アルギニンを多く含む食品や食材を摂取することで、子供の身長を効果的に伸ばすことができます。

低身長の子供向けにアルギニンサプリメントも販売されているので、わざわざ食べ物や食事で補う必要が無いと思うかもしれません。

しかし、アルギニンサプリメントと食事や食材から摂取するアルギニンには、大きな違いがあるのを知っていますか?

アルギニンサプリメントに隠された秘密と、アルギニンと身長の関係を紹介します。

アルギニンの摂取が身長与える影響や効果とは?

3d9aa37f60fae8c1cb1f2f8bbecb5011_s

アルギニンは、アミノ酸の中でも非必須アミノ酸に分類されます。

定義上は、必ず摂取しなければならない栄養素ではありませんが、実は小さな子供の場合、体内でうまくアルギニンを合成できないという特徴が・・・。

大人にとっては非必須アミノ酸、子供にとっては必須アミノ酸と考えるべきです。

しかも上手く分泌できない子供にとって、アルギニンは成長のために必要な栄養素。

実は、アルギニンは成長ホルモンを合成する際に必要になる材料で、子供の成長や骨格の強化に非常に重要な役割があります。

成長期にの中学生や高校生にとっては、成長ホルモンの分泌量の多さや質の良さが、身長の伸びに直結する非常に大事な話です。

だからこそ、アルギニンの積極摂取が推奨されています。

アルギニンの摂取は、インスリンやグルカゴンの分泌促進にも関わっていますので、子供が成長する際には必須の栄養素。

アルギニンには免疫機能の増強効果や、一酸化窒素を合成することで血管拡張作用もありますし、アンモニアを除去する効果もあります。

健康面でも、アルギニンをしっかり摂取することは、非常に大切なことなんです。

アルギニンを上手く合成できない子供は、食べ物やサプリメントなどから、アルギニンをしっかり摂取することが必要なんです。

でもそれだけ重要な成分なのに、子供が上手く合成できないのも不思議な話です。

アルギニンを多く含む食品や食材の情報をまとめて掲載

c80b64b31b4aa433e6f019300d6d6131_s

実際に、アルギニンがどのような食品や食材に多く含まれているのかを知ることで、普段の食事でアルギニンを豊富に摂取することができます。

アルギニンはアミノ酸の一種なので、タンパク質を含む食品には、比較的多く含まれている傾向があります。

当然ながら、食材ごとにアミノ酸の含有率は大きく異なります。

さらに、タンパク質の含有量が食品だから、アルギニンの含有量が多いということでもありませんので、まずはアルギニンを多く含む食品を紹介します。

肉類でアルギニンを多く含む食品とは?

肉類の中でも、特に豚ゼラチンがおすすめ。

実は豚ゼラチンは、全ての食品の中で最も豊富にアルギニンを摂取できる食材です。

豚ゼラチンのアルギニン含有量は、100gあたり8000mg。

肉類には、アルギニン以外のアミノ酸やビタミン、ミネラルなども豊富に含まれていますし、食べやすくアルギニンを大量に摂取しやすいのも特徴です。

しかし、肉類には脂肪分やカロリーが高いというデメリットもありますので、肉類だけでアルギニンを摂取しようと考えるのは少し間違い。

普段の食事での総摂取カロリーが増えてしまい、肥満体質になる可能性もあります。

肥満体型の子供は、早熟傾向が高まり成長期が早く終わってしまうので、摂取カロリーや子供の体型には十分に注意しましょう。

meat-1030729_640

肉類の食品別、100gあたりのアルギニン含有量は、

  • 豚ゼラチン 8,000mg
  • 豚ロース 1,500mg
  • 豚ひき肉 1,200mg
  • 豚レバー(肝臓) 1,100mg
  • 豚ハツ(心臓) 1,000mg
  • 鶏むね肉 1,500mg
  • 鶏ひき肉 1,500mg
  • 鶏胃 1,300mg
  • 鶏もも 1,300mg
  • 鶏レバー 1,200mg
  • 牛ひき肉 1,300mg
  • 牛レバー 1,200mg
  • 牛サーロイン 1,200mg
  • 牛リブロース 1,200mg
  • 牛ハツ 1,100mg
  • ほろほろ鳥 1,500mg
  • 七面鳥 1,500mg
  • やぎ 1,500mg
  • くじら 1,500mg
  • 馬 1,300mg
  • うさぎ 1,300mg

魚介類でアルギニンを多く含む食品とは?

魚介類の中で、最もアルギニンを多く含んでいるのはかつお節です。

かつお節のアルギニン含有量は100gあたり4,000mg。

ただ、かつお節だけを食べる習慣や機会はあまりありませんので、かつお節よりも食べる機会が多いものを選んだ方が現実的です。

魚介類では、マグロやエビにもアルギニンは豊富に含まれていますので、このあたりの食材なら子供でもたくさん食べることができるでしょう。

しかも魚や魚介類の場合には、肉類と異なり、生でも加熱調理しても、食べることができますので、食事のレパートリーが多いというメリットも。

食事のレパートリーが多いことで、子供も飽きずにアルギニンをしっかり摂取させることができます。

アルギニンは、加熱調理しても含有量が減りにくい特徴があるので、安心していろいろな調理方法で食卓に並べましょう。

lobster-1573869_640

魚介類の食品別、100gあたりのアルギニン含有量は、

  • かつお節(削り節) 4,000mg
  • しらす干し 2,500mg
  • すじこ 2,000mg
  • 生伊勢海老 2,000mg
  • 車海老 2,000mg
  • しばえび 2,000mg
  • 毛蟹 1,500mg
  • しゃこ 1,500mg
  • クロマグロ 1,400mg
  • はも 1,400mg
  • 乾燥しらす干し 1,400mg
  • きはだ 1,300mg
  • ひらめ 1,300mg
  • とびうお 1,300mg
  • さわら 1,300mg
  • しろさけ 1,300mg
  • まがれい 1,300mg
  • かつお 1,300mg
  • くろかじき 1,300mg
  • ぶり 1,200mg
  • テラピア 1,200mg
  • すけとうだら 1,200mg
  • 真鯛(まだら) 1,200mg
  • まさば  1,200mg
  • ニジマス 1,200mg
  • キス 1,200mg
  • うるめいわし 1,200mg
  • アマダイ 1,200mg
  • まあじ 1,200mg

大豆類でアルギニンを多く含む食品とは?

