるんです。

身長を伸ばすということは、日中の体の使い方がとても大事になってきます。朝に行うストレッチには、固まった体をほぐす効果と同時に筋肉のつき方や体のバランスが乱れている際にそれを整える効果が期待できるんです。

体の柔軟性を高めるのなら、お風呂上がりのストレッチが効果的です。風呂上りには筋線維が暖まった状態になっているので、このタイミングでストレッチを繰り返すことで体の柔軟性は向上しますし、血流が良くなっている状態でのストレッチは乳酸や老廃物の排出にも効果的です。

そして寝る前に行うストレッチは非常に大切です。ストレッチを行い副交感神経優位の就寝モードに体を切り替えることでより深い睡眠を得られるようになりますし、成長させたい部分の血行を良くしておくことで成長ホルモンの恩恵を受けることができます。

寝る前の行うストレッチは、15分もすれば十分です。ベッドの上で軽めのストレッチを行うことを日課にして、より効果的に身長を伸ばしましょう。

1eb6abe301cd0583bb7d9aeeb5b37f94_s

身長を伸ばすストレッチ方法とは?

ストレッチを行う際には、伸びている部分を意識することでより効果的になります。今回紹介する方法はどれも簡単なものなので、できるものを取り入れる感じでどんどんチャレンジしてみてください。

ストレッチはあくまでも無理をして行うものではなく、体を整える為に行うものだということを理解して、無理のないレベルのストレッチにするようにしてください。

前ももを伸ばすストレッチ

正座から後ろに倒れる形で行う前もも部分のストレッチは身長を伸ばす効果が高いものの一つです。体の中でもとても大きな筋肉のひとつである前もも。ここをしっかりと伸ばしましょう。

1,アヒル座りにならないように注意をして正座をします。(膝や足はピッタリくっつかなくとも大丈夫ですが開き過ぎないように注意しましょう)

2,息を吐きながら徐々に後ろ側に倒れていきます。この時に手を使って床との距離を図りながら、体を支えながら行うと無理がありません。もし後ろに倒れ切らない場合には、腰や背中の下にクッションなどを置いて調整します。

3,体を倒した状態で30秒〜45秒ほどその姿勢を維持します。筋肉は伸ばしすぎると逆効果なので、1分以上は体を倒さないようにします。呼吸は自然に行ってください。そして体を倒した時とは逆に手を使ってゆっくり起こしていきます。

もも裏を伸ばす前屈ストレッチ

ももの裏側にも大きな筋肉があり、ここが固まった状態だと背中や首を引っ張ってしまい、身長が伸びにくくなるような影響が出るので、しっかりもも裏も伸ばすようにします。特に成長期にもも裏の筋肉を鍛えすぎると身長が伸び悩むのでしっかりほぐすこと、緩めておくことが大切です。

1,長座で座り、かかと同士を揃えておきます。腰を丸くせずにまっすぐ起こし、頭が上に引っ張られている状態を意識します。

2,背骨を伸ばした状態のままで息を吐きながら太ももにお腹を近づけていきます。腰が後ろに伸びる形だと腰に負担がかかるので、しっかり股関節から折れるように前に倒れていきます。

3,もも裏の筋肉の伸びを感じながら、自然な呼吸で30秒ほど維持します。前屈は非常にシンプルなストレッチですが、もも裏、背中、ふくらはぎと体の背面側を伸ばすことができる非常に優秀な方法です。

猫のポーズで背中のストレッチ

背中の筋肉を伸ばすことで身長を伸ばす効果が出やすくなりますので、非常に大切です。猫背だったり、無意識に姿勢が悪化している人も多いので、背中のストレッチは欠かさないようにしましょう。

背骨と背骨の間にある隙間は非常に詰まりやすい構造なので、余分な圧力がかかった状態を日々緩めてあげることが大切です。長期間詰まった状態で放置すると、背骨の間の軟骨が潰れてしまうので注意が必要です。

1,四つん這いの状態で足は股関節と同じ幅に火焼、股関節と膝は90度に曲げます。手のひらは肩の真下に来るように自然に手をつきます。

2,そのままおへそを覗きこむようなイメージで、息を吐きながら背中を上下二分割した時の真ん中が一番高い位置に来るようにゆっくり丸めていきます。息を吐ききるまで背骨を動かしていきます。その際に手や足の位置は一切変えずに体幹だけで体を動かします。

