2017年版の最新常識からわかる子供の身長が伸びる為に、本当に必要な方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

今まで子供の身長が伸びると思っていた常識が、間違っていた事が徐々にわかってきており、それを改善することが大切なんです。

実際にどういったことに意識して過ごすと、子供の成長を促進できるのか、身長を伸ばしたい子供に実践させるべき真実の方法を紹介します。

睡眠時間に関する最新常識、時間帯が重要ではなかった!

これまでの常識から考えると、睡眠のゴールデンタイムである22時〜2時の間にしっかり寝ていないと、成長ホルモンの分泌量に悪影響があると言われていました。

確かに成長ホルモンをしっかり分泌するためにも、子供の成長期を遅くする為にも、早寝早起きの生活習慣は大事なこと。

そして睡眠時間が長いことも、身長を伸ばすという意味でも、非常に大切ですが、実際には睡眠のゴールデンタイムはありません。

成長ホルモンは、就寝後3時間に最も多く分泌され、その後3時間毎に分泌量が低下しながら、ピークが訪れます。

だからゴールデンタイムに寝ることも大切ですが、最初の3時間にどれだけ熟睡できるのか?ということの方が大切だということが研究の結果わかりました。

熟睡して、しっかり成長ホルモンを分泌するために大切なことは、

  • 真っ暗な部屋で眠ること
  • 静かな部屋でしっかり眠ること
  • 良い寝具でしっかり眠ること
  • 血糖値が下がった状態で眠ること

この4つのことを意識するだけで、最初の3時間に訪れる成長ホルモンの分泌の2回のピークを最大化でき、かなり成長に役立つことがわかっています。

もちろん、睡眠時間が長ければ、その後に訪れるピークでもしっかり成長ホルモンが分泌されることになりますので、身長を伸ばす意味ではそれだけ優位な状況に。

ゴールデンタイムを意識するよりも、最初の3時間でどれだけ熟睡し、睡眠時間を確保できるのかということを考えた方が良いでしょう。

牛乳のカルシウムを摂取すれば、子供の身長が伸びるのは間違い。

日本では牛乳をしっかり飲んで、そこに含まれているカルシウムが骨を伸ばしてくれると言われてきました。

だから私も成長期に身長をしっかり伸ばしたくて、冬でもお腹が下るほど牛乳を飲み続けていた記憶がありますが、実はカルシウムは骨の成長に役立つ栄養素ではありません。

カルシウムは、骨の強化に役立つ栄養素なので、将来的な骨粗しょう症のリスク回避や、骨を強くするという意味では、非常に大切な栄養素。

実際に骨を伸ばす効果があるのはタンパク質です

しかも最近の乳牛には、成長ホルモンを大量に使っていることもあり、子供の健康への被害が起こるリスクがあったり、乳糖不耐症という牛乳に含まれる乳糖を分解できない子供が増えています。

