中学生の3年間でも、特に中学1年生の時期の身長の伸びが、子供の成長にとって非常に重要な理由があることを理解していますか。

この部分をしっかり理解して、月単位や年間の身長の伸び率をチェックしていくと、将来的な低身長のリスクを回避できるかも。

中学1年生の男子も女子も、どうすればより身長を効率的に伸ばすことができるのかをまとめて紹介しますね。

中学生の3年間でも中学1年生が身長が伸びる理由とは?

まず最初に中学1年生が、身長を伸ばしたい子供にとって最も大切な時期であるということを理解することが大切。

特にこの中学1年生というタイミングで、しっかり身長を伸ばすことができれば、その先も低身長で悩んだり、困ったりする可能性が低くなるはず。

真っ先に理解すべきこと、それが子供の身長が伸びる時期について。

最新版の学校保健調査によると、子供の身長が最も伸びる3年間は、男子は小学5年生から中学1年生、女子は小学3年生から小学5年生。

特に女子に関しては、最も伸びる時期を過ぎて、どんどん身長の伸びが悪化する時期ですし、男子は身長が伸びる最後のピーク。

だからこそ、中学1年生の時期に身長をしっかり伸ばすことが、最終身長の高さに大きな影響を与えることに。

中学1年生男子は、身長の伸びを最大化することが大切

中学1年生男子は、最も身長が伸びる3年間の最後の1年ですので、この時期に身長をより効率的に伸ばすことができる方法を実践しましょう。

中学1年生男子は平均身長が7.2cmほど1年間で伸びますが、中学2年生になると年間で5.3cmほどしか身長が伸びなくなります。

年間の身長の伸び幅が2cmも違えば、少しでも効率的の伸びる時期に身長の伸びを最大化した方が、効率的を考えても良いはず。

そのことを踏まえて、身長を伸ばす要因である、睡眠・運動・食事・ストレスという4つの要素をしっかり考え、少しでも身長を効率的に伸ばすようにしましょう。

特に睡眠時間と栄養面のバランスを改善してあげることは、中学1年生での身長の伸びを効率的にしてくれますので、ぜひ意識してあげましょう。

中学1年生女子は、最後のひと踏ん張りで身長を伸ばすことが大切

中学1年生女子は、身長の伸びのピークを過ぎ、最後のひと踏ん張りで身長を伸ばしておかないと行けない時期。

中学1年生女子の平均身長は1年間で3.1cmほど伸び、中学2年生になると1年間で1.6cmほどしか平均身長が伸びません。

女子の場合、ほとんど身長の伸びが止まり始める時期だからこそ、しっかり身長を伸ばしてあげることを意識することが大切。

睡眠の質を向上させて、成長ホルモンの分泌量を増やし、その質も良くすること、成長に必要な栄養成分を普段の食事で補ってあげることが重要です。

しかし中学1年生になると、体型や見た目が気になりダイエットに挑戦してみたり、食事量を減少させたりと、成長に必要な栄養成分が不足することも。

そういった状況が原因となって、身長を伸ばすことができていない中学1年生女子も多いので、朝食からしっかり食べさせることを意識しましょう。

成長に必要な栄養成分が不足して、最後のひと踏ん張りで身長を伸ばすことができないのは、本当にもったいないことですので、しっかり改善してあげましょう。

中学1年生から骨端線の閉鎖を意識することが重要かも。

子供の骨には、骨端線と呼ばれる骨の伸びしろ部分があり、そこで軟骨細胞が細胞分裂を行うことで、骨が伸びて身長が伸びることに。

だからこそ、骨端線が残っているタイミングで、骨の成長に良いことを積極的に行うべきなのですが、それがなかなか出来ていない人が多いのが実情。

骨の骨端線が閉鎖してしまうことは、子供の骨を伸ばすことができなくなり、身長の伸びも止まり、成長期が終わることを意味しています。

だからこそ、骨端線が残っている中学1年生の時期の身長の伸びが大切。

一般的に骨端線が閉鎖するのは、男子は17〜18歳、女子は15〜16歳だと言われていますので、残されている期間は短いですよね。

骨端線が完全に閉鎖していない状態でも、幅が狭くなることは細胞分裂の勢いを低下させ、身長の伸びを鈍化しますので、毎月の身長の伸びの積み重ねが大切。

特に早熟傾向が強い子供の場合には、平均よりも早く骨端線が閉鎖してしまうこともありますので、中学1年生でしっかり身長を伸ばしましょう。

中学1年生の身長を伸ばす栄養成分はタンパク質中心の食事!

