アトピー性皮膚炎の子供の場合、実は将来的な低身長の原因になる可能性があるということがわかっています。

これは間違った治療方法でアトピー性皮膚炎を治そうとした場合に、様々な場面で起こりやすいことで、実際に子供の身長も伸び悩む状態に。

なぜアトピー性皮膚炎と身長の高さが関係するのか、実際にどのような治療方法が身長に悪影響を与えるのかを徹底検証します。

アトピー性皮膚炎の食事制限が子供の低身長の原因になる

子供がアトピー性皮膚炎を発症した場合に、お母さんが間違ってしまいがちなのが、卵も牛乳も大豆も食べない方が症状の改善に良いと考えること。

確かに医療機関を診療すると、アトピー性皮膚炎の治療のために、医師から「卵と卵製品、乳製品や大豆製品は全て禁止」という始動を受けることもあります。

特にお子様が小さい場合に、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させないために、アレルゲンになるようなものを全て排除して、アトピー性皮膚炎の治療を優先しがち。

医師の方も、アトピー性皮膚炎の治療を優先しても、将来的に成長障害は一時的なもので、いずれ回復すると考えているので、そういった極端な指導を行なうのでしょう。

ただ幼少期からの栄養摂取が子供の成長に大きな影響を与えることを考えると、やはり極端な食事制限は子供の低身長のリスクを高めると理解した方が良いと思います。

実際にアトピー性皮膚炎の治療の為に行った食事制限が、子供の成長にどのような悪影響を与えたのかも紹介しますので、参考にしてください。

子供のアトピーの原因は100%食事だけということはない!

アトピー性皮膚炎の原因は、100%食事や食べ物に関係していると考える医師やお母さんが多く、現在でも厳しい食事制限を行って治療を目指す人も多いんです。

一時期、妊婦さんの中で話題になっていたのが、「妊娠中に乳製品を摂取しなければ、赤ちゃんにアトピーの症状が出にくくなる」というもの。

確かに食品を元にしたアレルギー症状もありますが、それだけが全てではありませんよね。

ハードなアレルギー症状を発症した友人や知人がいると、そういった傾向が強くなることもありますが、それだけが原因ではありません。

もちろん、食事や食品がきっかけになってアレルギー症状を発症することもありますし、体質によっては体調不良に陥ることもあるでしょう。

でも食事だけがアレルゲンでもなく、ダニやホコリが原因なこともありますし、肌を不潔な状態にしたことで、アトピー性皮膚炎の症状を発症することも。

医師の中には、少し発疹や皮膚に症状が出ているだけでも、アトピー性皮膚炎と診断してしまう人もいますので、セカンドオピニオンなども含めて、しっかり判断することが必要です。

RAST検査とアレルギーの実態は合致しないことも多い。

最近の傾向として、血液検査を行いアレルギーの原因になっている物質が何なのかということを判断するRAST検査を導入している病院も増えています。

RAST検査で、卵の数値が高ければ、子供には卵や卵製品を食べさせるべきではないという指導がありますし、お母さんもそう考えるでしょう。

しかし実際には、RAST検査の結果で卵がNGな子供でも、卵を食べさせてもまったくアレルギー反応が出ない子供もいます。

だから重要なことは、少量でも良いので実際に食べさせてみて、本当に子供にダメなのかを考えてあげること。

そうしないと、RAST検査の結果だけを信じてしまえば、極端な食事制限を行う必要があり、身長の伸びに必要な栄養素を全く摂取できなくなってしまう可能性も。

アトピー性皮膚炎は年齢とともに症状が落ち着いてきたり、回復したりしますし、食事で抵抗力や免疫力を高めていかないと、体力も付かず回復しません。

アトピー性皮膚炎の食事制限は明らかに低身長のリスクが増大する

では実際にアトピー性皮膚炎の治療の為に、極端な食事制限を行った子供の身長がどうなったのか?

授乳中の生後3ヶ月〜8ヶ月まで極端な食事制限を行った男の子の事例では、-2SDギリギリくらいで食事制限が始まり、8ヶ月後には、-2SDを大きく下回る状態。

この時期は人生でも最も身長が伸びる時期なのに、栄養不足が原因で成長に必要な栄養素が不足し、その結果著しい身長の低下が発生。

皮膚科ではなく小児科を受診したことで、検査の結果を踏まえて食事制限が不要だと判断して、通常の母乳育児に切り替えたところ、1歳を過ぎた頃には-2SD付近まで回復。

もし小児科で適切な診療を受けていなければ、かなり低身長のまま発育不全に陥っていた可能性も。

年齢が低かったこともあり、元々の成長曲線まで回復したことで、食事制限による影響は一時的だったと考えられます。

しかし9歳の女の子がアトピー性皮膚炎の為に極端な食事制限を行った事例では、2年弱も皮膚科医の指導で食事制限が行ったことで、標準身長よりも少し低い状態だったのに-2SDまで急激に低下。

その後、小児科で確認後に食事制限を緩和したところ、16歳になった頃でも-1SD以下の身長で止まってしまい、食事制限による成長障害が発生していることが確認されています。

やはり成長期のような非常に大切な時期に、極端な食事制限を行うことは、アトピー性皮膚炎の治療とはいえ、少し間違った方法なのかもしれません。

もちろん、個人の判断で治療方針を変えることは症状のさらなる悪化を招くこともありますので、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の治療は、皮膚科医と小児科医の総合判断がおすすめかも。

今回紹介したのは、皮膚科での診察の結果、アトピー性皮膚炎の回復には、極端な食事制限が必要だと判断され、その後の子供の成長不良に悩んだお母さんが、小児科を受診した事例。

皮膚科医と小児科医では、アトピー性皮膚炎の治療に対する見解が異なっており、食事制限を行うべきかどうかという部分で、見解の相違があるそうです。

どちらが良いとか、どちらが悪いということではなく、実際にお子様に食事制限を伴うような治療を行う際には、セカンドオピニオンなどを受けて、最終判断することが大切だということ。

子供の成長や身長の高さには、どれだけ食事でしっかり栄養補給ができるのかが非常に大切です。

そのことをしっかり理解して、食べさせてあげることができるものを増やすこと、学童期の食事制限は最終的に低身長のリスクを高めることを意識しましょう。

アトピー性皮膚炎と身長の高さは関係の内容で、実際には密接に関わっていることですので、どのような影響が出るのかも踏まえて、しっかり考えてあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→番組の放送内容をこちらにまとめました。


今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー

無料メールセミナーは21日間、子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を毎朝1〜2分で読めるように、簡単にまとめてお伝えしています。

ここでしか紹介できない情報も・・・。

脱、子供の低身長を一緒に目指しましょう!

→無料メールセミナーのお申し込みはこちら!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!