乳糖不耐症の子供の特徴は、牛乳を飲むとお腹が下ること。

そして牛乳で摂取できるカルシウムは非常に吸収率が低く、実際には4割ほどしか体内に吸収できません。

牛乳を飲むのならヨーグルト、ヨーグルトを食べるならチーズの方が、効率的にカルシウムを摂取でき、しかも乳糖不耐症が起こりにくい特徴があります。

だから牛乳を飲まなければ、子供の身長が伸びないということもなく、牛乳を飲むことで健康被害が起こるリスクすらあることも理解しましょう。

食事で積極的に摂取すべき栄養素はタンパク質を中心に考える

先ほどの項目で紹介したように、骨を伸ばす栄養素はタンパク質です。

だからタンパク質をしっかり摂取しないと、骨を伸ばす栄養素が不足し、子供に身長をしっかり伸ばすことができず、将来低身長で悩むことに。

それを知っていれば、タンパク質を食べさせようと思うかもしれませんが、タンパク質にも様々な種類があります。

タンパク質の代表選手と言えば、お肉(焼肉やステーキ)を思い浮かべる人が多いかもしれません。

確かにお肉には、豊富なタンパク質が含まれていますが、同時に脂質やカロリーなども多く、身長を伸ばすだけではなく、肥満の原因や生活習慣病のきっかけになることも。

そういったことにならないように、同じお肉でも赤身にしたり、鶏肉にしたり、ささみにするなどの工夫が必要ですし、お肉以外の選択肢も必要です。

動物性タンパク質という意味では魚介類がおすすめですし、植物性タンパク質という意味では大豆製品がおすすめ。

これらをうまく組み合わせて摂取することで、相乗効果(吸収率や体内での作用)があることがわかっていますので、バランスよく摂取するようにしましょう。

肥満体型の子供は身長が伸びにくいので、高タンパク質低脂肪の食生活を軸に、様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

なぜタンパク質を積極的に摂取すべきかというと、ここ20年で日本人のタンパク質摂取量が激減しているから。

実際の摂取量を紹介すると、

  • 1950年→68g
  • 1994年→79.7g
  • 2015年→69.1g

骨を伸ばす為に、最も大切な栄養素であるはずなのに、それがここ20年で大幅に低下し、1950年代とほぼ変わらないレベルまで低下。

その影響は、すでに日本人の平均身長にも出ていたんです。

日本人の平均身長が伸び続けているのは過去の話、すでに低身長化の兆候が。

ここはしっかり読んで下さい。

日本人の平均身長は、戦後50年で大幅に伸び、男性は170cmを超え、女性でも158cmを超えるレベルになりました。

その日本人の成長を支えたのが、食事から摂取している様々な栄養素で、特にタンパク質のように毎日の摂取量が10g以上も増え、順調に身体を大きくしていたんです。

しかし、先ほど紹介したように、ここ20年で大幅に摂取量が減少していましたよね?

その結果、日本人の平均身長が2000年以降は伸び悩み、すでに低下し始めています。

1996年の日本人の17歳の平均身長と2016年を比較すると、

1996年の平均身長は、

  • 男の子:170.9cm
  • 女の子:158.1cm

2016年の平均身長は、

  • 男の子:170.7cm
  • 女の子:157.8cm

わずか、0.2mmとか0.3mmだと考えますか?

戦後50年間は、一度も低下することがなかった平均身長が縮んでいるということは、1996年付近を転換期にして、平均身長が縮む傾向に移行したと理解すべき。

そしてこの傾向は今後も続くと考えられており、何もしなければ子供が大きく成長しない時代に突入したと考えるべき状態なんです。

子供の身長を伸ばすには、タンパク質を中心としたサプリメントが必須。

2017年以降に、子供に身長をしっかり伸ばしたいのであれば、この流れに逆らう必要があります。

日本人の平均摂取カロリーも1970年以降、ずっと低下し続けており、ここ20年で2割ほども減少しています。

食事で摂取している総カロリー量が減少しているわけですから、タンパク質の摂取量が激減するのも理解できますよね?

ただタンパク質の減少幅は非常に大きく、しかも子供の成長に最も重要な栄養素のひとつ。

だからこそ、普段の食事で補えないのなら、タンパク質をしっかり摂取できる身長サプリメントのようなものを活用するのもひとつの方法です。

タンパク質や成長に必要な栄養素をバランスよく摂取できるおすすめの身長サプリメントは、カラダアルファという商品。

実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質。

吸収率95%以上のスピルリナを原材料の4割も含有し、吸収率もその後の作用も期待できること、スピルリナにはタンパク質以外にも、50種類以上の栄養素が含まれていることもおすすめするポイント。

だからこそ、成長期の子供の栄養補給に最適だと考えられるんです。

我が家も様々な身長サプリメントを実際に購入し、それぞれで摂取できる栄養素を徹底検証した上で、カラダアルファを選んでいます。

カラダアルファは、本当に子供の成長に役立つ栄養素をバランスよく摂取できる配合ですし、実際の口コミや評判、評価をチェックしても非常に満足度の高い商品。

もしあなたが、本当にお子さんの身長を伸ばしてあげたいと考えるなら、カラダアルファの詳細情報を、一度チェックしてみることをおすすめします。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!