中学生で身長を伸ばしたいのなら、普段の食事でどんな栄養成分をどれだけ大量に摂取しているのかということは非常に大切。

特に栄養不足で身長が伸び悩んでいる子供も多いので、栄養豊富な食事をしっかり摂取するようにしたいところ。

中学生1年生なら、タンパク質を中心に栄養バランスの取れた食事が必要で、タンパク質摂取量が中学生での身長の伸びを大きく左右する結果に。

なぜ中学1年生にタンパク質が必要なのかといえば、タンパク質を構成するアミノ酸が、身体を成長させる際に必要な栄養成分だから。

特にアミノ酸を原料に合成されるコラーゲンは、骨の骨端線で骨の骨格として、真っ先に必要になる栄養成分なので、中学生の時期には大量に必要になります。

だからこそ、タンパク質不足で身長が伸び悩むような状況を作らないことは基本ですし、大量に摂取することで、骨が伸びやすい状態にしてあげることも大切。

タンパク質は肉類に豊富ですが、肉類ばかり食べていると、脂肪分やカロリーが問題になることもありますので、魚介類や大豆製品などもうまく組み合わせていきましょう。

そうすることで、アミノ酸のバランスも良くなりますので、非常におすすめです。

中学1年生の食事はできるだけ家庭で調理したものを食べよう。

タンパク質を普段の食事で摂取することも大切ですが、そこに合わせて意識すべきことは、食材を購入して、家庭で調理した食事を食べるようにすること。

最近は、インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品や加工食品などが手軽で美味しいこともあり、普段から食べる機会が多い人もいますが、実はそればかりだとデメリットなことも。

これらの食品は、調理の過程でビタミン類やミネラル類が消失し、脂肪分やカロリーばかりを摂取することに。

その結果、身長を伸ばす際に必要な栄養成分をしっかり摂取できないことに繋がりかねませんので、何を食べさせるのかは大事なこと。

しかも加工食品の多くに含まれているリン酸塩は、大量に摂取することで骨に吸収したカルシウムを排出してしまう作用もあるので、骨の健康や成長にも悪影響が。

そういったことがわかっていますので、できるだけ旬の食材を購入し、家庭で調理するようにしましょう。

そうすることで、栄養バランスを整えてあげることも、健康で丈夫な子供に育てるためにも非常に大切なことです。

中学1年生で栄養不足なら、身長サプリメントも活用しよう。

最近の中学1年生には、朝食を食べかなったり、食事制限を伴うダイエットをしていたり、身長が伸びにくい状態に陥っている子供が増えています。

成長期という身体を大きく成長させる時期に、成長に必要な栄養成分が不足することは、身長の伸びが鈍化したり、止まったりする状況を招くことに。

その結果、最終身長が伸び悩み低身長で悩んでしまう子供も増えていますので、意識的にその状態を改善してあげることが大切。

特に栄養面は、お母さんは普段の食事で何を食べさせるのかが重要ですが、最近の子供は普段の食事だけでは、成長に必要な栄養成分を摂取出来ていません。

その結果、栄養不足で身長が伸びない人も増えているので、身長サプリメントで栄養バランスを整えてあげることも大切。

だから中学1年生に選ぶべき身長サプリメントは、栄養豊富なもの。

特に身長を伸ばすために重要な栄養成分であるタンパク質を中心にして、様々な栄養素をバランス良く摂取できるものにしましょう。

大事な考え方は、普段の食事+身長サプリメントということ。

その考え方を取り入れることで、中学1年生の身長の伸びに必要な栄養バランスを整えてあげると、1年間の身長の伸びがより効率的になると思います。

子供の最終身長を左右する、本当に大切な時期ですので、中学1年生をどう過ごすべきなのか、しっかり考えてあげましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!