3,次にみぞおちが一番低い位置に来るようにイメージでゆっくりと背骨を反らせていきます。背骨の1本1本が動くのを意識しながら動いていきます。目線は天井に移動しますが、首がつまらないように注意します。

4,この動きを3〜5セット繰り返し、背骨やその周りの筋肉や関節を緩めていきます。

股関節のストレッチ

股関節のストレッチを行うことで老廃物の排出をスムーズに行うことができます。実は股関節には、末端組織から排出される老廃物を運ぶリンパ管が集中しているんです。この股関節を緩めておくことで細胞の再生がスムーズに行われます。

また下半身(足)を伸ばしたい人にも重要です。下半身への血流や水分、酸素等の流れをコントロールしているのが股関節なので、ここの柔軟性を保っておくことが大切です。

1,両膝を着いた状態から、右足を前に出し膝の角度を90度にします。両手は重ねて右膝の上におきましょう。

2,そのままの姿勢で息を吐きながら体を前に傾け、上半身の重心を下半身にのせるイメージで股関節を伸ばしていきます。この姿勢を15秒間維持します。

3,右足を元の位置に戻し、今度は左足でも同様に行います。


>>カラダアルファで中学生の身長がグングン伸びる!

適度な運動と日光浴をしよう!

運動をすることでも睡眠時に比べると少ないですが、成長ホルモンが分泌されます。特にハードな運動が必要なわけではありません。ウォーキングでも縄跳びでも大丈夫ですが、できれば週に3〜4回は30分ほど行うようにしましょう。

中学生の成長期に身長を伸ばすためにはハードな運動ではなく、適度な運動で十分です。もちろん部活の夏練などで、体を動かしている人も多いと思いますので、普段運動をしている場合には、そこまで意識しなくとも大丈夫です。

運動をすればお腹が減りますし、疲れて良く寝れるようにもなります。2016年の夏はポケモンGOをしながら友達と公園や近所をウロウロ歩きまわるというのも良い方法です。ポケモンGOなどに集中していれば、運動していることも忘れますので、いつも以上に歩くことができます。ただし車や事故、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。

そして太陽の光を浴びることはビタミンDの形成に役立ちます。ビタミンDはカルシウムの骨への定着を高めてくれたり、体内への吸収を高めてくれる成分なので、食事以外にも自分の体で作ることができるので適度に太陽の光を浴びるようにしましょう。

食事はしっかり食べて栄養補給を行う。

成長期の中学生は食欲旺盛で沢山食べてしまうかもしれませんが、炭水化物だけを食べるのでは意味がありません。様々なおかずを食べることで特定の栄養素に偏らないことが大切です。

炭水化物よりもたんぱく質やカルシウム、それに野菜や果物からビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかり補給しましょう。どんな食べ物が良いかは他の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

たんぱく質やカルシウムと言えば、お肉や魚。それをたくさん食べるようにします。しかしお肉だけを食べていると太ってしまったり、ニキビの原因になったりしますので、お肉を食べたらそれ以上に野菜を食べるようにしましょう。

中学生になるとダイエットしたいと考える女子も増えてきますが、この時期はダイエットよりも体を作ることが大切です。食事制限でダイエットをするのではなく運動することで痩せるようにしましょう。また食事を減らすのであれば、炭水化物の摂取量を減らし、低脂肪高タンパクの鶏肉などの食材を利用したおかずを食べるようにしましょう。

食事で足りない栄養素はサプリ補給!

沢山の食事を食べて様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、成長期の体にはどれだけ沢山食べても体の成長に必要な栄養素が不足しがちです。そんな時に役立つのが栄養素を豊富に含んでいるサプリメントです。

しかし身長が伸びるというアルギニンや成長ホルモンを配合したようなサプリメントやカルシウムだけのサプリメントでは身長を伸ばす効果がないだけではなく、逆に副作用が出ることもあります。

そこで大事なのは食事で取りきれないような様々な栄養素を豊富に含んだ栄養補助食品のようなサプリメントを選ぶこと。

10代専用サプリのカラダアルファなら、日本人の食生活の基本である一汁三菜をベースに身長を伸ばすのに最も効率の良いバランスで様々な栄養素を極限まで詰め込んでいます。当然ながら、すべての原料は天然由来成分なので副作用などの心配もありません。

私の子供もカラダアルファを使って、食事では補いきれていない栄養素を日々摂取しています。子供に身長は成長期しか伸びないから、特に中学生の夏休みは身長を伸ばす際に最も大事なタイミングだから、カラダアルファのようなサプリメントはおすすめなんです。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!