自転車に乗ることで身長を伸ばす効果が高まる成長ホルモンの分泌促進効果があるのでしょうか?もしそうであれば、ジョギングよりもウォーキングよりも自転車中心の生活習慣に変えれば、積極的にスポーツをしなくても身長を伸ばす効果が期待できますよね?そこで自転車と身長の関係について色々調べてみましたので紹介します。

自転車に乗ることで身長を伸ばす効果があるのか?

cycling-1548340_640

積極的に自転車に乗ったからといって、身長を伸ばす効果が高まったり、成長ホルモンの分泌促進効果があるということはありませんが、移動を車でしていたり全く運動する週間がない人が自転車に乗ることは効果的です。

自転車に乗るスポーツと言えば、サイクリングがありますが本当に長距離を自転車に乗って移動するレベルで取り組めばそれはそれで運動効果を実感することはできます。

自転車のサドルを思いっきり高い位置にして、脚をギリギリ届くようにして乗り続けることで脚が伸びたという人もいます。もしそうなら足の短い日本人として聞き捨てならない情報です。

でもサドルの位置の変更だけで脚長効果があるのであれば、競輪のような自転車競技を行っている人はモデル体型になっていてもおかしくないですよね?特にそういったイメージはありませんので、これはあくまでも結果がそうだったという話でしょう。

身長を伸ばすのは成長ホルモンの効果、運動時よりも睡眠時に最も分泌される!

sunset-1208263_640
基本的に身長が伸びるのは成長ホルモンの分泌がきっかけになります。成長ホルモンは睡眠時に最も分泌されることがわかっており、運動時に分泌される成長ホルモンは微量なもののその積み重ねが高身長に繋がるとも考えられています。

自転車に乗って移動すること(通勤や通学)を運動の一環として考える場合には、最低でも30分とか1時間は自転車を漕ぎ続けることが必要になるでしょう。それだけの時間自転車で移動すれば、流石に疲労困憊でよるは疲れてぐっすり寝ることができます。

睡眠前にしっかり食事で栄養を摂取していれば、自転車に乗ったことをきっかけに成長ホルモンがしっかり分泌される仕組みを活用することができますので、そういった意味では自転車に乗ることの意味はあります。

自転車に乗り続けることで起こる弊害、身長を伸ばす妨げになる効果とは?

cycling-655565_640

実は人間は自転車に乗って移動し続けて歩かなくなると身長を伸ばす際に逆効果になる現象があるんです。だからこそ、自転車に特化するのではなくウォーキングやジョギングなども組み合わせて考えることが必要です。

人間が骨を強く成長させるためには、カルシウムやビタミンDなどの栄養素と地面からの応力が必要なのです。つまり歩くことで足の裏やかかとが感じる衝撃が骨を伸ばす際の刺激になっているという話です。

全く歩かない生活をすると応力が足の骨に加わらずに骨が弱くなる傾向があります。自転車競技のプロ選手はガッチリした体型をしているにも関わらず、一般的に骨が弱い傾向があるという情報が知られていますので、歩くことも欠かさないようにしましょう。

自転車を活用することで身長を伸ばす効果を最大化させる方法を解説!

mountain-bike-1666673_640

つま先サイクリングを意識的に行うことで足裏のツボを刺激して身長を伸ばす効果を高めることができるという話があるんです。

足の裏にあるツボとして知られているのが、

  • 僧帽筋のツボ…背中の筋肉の僧帽筋を鍛える
  • 甲状腺のツボ…脳下垂体に骨が伸びるよう働きかけてくれる甲状腺ホルモン分泌を促す
  • 肝臓のツボ…成長ホルモンをソマトメジンCに変えてくれる効果を促進する

自転車に乗る際につま先を使った立ち漕ぎをすると自然をその全てのツボを指圧する効果と同じ状態になるので、上り坂をこの方法で登っていくとツボにも刺激、筋肉にも刺激になり自転車に乗る効果を最大化することができます。

自転車に乗る場合もこういったことを意識したり、普段なら車や電車で移動するような距離を自転車で移動することで、適度な疲労感や爽快感、ストレス発散による快眠効果なども得られます。

近所の移動に自転車を使うだけでは、身長を伸ばす効果を得ることはできませんが、考え方と使い方でこのような効果を得ることもできますので、上手く活用してみてください。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!