大豆類の中で、最もアルギニンを多く含んでいるのが、干し湯葉や高野豆腐です。

干し湯葉や高野豆腐のアルギニン含有量は、100gあたり4,000mg以上。

しかし、干し湯葉や高野豆腐は子供の口に合わず、なかなか食べてくれないものです。

高野豆腐は調理方法で、摂取カロリーが増えてしまうこともあるので、どのように食べさせるのかも非常に大切な話。

子供でも食べやすい大豆製品と言えば、豆腐や納豆ですが、アルギニン含有量は少ないんです。

豆腐のアルギニン含有量は500㎎程度、納豆のアルギニン含有量も1,000㎎以下とアルギニンだけを考えると優秀な食品ではありません。

soy-beans-968986_640

大豆類の食品別、100gあたりのアルギニン含有量は、

  • 分離大豆たんぱく 7,000mg
  • 干し湯葉 4,500mg
  • 高野豆腐 4,000mg
  • きな粉 3,000mg
  • 全粒大豆 3,000mg
  • そらまめ 2,500mg
  • えんどう豆 2,000mg
  • りょくとう 1,500mg
  • 油揚げ 1,500mg
  • ささげ  1,500mg
  • 小豆(あずき)(あん) 1,500mg
  • いんげんまめ 1,200mg
  • 全粒小豆 1,200mg

アルギニンサプリメントの子供の身長への効果とは?

b1bd239f288f3fb8e6259196e08c2d27_s

アルギニンを多く含む食品や食材はわかったけれども、子供の好きな食べ物が少なく、どちらかと言えば、嫌いなものばかり。

これならアルギニンサプリメントで補給した方が、効率的なのでは?と考える人もいらっしゃるでしょう。

確かにアルギニンを主成分にした、Dr.senobiru(ドクターセノビル)のような身長サプリメントも販売され、非常に人気になっています。

サプリメントなら、摂取カロリーも気にせず、アルギニンを効率的に摂取できるのは、間違いないでしょう。

アルギニンを効率的に摂取するという目的には,アルギニンサプリメントは有効的な方法です。

しかしアルギニンをサプリメントで摂取しても、子供の身長を伸ばす効果がないと言ったらどうしますか?

実はすでにアルギニンをサプリメントで摂取しても、子供の身長を効果的に伸ばすことができないことは、科学的に証明されています。

しかも、アルギニンの大量摂取&継続摂取は、子供の健康を害する可能性も

大量のアルギニンを分解する為に肝臓が疲弊してしまい、成長に必要なソマトメジンCの合成に影響が出て、子供の身長が伸びなくなる可能性も否定できません。

→詳しくは「アルギニンサプリには子供の身長を伸ばす効果がないという衝撃の事実!」の記事を読んでみてください。

これらのことを踏まえると、子供の身長対策にアルギニンサプリメントを活用することは無意味どころか、逆効果だというわけです。

子供にサプリメントを摂取させるなら、アルギニンの様な単一成分だけに特化したものではなく、バランスよく栄養素を含有しているものにしましょう。

アルギニンは食べ物や食事で摂取するのが子供には一番!

43207fb58011837f1d9ef3f399b1c75e_s

ここまで読んだ方なら、アルギニンの重要性もアルギニンの効率的な摂取方法もわかったと思います。

成長期の子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌や合成が非常に重要なことは間違いありませんよね?

アルギニンは、その合成に関わる成分であり、子供にとっては必須アミノ酸。

子供の身長が伸びるためには、確実に必要な栄養成分であることは間違いないでしょう。

アルギニンサプリメントで摂取しても意味がないわけですから、普段の食事でアルギニンを摂取させることが大切です。

その為にも、今回紹介したアルギニンを多く含む食品を普段の食事で、しっかり摂取させるようにしてください。

豊富な食材を使って食事を作ることで、摂取したアルギニンが効率的に作用しますので、うまく組み合わせることも忘れずに。

アルギニンは、アミノ酸。アミノ酸の集合体がタンパク質です。

タンパク質を豊富に含んでいる スピルリナのような成分を活用するのもひとつの方法です。

子供用のサプリメントで、スピルリナや豊富な栄養素をバランス良く摂取できるのが、カラダアルファです。

子供の成長には、様々な栄養素を豊富かつ、バランス良く摂取することが大切だという意味でも、カラダアルファはおすすめのサプリメント。

まずはアミノ酸含有量の多い食品を意識すること、その上で摂取カロリーを抑えられるものを選びましょう。

肉類・魚介類・大豆類の中から様々な食材を食べ組み合わせることも、アルギニンの効果を高める上では大事な話。

そこにビタミンB6を多く含む食品を組み合わせることで、アルギニンの吸収率が高まることがわかっていますので、ぜひお子さんにとって、最高の組み合わせを探してくださいね。

今すぐクリック→【徹底検証】身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばすサプリメントはコレだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長が伸びるために必要な成分だけを厳選配合。他の身長サプリメントとは原材料も含有量も全てが違うから効果も段違い!


>>成長に必要な栄養素を凝縮した安全な身長サプリ!