アスリートが実践する身長を伸ばす方法にはどのようなものがあるのか気になりませんか?そこで運動選手にとって身長を伸ばすことの大切さと実際にどのような方法をするのが良いのかについて紹介します。アスリートキッズ必見の内容です。

アスリートにとって身長が高いということのメリットは?

アスリートにとって身長が高いということは、それだけでアスリートとしての才能が高いということに繋がります。小柄な身長が有利になるようなスポーツもありますが、基本的には身長が高いことでレギュラーになれたり、試合に出れたりすることもあるでしょう。

逆に身長が低いというだけで、トップアスリートやオリンピック選手になるのは難しくなるんです。身長というメリットがないと技術を磨いたり、天才的なテクニックを身に付けないと抜きん出ることができないんです。

実は身長が高くなるということは相対的な筋肉量が増えることに繋がり、特にハードな筋トレを行わなくともパワーのあるプレーができるようになるんです。だから実は小中学生のうちには筋トレをするよりも身長を伸ばすことに注力したほうが良いのです。

その方が選手としての可能性も広がりますし、将来的にも活躍できるチャンスが増え選手寿命が伸びる可能性が高いんです。

アスリートが身長は伸びやすいのでは?身長に良いことはしている。

アスリートって基本的に運動をしていますよね?身長を伸ばすために必要なこと、運動・睡眠・食事‥どれをとっても平均以上だと思うんです。運動した分、お腹が空き食事はしっかり食べていると思いますし、疲れて夜は爆睡する人がほとんどでしょう。

それに運動をし続けることで、肥満体型であることも少ないと思います。そう考えると、身長が伸びるために必要なことを全て行っているように思えるんです。

気になる点としては、選抜選手や上級生に混じってもレギュラーを奪うようなレベルにいるアスリートであれば、ストレスという部分は気になります。結果を急ぐあまり、普段の練習や周りからのプレッシャーを強く感じる環境にいることで、それが知らぬ間にストレスになってしまう事もあるので、その点だけは注意をする必要があります。

たまの息抜きや、自分なりのストレス発散の方法を持っておくことは大事です。それと疲れた体はお風呂にしっかり入って休ませるようにしましょう。お風呂にはリラックス効果もあるので、一石二鳥です。

swimming-821622_640

アスリートの身長が伸びないのは間違ったトレーニング

ではアスリートで身長を伸ばすために大事なこと。それは身長を伸ばす方法ではなく、「身長の伸びを阻害している要因を取り除くこと」です。アスリートは基本的に身長が高くなるような生活をしているんです。だから普通に生活しているだけでも、周りの子供よりも大きくなる可能性が高いんです。

しかし間違ったトレーニングをすることで、身長が伸びるのを妨げてしまっていることがあります。それが成長期に無理なトレーニングを続けることと過度な負担をかけて体の成長を邪魔するという点です。

ハードな筋トレを行なって筋肉がつくことで、同級生の中では一時的に抜きん出るかもしれません。でも筋肉が硬く強くなることは、それだけ縮む力が強くなるということ。身長が伸びるということは、骨が縦方向に伸びることです。

その際に筋トレで付いた筋肉が収縮して、骨の伸びを邪魔したらどうなるのか?これは考えるとわかると思います。実は中学生までにハードな筋トレを行っていることで身長を伸ばすことができなくなるんです。

また過度な負担をかけ続けることで、ケガをしたり、骨や関節に歪みが生じたり、場合によっては骨が変形してしまい、それにより身長が伸びにくくなる事もあるので、練習やトレーニングも程々にする必要があります。

今の結果よりも将来の結果を目指すという視点が大事!

長くその競技を続けていきたいと思うのであれば、目先の結果を追うのではなく、大器晩成型のように少し先を見据えたトレーニングや練習方法にする方が良いのです。無理なトレーニングや筋トレは不要です。

実はひょろっとした体型でいることの方が、身長が伸びるんです。先程のストレスの話ではありませんが、小中学生の頃に選抜や上級生に混じってプレーしていたような子供よりも、実は高校や大学に入ってメキメキ実力をつけた選手のほうが、身長が高くなりやすいというデータが有るんです。

これは実際にプロバレーボール選手のとあるチームの平均身長を計測したことで実証されたことですが、大器晩成型の選手のほうが平均して8cmも大きかったんです。バレーボール選手の8cmって非常に大きな違いですよね?それくらいストレスや小中学生のハードなトレーニングにはデメリットもあるんです。

筋肉質かどうかは、太ももの部分をチェックするとわかります。激しいトレーニングばかりしていると太ももが異常に太く固くなります。見た目にも重たそうな体つきになり、走る姿は重戦車の様な感じです。

その状態で足の筋肉が張っているようであれば、間違いなく将来的にも身長が伸びることがありませんので、体の使い方を変えたり、凝り固まった筋肉を緩めたりと少しでも太ももの筋肉を柔らかくするようにしましょう。

そういった意味でもストレッチを欠かさないことは非常に大切ですし、体をいたわる意味でもマッサージはしっかりするようにしましょう。柔らかい筋肉を作ることは、本当の意味で強い筋肉を作ることに繋がりますし、結果として身長を伸ばすことができます。

この様にアスリートの場合には、何か身長が伸びる為に必要なことをするよりも、身長の伸びを阻害している要因を取り除く事を意識して、普段の練習やトレーニング方法、体の使い方を考えていく必要があります。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!